イーサリアムとは今後いくらになるのか?予想価格は100倍越え

by BITTIMES   

Ethereum(イーサリアム・ETH )とはどのよう暗号通貨なのでしょうか?
イーサリアムは、暗号通貨市場で時価総額第 2位に君臨する通貨であり、今後価格はいくらまで上昇するのか、多くの投資家や企業から大きな期待が寄せられている通貨でもあります。
イーサリアムに多くの期待が集まるのは独自の機能「スマートコントラクト」や「独自のブロックチェーン」構造があるからです。
今回は、そんなイーサリアムの価格について、「今後いくらになるのか?」の予測を立てて行きながら解説を行なって行きたいと思います。

Ethereum(イーサリアム・ETH )とは?

「イーサリアムとはワールドコンピュータである。」
この言葉はイーサリアムがリリースされた時に、イーサリアム財団がキャッチコピーとして広めた言葉です。
その名の通り、イーサリアムは「地球そのものをネットワークする暗号通貨です。」
イーサリアム最大の特徴は「ブロックチェーンの自由度が高い」部分にあります。
そして、ビットコインブロックチェーンをさらに進化させたとして「 Bitcoin 2.0 」とも呼ばれています。
イーサリアムは「通貨以外」の機能を実装しています。
契約書のデータ保管、その他暗号通貨の生成、契約内容の自動実行、ビジネスプラットフォーム機能など、イーサリアムは「何でも屋」として動きます。
特に契約を自動実行する「スマートコントラクト(賢い契約)」は、大きな期待が寄せられているイーサリアムの機能の 1つです。

イーサリアムのスマートコントラクト

例えば、少し前にこのスマートコントラクトを使って「不動産投資」を行なっている企業がありました。
この不動産投資企業は「巨大なビル」を建設するために、投資家から融資を集め、投資額に応じて配当金を受け渡すというものです。
これだけなら普通の不動産投資でも行われていることですが、この企業は「いくら配当したのか?」の記録保管や「配当金を自動で計算し、配布するシステム」をイーサリアム上で行うというものでした。
不動産開発の資金集めから、不動産の所有権の管理、参加した投資家の記録、毎月の安全な家賃収入配当など、重要な役割をイーサリアムブロックチェーン上で行うものです。
このようにイーサリアムとは、システムで管理できることであれば「なんでも」できるということです。
今後、私たちの住民票から契約書、資産管理、病院のカルテ、など生活に関わる全てのデータをイーサリムで管理することができるかもしれません。
>>「イーサリアムが少額の不動産投資を可能にした

イーサリアムは今後いくらになるのか?価格予想

現在、イーサリアム価格は 35,000円前後を推移していますが、今後 10倍以上に価格を上昇させる可能性もあります。
その理由としては「暗号通貨市場の拡大」と「暗号通貨市場で第 2位の時価総額」というポジションです。
現在、暗号通貨市場全体の時価総額は急激伸びて降り、20兆円を超えています。
しかし、ウォール街アナリストの Ronnie Moas(ロニー・モアス氏)は、「暗号通貨市場は今後、2028年までに 220兆円にまで急激に成長する。」という予測を立てました。
>>「仮想通貨の時価総額は将来220兆円を超える【2028年予想】
単純に考えて、市場の規模に比例してイーサリアム価格が上昇すれば、11倍の「 40万円」近くにまで上昇する可能性は十分にあります。
また、このような市場拡大の場合、上位の投資対象に資金が集中する特徴があるので、それ以上に価格が上昇することも考えられます。
ビットコイン価格が「 1BTC= 1億円」を超える予測も出ているくらいですから、今後ビットコインより機能性が高いイーサリアムが、それに近い、もしくはそれ以上の倍率になるかもしれません。
今後、10年以内に市場に比例するなら 10倍の「 40万円前後」ビットコイン価格に比例するなら 100倍以上の「 400万円以上」になる可能性もあります。

トヨタも参加するエンタープライズ・イーサリアム・アライアンス

以前からアメリカで話題になっている、イーサリアムを企業や市場に適用させる団体「 Enterprise Ethereum Alliance(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス・以下 EEA )」には、すでに 100社を超える企業が名を連ねています。
特に注目すべきは、EEA の中にイーサリアム最大の支持とも言われているマイクロソフト社を始め、JPモルガン、インテルも名を EEA に加盟している部分でしょう。
>>「イーサリアム高騰はエンタープライズ・イーサリアムが原因
EEA には、大手銀行も名を連らねており、日本最大の企業「トヨタ自動車」も EEA に加盟しています。
>>「イーサリアム市場にTOYOTA・三菱東京UFJ銀行も
このような大手企業が多数参加していることからも、「イーサリアム価格 100倍」もあながち、不可能な数値ではないように思われます。

イーサリアムで新暗号通貨を作る

また、イーサリアムは「ブロックチェーン上で新しい暗号通貨が作れる」という非常に強いポジションを取っています。
ブロックチェーン上で、全く別の通貨が運用されているということです。
この高い機能性も確かに注目されていますが、それよりも「ブロックチェーン上で新しい暗号通貨が運用されれば、それに伴ってイーサリアム価格が上昇する」というのは、暗号通貨投資を始めたばかりの方でもある程度予測できるのではないでしょうか。
最近の ICO(イニシャル・コイン・オファリング)で発行された暗号通貨には、イーサリアムブロックチェーンを使ったものが多く含まれています。
>>「ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

イーサリアム開発者ヴィタリック・ブテリンとは?

イーサリアムといえば、開発者である vitalik buterin(ヴィタリック・ブテリン氏)が、非常に有名です。
彼は若干 19歳の時にイーサリアムのホワイトペーパーを WEB にアップし、開発費として多額の資金を調達しています。
ビットコインに出会ってからわずか 2年後の2013年にイーサリアムの草案を完成させています。
彼の半生については、別の記事で案内しているので、ぜひご確認をしてみてください。
>>「ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所「Chiliz.net」ユベントスファントークン(JUV)の取引開始

仮想通貨取引所「Chiliz.net」ユベントスファントークン(JUV)の取引開始

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ジリカ(Zilliqa/ZIL)の「永久先物取引」提供へ

BINANCE:ジリカ(Zilliqa/ZIL)の「永久先物取引」提供へ

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

日本STO協会に「SMBC日興証券」と「みずほ証券」が新規加盟

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

注目度の高い仮想通貨ニュース

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

トレザーの新たなデスクトップアプリ「Trezor Suite」ベータ版公開:SatoshiLabs

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

スペイン銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)を「今後の優先研究課題」に盛り込み

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「TAOTAO(タオタオ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Zaif(ザイフ)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

韓国銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「発行・流通テスト」2021年にも開始

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す