ビットコインキャッシュ(BCC/BCH)がもらえる取引所一覧

by BITTIMES   

※8月3日最新情報更新内容あり
ビットコインキャッシュ( BCC )誕生まであと数日となった。
すでに中国のマイニングプールである ViaBTC ではビットコインキャッシュの取引がスタートし、すでに 1BCC = 2,600元(約 43,000円)前後で取引されている。
ビットコインキャッシュにはすでに「値段」がついているのだ。しかもビットコインキャッシュは、
「ビットコインを現在持っている人なら誰でも同数のビットコインキャッシュを受け取ることができる」
今、1BTCを持っている人なら「 1BTC+1BCC 」になる。リアルタイムのビットコイン、ビットコインキャッシュの価格で考えれば「 280,000円」の資産が「 323,000円」に増加することになる。保有者としてはかなり美味しい話だ。
ただし、ビットコインキャッシュを受け取るには取り扱い方法を明記している取引所のみで受け取りが可能なので、今回の記事では取引方法を公式に発表している取引所についてご案内していきたい。

ビットコインキャッシュがもらえる国内取引所

ビットコインがもらえる取引所は下記の一覧になる。現状取引所間でも案内が異なるので、しっかりと読んでいただきたい。また場合によっては取引所の案内変更の可能性もあるので、こちらは随時追記していくが自身の目でリアルタイムに確認することもおすすめする。
 
coincheck
ビットコインキャッシュ誕生(ハードフォーク)の日時において保有ビットコインど同量のビットコインキャッシュを付与。
ビットコインキャッシュ付与条件
・現物のビットコイン保有者
・「レバレッジ取引」でロングポジションを持っている方
・「貸仮想通貨サービス」にてビットコインを貸し出している方
※注意点
・ハードフォーク時点でレバレッジ取引でショートポジションを持っている方や信用取引でビットコインを借りている方に関してはビットコインキャッシュに関しても返済義務が生じる注意が必要だ。
また、8月1日20時より外部ウォレットでのビットコイン入出金停止を実施するのでこちらも注意が必要だ。
※ 8/3 更新
現状ビットコインキャッシュについての明確なアナウンスがなく、サイト・アプリ上でもビットコインキャッシュが取引できるようなアップデートもされていないため、付与・取引には数日かかる可能性もある。
 
bitbank.cc
保有しているビットコインと同数のビットコインキャッシュを 8月2日に付与予定。その後 BCC/JPY・BCC / BTCの通貨ペアで取引予定。
※追記
Bitcoinからのハードフォークが確定した場合 bitbank.cc では保有する BTC と同数の BCC を全額お客様に付与。リプレイ・アタック対策のため 7月31日15時00分より BTCの預入・引出を停止を発表。8月2日を目処に取引再開予定。
ビットコインキャッシュ(BCC)の引出受付・取り扱い開始日時に関しては、8月3日に発表予定。
※ 8/3 更新
付与済み。Bitbank にて確認可能。
 
bitFlyer
ビットコインキャッシュの「ハードフォークが恒久的である」と認定した場合は取り扱う。
※ 8/3 更新
8 月1日 21時20分時点にお客様の bitFlyer アカウントで保有されていたビットコイン現物の数量と同量の Bitcoin Cash をお客様に付与完了。ログイン後ホーム画面にて確認。
 
Zaif
預かり分のビットコインからハードフォークにより発生したビットコインキャッシュについては、原則全てお客様に帰属する。Zaif内保有してるビットコインと同量のビットコインキャッシュを付与。
ハードフォーク時にビットコインの貸し出しを行ってる方はビットコインと同量のビットコインキャッシュを返却して頂く必要がある。
ハードフォーク後は、原則全て売買が可能。Zaif内での取引に関しては、状況を確認後判断後公式に連絡。
※ 8/3 更新
リプレイアタック対策等の確認が済み次第付与予定。
 
BITPOINT
保有ビットコインと同数のビットコインキャッシュを付与予定。取引もその後可能にする予定。
※ 8/3 更新
ビットコインキャッシュ入出金準備中アナウンス。整い次第配布かと考えられる。
 
QUOINE
ハードフォーク後の全てビットコインについてサポート予定だが変更可能性はある。(ビットコインキャッシュ付与のについては厳密には明記していない。)
※ 8/3 更新
ビットコインキャッシュ現物取引中、入出金開始は不明。
 
BTCBOX
ビットコインキャッシュについて直接の公式発表はないが、保有ビットコインと同数のコインを付与予定。ハードフォーク後取引も可能にする予定。
※ 8/3 更新
ビットコインキャッシュ現物取引中、入出金開始は不明。
 
みんなのビットコイン
ビットコインキャッシュについて直接の公式発表はないが、ハードフォークした場合のコインについては保有ビットコインと同数のコインを付与予定。
まとめると現時点で、ビットコインキャッシュについては「付与する」と発表しているのが coincheck・bitbank.cc の 2社。「付与予定」としているのが bitFlyer・ BITPOINT・QUOINE・BTCBOX の 4社と言ったところだろうか。

すぐにビットコインキャッシュがもらえる海外取引所

中国マイニングプール兼取引所である ViaBTC ではすぐにビットコインキャッシュが受け取れる。
ViaBTC にビットコインを入金すると「同数の BCC と frozen BTC 」が即座に受け取れる。
frozen BTC とはビットコインキャッシュのハードフォークが確定すると通常の BTC に変換されるコインである。
すでに ViaBTC ではビットコインキャッシュのトレードも始まっているので、早めに手に入れたい方は ViaBTC に入金すると良いだろう。
以上がビットコインがもらえる取引所一覧だ。
各取引所の発表に関しては不透明な部分が多いためこの記事はリアルタイムで追記・シェアをしていく。
リアルタイム情報は 公式 LINE@ にてお知らせするので、ご登録がまだの方は登録を下記からしておくことをおすすめする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

マネックス証券:レバレッジ取引サービス「暗号資産CFD」本日開始|BCH・XRPにも対応

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

マスターカードがブロックチェーンを採用「ビットコインは使わない」

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

暗号資産5銘柄の「2020年〜2033年価格予想」を公開:Crypto Research Report

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

エストニア中銀:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の「研究プロジェクト」立ち上げ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

ブロックチェーン用いたアニメグッズプラットフォーム「AniPic!(アニピク!)」公開へ

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

ConsenSys:香港・タイの「中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクト」に参加

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

暗号資産取引所運営会社「Diginex」米NASDAQ(ナスダック)に上場

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

MetaMask(メタマスク)に「トークンスワップ機能」追加|最良のレート・手数料を提供

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「楽天ウォレット(Rakuten Wallet)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

ビットコイン決済を2011年に導入したレストラン&バー「ROOM 77」が閉店

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

XRP価格=1万円到達は可能か?「72.4%」がYESと回答【世論調査結果報告】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す