ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

by BITTIMES   

仮想通貨の専門家であるAndreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)氏は、金融機関などに対して否定的な立場を取っており、ビットコインETFのような金融商品は「ピア・ツー・ピア(P2P)資産の原則を根本的に損なう」と主張しています。

こちらから読む:そもそもビットコインとは?根底にある技術や思想を理解する

Andreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)

Andreas M Antonopoulos(アンドレアス・M・アントノプロス)氏は、イギリス人とギリシャ人の両親を持つビットコインの提唱者として知られる人物です。経済学、心理学、技術、ゲーム理論などを現在の出来事や個人的な逸話、歴史的な前例と組みわせた詳しい解説を行うことでも知られており、ブロックチェーン技術に関連する複雑な問題を現実世界の事柄と掛け合わせることによって、抽象的にわかりやすく翻訳されていると高い評価を受けています。

「Mastering Bitcoin」の著者として知られるベストセラー作家でありながら、講演者でもあり、教育者でもあります。また初期の頃からのビットコインとオープンブロックチェーンの専門家の1人としても知られています。

Mastering BitcoinMastering Bitcoin

BBC、Bloomberg Business、CNN、The Economist、Forbes、Motherboard/VICEといった世界的に影響力のある大手メディアからのインタビューなどにも数多く出演しており、世界中の技術とセキュリティの会議でも専門家として頻繁に講演を行っています。

ビットコインETFの懸念点

アンドレアス氏は、仮想通貨コミュニティとの月例Q&Aセッションの一貫として、オンラインセッションの中で仮想通貨に関連する様々な側面について語り、ビットコインETFの採用に賛成ではないことを明かしました。

価格操作の悪化

彼は、ビットコインETFが正式に提供されることによって巨額に価格上昇が起きる可能性は高いものの、それと同時に価格操作の割合も更に大きくなると指摘しており、特に大規模な機関やマーケットメーカーはETF市場だけでなく世界中の価格を操作できるようになるとも説明しています。

アンドレアス氏は"ETF時代"の到来を待ちわびている訳でもなく、魅力を感じている訳でもありません。彼は「私はビットコインETFに反対しているし、購入することもないだろう」と述べています。

しかし同氏は、ビットコインETFの時代は将来的には訪れることになるとも語っており、その理由として「現在の市場には巨大な欲望が渦巻いており、技術的な知識がほとんど無いため、機関投資家は安易にビットコインを保有することはできない」と説明しています。

ハードフォーク時の問題

さらにアンドレアス氏は、Bitcoinネットワークで将来的に新たなハードフォークが起こった場合の懸念についても説明しています。

彼は、「2017年にビットコインキャッシュ(BCH)が新たに誕生した時の出来事と比較すると、当時と同様のパターンが繰り返されると予想されるものの、ETFの場合には遥かに大きな金額が必要となるだろう」と述べています。

アンドレアス氏は最終的に、投資家たちは自分の秘密鍵を保持するのではなく、仲介者を通じて仮想通貨を保管することになるため、投資家は常に"2層になる"と結論づけました。

ビットコイン考案者からの指摘も

先日は、ビットコインの考案者の一人として知られるNick Szabo(ニック・サボ)氏も「価値よりも多くの問題を引き起こす可能性がある」と主張し、ETF商品が市場に出ることに対する不信感を表明しています。

米国証券取引委員会(SEC)は先月、ウィンクルボス兄弟が提出した2度目のETF提案を拒否すると共に、その他の申請に関する決定も延期しており、仮想通貨ETFに関しては非常に慎重な姿勢を示しています。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

ビットコインが「アップルウォッチ」で受け取り可能に|Lightning Networkにも対応

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

韓国Kakao:仮想通貨ウォレット「Klip」を発表|カカオトークに搭載予定

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

仮想通貨時価総額:今後15年間で「8,800兆円まで増加」著名投資家ティム・ドレイパーが予想

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

韓国向け暗号資産取引所「Binance KR」2021年1月でサービス終了へ

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

中国、デジタル人民元「5月」からテスト運用開始か=現地メディア報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

ステーブルコイン関連の規制内容含む「改正資金決済法」が成立

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

前澤友作氏:Web3.0・メタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」立ち上げ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

スケブベンチャーズ「ZaifでのIEO実施検討」に向け覚書締結|Skeb Coin発行へ

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

Moonstake Wallet:Oasis Network(ROSE)のステーキングをサポート

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

HEXA「仮想通貨決済対応LANDセール」6月27日開催へ|XYMなど3銘柄に対応

Alfa Romeo F1 Team ORLEN「Everdome」のメタバース土地取得|マーケットプレイスも提供予定

Alfa Romeo F1 Team ORLEN「Everdome」のメタバース土地取得|マーケットプレイスも提供予定

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

米ニューヨーク州上院「PoWマイニング禁止法案」を可決

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年6月12日〜18日

NFTコレクション「FLOWER LOLITA」販売開始から2時間で6,666体が完売|今後の予定も

NFTコレクション「FLOWER LOLITA」販売開始から2時間で6,666体が完売|今後の予定も

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

FTX Japan「STEPNの招待コード・スニーカーNFTが当たるキャンペーン」開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月29日〜6月4日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年5月29日〜6月4日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アバランチ(Avalanche/AVAX)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ポリゴン(Polygon/MATIC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エバードーム(Everdome/DOME)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

Unstoppable Domainsとは?基本情報・特徴・使い方などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ボバネットワーク(Boba Network/BOBA)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コスプレトークン(Cosplay Token/COT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す