ビットコイン分裂がほぼ確定、BIP91ロックインと今後のシナリオ

by BITTIMES   

21日9時に「BIP91」がロックインされました。何も問題が発生しなければ23日に有効化され、ほぼ全てのマイナーはこれに従うことになります。これにより8月1日にブロックチェーン(Blockchain)が消えることで「取引データが失われる可能性」のあるUASF(ユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォーク)はほぼ確実に回避できると考えて良いだろう。

BIP91は、SegWitの有効化するために必要なしきい値をこれまでの95%から80%に引き下げる。それと同時にSegwitブロック以外のブロックは「すべて無効」という提案内容になっている。現在、市場は安心感が広がり価格も上昇してきています。

以上を踏まえて、最も重要な「これから何が起こるのか?」について解説していこうと思います。今回の「スケーラビリティ問題」に関する、一連の問題については下記の記事で歴史を追って解説している。
→「ビットコイン(Bitcoin)は今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

Segwit今後のシナリオ

スケーラビリティ問題で長い間論争を巻き起こしていたSegwitは、8月中旬に採用、下旬には実際に使用できるようになるだろう。あとはブロックサイズを2MBに引き上げるハードフォークを実際に行えば良い。
上記で案内した記事でも解説しているが、今回のBIP91はあくまでもSegwit 2xを導入するためにNYAでの合意の元、急遽実行された提案である。(BIP91自体は以前から存在する)

Segwitのアクティベートは11月下旬になる。しかし、Segwit 2xのアクティベードが実際に行われ、ハードフォークが実行されるのかどうかはまだ確定ではない。ハードフォークに関して賛成派と反対派が存在しているためだ。ビットコイン・コミュニティではすでに 11月のハードフォークに向けての議論をスタートさせている。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)の誕生

8月1日午後9時20分に、Bitmain(ビットメイン)を率いるJihan Wu(ジハン・ウー)氏が、全く新しいビットコイン「Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ/BCH)」を誕生させることを発表させています。

これはかねてよりジハン氏が提案していたUAHFである。つまり、この日をもってビットコインは完全に分岐し「ビットコイン」と「ビットコインキャッシュ」という2つのコインが誕生することになる。ハードフォークはほぼ確定だと考えて良いだろう。

ビットコインキャッシュ(BCH)は、ブロックサイズを大きくすること(ビックブロック)でスケーラビリティ問題などを解決しています。
現在ブロックサイズは「8MB」を予定しており、上限はマイナー合意で変更可能な仕様になっている。同コインを推進しているのは、Bitcoin ABC というチームだが当然、Bitcoin ABC にはBitmainが所属している。

ハードフォークは行われるが、あくまで全く別のコインの誕生になるので、現在保有しているビットコインに影響はありません。ちなみに、ハードフォークをした段階で現在保有しているビットコインと同数のビットコインキャッシュを持つことになるので、価格の変動はやや起きそうだ。ちなみに大手取引所coinbaseはビットコインキャッシュ(BCH)を取り扱わないことを正式に発表しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

英国最大の旅行管理会社が「ビットコイン決済」を導入:Corporate Traveller

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

Coinbaseで「最も購入の割合が多い」仮想通貨は?保有期間ランキングも

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

ロールス・ロイスなど「最高級車」が仮想通貨で購入可能に|BTC・BCH決済に対応

bitFlyer (ビットフライヤー)、EUに展開する日本初の仮想通貨取引所に

bitFlyer (ビットフライヤー)、EUに展開する日本初の仮想通貨取引所に

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインSVの「上場廃止」仮想通貨企業が続々と発表|BTC価格に影響する可能性も

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

bitFlyer:ふるさと納税で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開始【先着2万名】

bitFlyer:ふるさと納税で「ビットコインがもらえる」キャンペーン開始【先着2万名】

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

仮想通貨ETF「日本国内での提供は認められず」金融庁が公式見解

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

Ripple社:2020年初頭から「ブラジル金融機関」との提携拡大へ

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

ビットフライヤー:仮想通貨サービス・アプリ利用率で「国内No.1」を獲得

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

日本銀行:ブロックチェーンの「スケーラビリティ問題」に関する論文を公開

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

仮想通貨交換業、みなし業者の数は「ゼロ」に

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

証券取引所に「仮想通貨直接取引」の権利を|韓国大統領委員会が提案

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

コインチェック:エアドロップ分のステラ「2,800万XLM」配布開始

コインチェック:エアドロップ分のステラ「2,800万XLM」配布開始

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

【イーサリアム2.0】2020年内の「フェーズ1実装完了」を予想:ConsenSys共同創設者

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す