ジョン・マカフィー:ライブ配信でBitfi Walletハッキングの誤解を解く

by BITTIMES   

John McAfee(ジョン・マカフィー)氏とBitfiのCEOであるDaniel Khesin(ダニエル・ケシン)氏は、最近話題となっていた「Bitfi Wallet」に関する議論を公の場で行うためにライブストリーミングを行いました。彼らは同社のウォレットがハッキングされていないことを強調した上で、その理由や製品の安全性について説明し、ユーザー自身が自らの資産を守るために必要なことなどについて語りました。

こちらから読む:Bitfi Walletをハッキングしたと自称する15歳の少年

「Bitfi Walletはハッキングされていない」John McAfee

セキュリティー専門家であるマカフィー氏は、依然としてBitfiウォレットが仮想通貨業界における最も安全なウォレットであることを保証しています。同氏は「Bitfi wallet」の中のビットコイン(BTC)を"実際に取得した"人物はいないため、デバイスはハッキングされていないという立場を維持しています。ハッキングに成功したと自称する人物たちは、Bitfiのデバイスをビデオプレーヤーに変えたり、単にルートにアクセスしたりすることだけだったといいます。

「Bitfi Wallet」の強固なセキュリティに自信があることを以前から語っていたマカフィー氏は、ユーザーの資金が安全に保管できる方法が見つからない限りは『仮想通貨が一般的に広く受け入れられることはない』と考えています。彼が『ハッキング不可能なウォレット"Bitfi Wallet"』を支持しているのはこれが主な理由にあたります。

マカフィー氏は「Bitfi Wallet」のハッキングに成功したというニュースを見た時の感想について、『素晴らしいと思った』と説明しています。その理由としては、彼自身の仕事がウォレットを販売することなので、これらの報道が良い宣伝になったということを述べています。

実際に今回の報道によって、より多くの人々が「Bitfi Wallet」の存在やそれらの報酬プログラムがあることを知ったのは事実です。今回の騒動が一旦落ち着きつつある今、マカフィー氏は自分のしなければならないことは「ウォレットがハッキングされたというメディアの報道を読んでいるユーザーを落ち着かせることだ」と語っています。

今、私はウォレットがハッキングされたというメディアの報道を読んでいるユーザーを落ち着かせなければなりません。

実際にはハッカーはお金を獲得してはいませんでした。
Bitfiのシステムのインフラストラクチャにはハッキングされるデータはありませんし、ユーザーにとって重要なデータが格納されているメモリもありません。

ハッカーはrootアクセス権は持っていましたが、ハッキングを行うことはできません。

セキュリティーについて学ぶことの重要性

security-red

BitfiのCEOであるダニエル・ケシン氏は、他社のウォレットについて「毎週または毎月のアップデートが行われており、マルウェアがないということを信頼する必要がある」と指摘しています。ユーザーがどれだけきちんとアップデートを更新し続けたとしても、コンピュータにはマルウェアが存在する可能性があります。

また同氏は、「人々はBitfiがまだ設立されて間もない企業であることを忘れていると思う」とも述べており、「私たちの製品は完璧ではありません」と説明しています。しかしケシン氏は「どのようなプロセスでも改善したいと思っている」と語り、「我々は故意に顧客を危険に晒すことは決してない」と強調しました。

ケシン氏は、ほとんどのユーザーは秘密のフレーズを設定する際に、デバイスのセキュリティーについて学ぶべきだと述べており、「映画のセリフや歌の歌詞のような有名なフレーズを使用しないことは非常に重要である」と説明しています。

最終的に彼らは、Bitfiが常にデバイスやユーザーにとっての脅威となる存在を排除するために全力で取り組んでいることを強調し、「Bitfi Wallet」の安全性について次のように説明しました。

哲学的な問題を探求することは、私たちにとって重要なことではありません。
私たちにとって本当に重要なことは、真の脅威を探究することです。

秘密鍵を格納しているデバイスでは、ユニット自体や紙を盗難される可能性があることが非常に重要な問題となります。BitFiを使用すると紙でバックアップを取ることがないため、このようなリスクを排除できます。これははるかに安全な環境となります。

「Bitfi Walletのハッキングに成功した」という報道によって、多くの人々がハッキングが実際に成功したと考えていますが、実際の所はその証拠となるものは無いようです。今のところ成功報酬となる25万ドル(約2,750万円)を手にした人物はいないため、マカフィー氏が言うように『ハッキングに成功した』ということにはならないと考えられます。

本当にハッキング可能なのであれば、それらの賞金を手にする人物が現れるのは時間の問題だと考えられますが、前回の報道からおよそ1週間が経過した現時点では、そのような報告はされていません。これだけの注目を集めた上で、本当にハッキングできる人物が現れないのであれば、Bitfi walletのセキュリティへの信頼度は相当なものになるでしょう。

Bitfi Walletの特徴などは以下の記事で紹介しているので、興味のある方はこちらも合わせて読んでみると良いでしょう。

その他のウォレットで仮想通貨を安全に保管するなら
ビットコイン(BTC)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
やその他のアルトコインにも対応した仮想通貨ハードウェアウォレットLedger NanoSをどうぞ。

Ledger NanoSの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

暗号資産取引所「ホットビット」サイバー攻撃被害で全サービスを一時停止

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

Cardano(ADA)対応開始、ハードウェアウォレット「ELLIPAL」で保管可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

OKCoinJapan:国内初「オーケービー(OKB)」取扱いへ|販売所サービスも追加

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Alfa Romeo」の$SAUBERファントークン本日取扱い開始

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

UUUM子会社:NFTマーケットプレイス「HABET」公開へ|人気YouTuberも多数参加

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

財務省「デジタル通貨関連の人員体制強化」に向け予算要求へ=ロイター報道

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

Chiliz Exchange「Universidad de Chile」の$UCHファントークン本日取引開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

【Chiliz&Socios】強豪eスポーツチーム「Team Vitality」のファントークン販売本日開始

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

ビットポイント「イーサリアム(ETH)のレバレッジ取引サービス」提供へ

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

米テネシー州ジャクソン市長「ビットコインは唯一のインフレ解決策」BTC活用も計画

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

世界最大級のeスポーツ団体ESL:暗号資産取引所「Coinbase」とパートナーシップ契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す