ビットコインETFが生む「価格上昇と多くの問題」専門家アンドレアス・アントノプロス

by BITTIMES   

仮想通貨の専門家であるAndreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)氏は、金融機関などに対して否定的な立場を取っており、ビットコインETFのような金融商品は「ピア・ツー・ピア(P2P)資産の原則を根本的に損なう」と主張しています。

こちらから読む:そもそもビットコインとは?根底にある技術や思想を理解する

Andreas Antonopoulos(アンドレアス・アントノプロス)

Andreas M Antonopoulos(アンドレアス・M・アントノプロス)氏は、イギリス人とギリシャ人の両親を持つビットコインの提唱者として知られる人物です。経済学、心理学、技術、ゲーム理論などを現在の出来事や個人的な逸話、歴史的な前例と組みわせた詳しい解説を行うことでも知られており、ブロックチェーン技術に関連する複雑な問題を現実世界の事柄と掛け合わせることによって、抽象的にわかりやすく翻訳されていると高い評価を受けています。

「Mastering Bitcoin」の著者として知られるベストセラー作家でありながら、講演者でもあり、教育者でもあります。また初期の頃からのビットコインとオープンブロックチェーンの専門家の1人としても知られています。

Mastering BitcoinMastering Bitcoin

BBC、Bloomberg Business、CNN、The Economist、Forbes、Motherboard/VICEといった世界的に影響力のある大手メディアからのインタビューなどにも数多く出演しており、世界中の技術とセキュリティの会議でも専門家として頻繁に講演を行っています。

ビットコインETFの懸念点

アンドレアス氏は、仮想通貨コミュニティとの月例Q&Aセッションの一貫として、オンラインセッションの中で仮想通貨に関連する様々な側面について語り、ビットコインETFの採用に賛成ではないことを明かしました。

価格操作の悪化

彼は、ビットコインETFが正式に提供されることによって巨額に価格上昇が起きる可能性は高いものの、それと同時に価格操作の割合も更に大きくなると指摘しており、特に大規模な機関やマーケットメーカーはETF市場だけでなく世界中の価格を操作できるようになるとも説明しています。

アンドレアス氏は"ETF時代"の到来を待ちわびている訳でもなく、魅力を感じている訳でもありません。彼は「私はビットコインETFに反対しているし、購入することもないだろう」と述べています。

しかし同氏は、ビットコインETFの時代は将来的には訪れることになるとも語っており、その理由として「現在の市場には巨大な欲望が渦巻いており、技術的な知識がほとんど無いため、機関投資家は安易にビットコインを保有することはできない」と説明しています。

ハードフォーク時の問題

さらにアンドレアス氏は、Bitcoinネットワークで将来的に新たなハードフォークが起こった場合の懸念についても説明しています。

彼は、「2017年にビットコインキャッシュ(BCH)が新たに誕生した時の出来事と比較すると、当時と同様のパターンが繰り返されると予想されるものの、ETFの場合には遥かに大きな金額が必要となるだろう」と述べています。

アンドレアス氏は最終的に、投資家たちは自分の秘密鍵を保持するのではなく、仲介者を通じて仮想通貨を保管することになるため、投資家は常に"2層になる"と結論づけました。

ビットコイン考案者からの指摘も

先日は、ビットコインの考案者の一人として知られるNick Szabo(ニック・サボ)氏も「価値よりも多くの問題を引き起こす可能性がある」と主張し、ETF商品が市場に出ることに対する不信感を表明しています。

米国証券取引委員会(SEC)は先月、ウィンクルボス兄弟が提出した2度目のETF提案を拒否すると共に、その他の申請に関する決定も延期しており、仮想通貨ETFに関しては非常に慎重な姿勢を示しています。

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入は取引手数料無料キャンペーンなども開催している仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

【Cardano/ADA】ステークプールの「ポートフォリオ作成機能」など導入へ

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

仮想通貨全体で「10〜30%価格急落」ビットコイン、今後注目のサポートラインは?

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

ビットコインの半減期「カウントダウン」開始|注目ポイントなどをおさらい

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

ドイツ半導体大手「infineon」自動車へのブロックチェーン導入でXAINと協力

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

野村HD×Crypto Garage「デジタル資産カストディ事業での協業」を検討

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」リリース:CryptoGames株式会社

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

ヘルスケアAIロボットGrace「カルダノブロックチェーン」を採用

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ジャスミー上場記念「JMYがもらえる3つのキャンペーン」開始

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

Binance NFT「IGO(イニシャル・ゲーム・オファリング)」を開始|第1弾はDeRace

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

テックビューロ「CMS:XYMのエアドロップ・新生COMSAのローンチ予定」を発表

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

Chiliz&Socios:アルゼンチンの「Racing Club」と提携|$RACINGファントークン発行へ

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

GMOコイン:OMG保有者に対する「BOBAトークンのエアドロップ」対応方針を発表

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月17日〜23日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月17日〜23日

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す