イーサリアム市場にTOYOTA・三菱東京UFJ銀行も

by BITTIMES   

5月22日「Toyota Research Institute(トヨタ・リサーチ・インスティチュート)」、三菱東京UFJ銀行、スマートコントラクトジャパン、クーガー、Kaula(カウラ)、コンセンサス・ベイスら6社が「Enterprise Ethereum Alliance(以下 EEA)」への加盟を発表した。EEAはイーサリアムブロックチェーン上で金融取引、契約書署名など、次世代型のビジネスプラットフォームであり、今年の2月に団体が発足した。
米国企業では、マイクロソフト、JPモルガン、国際石油資本など巨大企業がすでに加盟しており、イーサリアムブロックチェーンを利用することで、ビジネス展開のスピード向上やコスト削減が期待されている。今後の大手企業のブロックチェーン関連ビジネスには、間違いなくこの EEA が絡んでくると考えて間違いない。また、マイクロソフトに至ってはすでに新サービスを展開しており、エクセルのビットコイン対応と合わせてブロックチェーン市場でのビジネスを展開する準備がすでに整っている。

なぜトヨタにはイーサリアムが必要だったのか?

EEAに参加したToyota Research Instituteは、トヨタがAI(人工知能)の研究と開発を行うための研究機関としてアメリカで立ち上げられた。今回の件についてToyota Research Instituteの最高財務責任者(CEF)である、Chris Ballinger(クリス・バリンジャー)氏はこう語っている。

ブロックチェーンと分散された台帳は可能性のある技術です。自律運転開発を加速させ、コストを既存のモビリティ・インフラストラクチャをさらに効率的に活用することができます。トヨタ研究所は EEA とそのメンバーのプロモーションをサポートしています。このテクノロジーの採用とその可能性を加速するためのルールとツールは、トヨタの顧客にとってメリットがあります。

と語っている。
次世代の自動車産業の発展にはAI技術とブロックチェーン技術が必要不可欠であり、今回のEEAへの参加は10年後の市場を見越しての動きだろう。

イーサリアム市場に参戦した三菱東京UFJ銀行

MUFGコインやリップルネットワークへの参加、IBMとの協力体制など日本のブロックチェーン産業で最も先を行く三菱東京UFJ銀行は予想通り今回の EEA への参加を表明した。
今回の参加について東京三菱UFJ銀行のデジタル変革部部長・相原氏はこう語る。

製品環境にブロックチェーン技術を実装するためには、顧客や社会に企業レベルのセキュリティとプライバシーを提供することが重要です。 三菱東京UFJグループはその環境構築を達成するための数多くの技術やプロジェクトに積極的に関与してきました。私たちは我々は興奮しています。連合の事業を通して革新的なビジネスユースケースを創造していきます。

イーサリアムブロックチェーンは、金融システムに特化したビットコインのブロックチェーンとは異なり、かなり自由度の高いブロックチェーンになっているからこそ今回のような他企業間が協力できるプロジェクトを行うことが可能となる。EEAに関しては今後も企業のビジネスプラットフォームとして導入・発展していくだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨ウォレット「Switch」ベータ版公開|XRP・BTC・ETHを即時交換:Kava Labs

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

仮想通貨GaloCoin(GLC)を発行|ブラジルのサッカークラブ「アトレチコ・ミネイロ」

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

仮想通貨が使える大型ショッピングモール「BTC City」すでに100店舗が対応:スロベニア

イーサリアムの価格が急上昇しているのはなぜか?

イーサリアムの価格が急上昇しているのはなぜか?

Googleはヴィタリック・ブテリン氏の就職を望んでいる?

Googleはヴィタリック・ブテリン氏の就職を望んでいる?

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

中古車販売店カーチス「仮想通貨決済」を試験導入|ビットポイントと提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月19日〜25日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月19日〜25日

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

adidas×PRADA:世界初の「オープンメタバース&ユーザー参加型NFTプロジェクト」始動

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

ブラジル・リオデジャネイロ「ビットコイン投資」を計画|暗号資産の中心地目指す

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

Bitget:2021年の暗号資産業界を振り返って

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

JPYC株式会社「一般社団法人Fintech協会」にベンチャー会員として入会

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

子供やペットとの思い出を「NFT化してメタバース展示」OwlTing×MomentX

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

エルサルバドル「約17億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は1,801BTCに

エルサルバドル「約17億円相当のビットコイン」を追加購入|保有量は1,801BTCに

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

現代自動車:メタバースと現実世界をロボットで繋ぐ「メタモビリティ」構想

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

イタリアの大手銀行「Banca Generali」ビットコインの売買・保管サービス提供へ

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

日本暗号資産ビジネス協会「2022年の年頭所感」発表|税制・規制面の問題点にも言及

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す