Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

by BITTIMES

リップル社は、科学、工学、数学、技術(STEM)や金融技術(FinTech)の教育に焦点を当てた社会支援プログラム「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」を開始することを発表しました。この活動は総額119億円もの資金で運営され、対象となる分野のプロジェクトへの投資などが行われる予定となっています。

こちらから読む:社会の様々な問題解決に徹底的に取り組む「Ripple」

「Ripple for Good」

「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」は、科学・工学・数学・技術(STEM)などの分野や金融技術(FinTech)の教育を支援し、基礎的な金融リテラシーの向上を促進することによって、今まで以上にグローバル化された包括的なデジタル経済を推進していくことを目指しています。

このプログラムでは、Ripple社からの2,500万ドル(約28億円)の拠出や、8,000万ドル(約90億円)の寄付金によって運営され、教育や金融関連のプロジェクトへの投資が行われる予定となっています。

ブロックチェーンと共に世界の経済問題解決へ

Ripple-works

「Ripple for Good」は、リップル社の共同設立者兼COOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏によって設立された非営利団体「RippleWorks」と協力して具体的な取り組みを行なっていくと報じられています。

「RippleWorks」はこれまでにも世界55カ国で70ものプロジェクトに取り組んできており、様々な分野の専門知識をもつ人々とソーシャルベンチャーを結ぶ取り組みを行ってきたと伝えられています。

ラーセン氏は今回の発表の中で現代社会の問題点を指摘し、世界に革命を起こしつつある「ブロックチェーン」の流れに乗って、世界中に数多く存在する経済的な問題を抱えている人々のための取り組みを開始する必要があると述べています。

私たちは身勝手な行動をやめて、現実世界の問題解決に取り組む必要があります。
ブロックチェーンの流行と共にこれらの問題に取り組めば、銀行口座を持っていない20億人以上の人々全員が経済的な権利を手にすることができます。

リップル社のこれまでの支援活動

Ripple-madonna

Rippleはすでに6月に開始された「University Blockchain Research Initiative(UBRI)」というプロジェクトを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、フィンテックなどに関連する研究と技術革新を支援するために、世界各地の有名大学とも提携しています。

このプロジェクトでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ノースカロライナ大学、ペンシルバニア大学などを含む計17の大学との提携が結ばれており、5,000万ドル(約55億円)もの寄付が行われています。

この他にもRippleは、世界的人気歌手であるMadonna(マドンナ)氏が運営している非営利団体「Raising Malawi(レイジング・マラウイ)」とも提携しており、今年の8月にアフリカの子供達を救うための慈善活動を行っています。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

大麻業界の「調査コミュニティ構築」にブロックチェーン活用|Broccoli×Measure Protocol

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

SBI×NEC:ブロックチェーンやAI用いた「システム開発の新会社」設立=日経報道

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Instagramなどへの「Libra活用」も計画|Facebook CEOが語る今後の展望

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

マスターカードは中銀発行の仮想通貨の受け入れを検討

ポルシェ、ブロックチェーンコンテストに賞金290万円

ポルシェ、ブロックチェーンコンテストに賞金290万円

注目度の高い仮想通貨ニュース

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

G7:中央銀行デジタル通貨の「重要3要素」を強調|中国CBDCの透明性に対する懸念も

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

Batman(バットマン)の「NFTデジタルアート」販売へ:有名漫画家Jose Delbo

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

ファイルコインと「イーサリアム関連開発ツール」統合へ:ConsenSys×Protocol Labs

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Liquid(リキッド)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年9月27日〜10月3日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月11日〜17日

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す