15歳天才ハッカー「Bitfi Wallet」にゲームをインストール|John McAfeeを嘲笑う

by BITTIMES   

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏に関連するここ最近で最もホットな話題である「Bitfi Wallet」のニュースは絶えることはありません。以前、ハッキングに成功したと自称していた15歳のハッカーSaleem Rashid(サリーム・ラシッド)氏は、この『解錠不可能』と言われるウォレットで、一人称シューティングゲームをプレイしている動画を公開しています。

こちらから読む:15歳の粋なハッカー・サリーム・ラシッド氏

15歳の天才ハッカー?サリーム・ラシッド氏

仮想通貨の世界において、常に危険と隣り合わせな人生を満喫しているジョン・マカフィー氏ですが、15歳の天才ハッカー・サリーム・ラシッド氏もマカフィー氏への挑戦を楽しんでいるようにも見えます。

以前ラシッド氏は、ハッキング不可能な仮想通貨ウォレットと言われる「Bitfi Wallet」のハッキングに成功したという内容の投稿をTwitter上に投稿し大きな注目を集めました。しかし、ハッキングの成功報酬である25万ドル(約2,750万円)は「いらない」と主張していたため、実際には条件を満たすまでのハッキングには成功していないとの判断がなされていました。

この論争では、その後も様々な議論が交わされており"ハッキング不可能"であるのか"ハッキング可能"であるのかについては、一般の人々からははっきりとした答えがわからない状況が続いていました。

しかし結果的には、成功報酬を受け取った人物はその後も現れておらず、マカフィー氏はハッキングの成功者はいないという結論を導き出しました。

Bitfi Walletでゲームを満喫

bitfi-fps

一連の議論の中で、『ハッキングに成功していないにも関わらず、全世界にハッキングしたと語ったことは人として恥ずべき行為だ』との批判を受けたラシッド氏は、現在「Bitfi Wallet」で一人称視点のシューティングゲーム「Doom」をプレイして楽しんでいます。

ラシッド氏はこのゲームを『あまりにも簡単にインストールできた』と主張しています。
しかし注目すべき点は、ゲームをプレイできるまでに改良を加えられた「Bitfi Wallet」は、未だにそのセキュリティを維持しているという点です。

多機能仮想通貨ウォレット「Bitfi Wallet」

bitfi-wallet

今回のハッキングにおいてもBitfiのビットコインは影響を受けておらず、ラシッド氏はビットコインを盗むことはできなかったと報じられています。

ハッキングの成功を証明するためにはビットコインを確実に盗み出す必要があります。
たとえBitfiのデバイスを分解して高度なゲームテクニックを披露したとしてもマカフィー氏は、ビットコインを実際に盗み出すまでは報酬を支払う気はありません。

Bitfiが提供する報酬プログラムに参加しようと考えている人々は、それなりの覚悟と根性が必要となるようです。しかし、このプログラムに参加するためのハードルは以前よりは引き下げられており、発表当初の参加費用50ドル(約5,500円)は、現在10ドル(約1,100円)となっています。

約2,500万円を獲得できる可能性を持ちながら、コンパクトなゲーム端末にもなりえる"ハッキング不可能な仮想通貨ウォレット"に関する情報は、以下の記事で詳しく紹介しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

イギリスの暗号資産取引所「Exmo」でハッキング被害|BTC・ETH・XRPなどが流出

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

「XRP巨額流出事件」今後の対応は?GateHubが経緯や被害状況を公開

ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

ビットコインキャッシュ(BCH)の非接触型ウォレットアプリ「HandCash」

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

John McAfee & Bitfi:セキュリティカンファレンスで「最も酷いで賞」を受賞

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

注目度の高い仮想通貨ニュース

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

Jリーグチーム「Y.S.C.C.」FiNANCiEでクラブトークン発行型ファンディング開始

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

コイントレード:暗号資産取引サービス提供開始「新規口座開設キャンペーン」も開催

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

Twitterでビットコインを少額送金「Bottlepay」がサービス提供開始

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

NFTの活用「GUCCI」など複数の高級ファッションブランドが検討=Vogue Business

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

マクドナルド・フランス「McDoNFT」発行へ|ビッグマック・フライドポテトなど4種類

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す