Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

by BITTIMES

リップル社は、科学、工学、数学、技術(STEM)や金融技術(FinTech)の教育に焦点を当てた社会支援プログラム「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」を開始することを発表しました。この活動は総額119億円もの資金で運営され、対象となる分野のプロジェクトへの投資などが行われる予定となっています。

こちらから読む:社会の様々な問題解決に徹底的に取り組む「Ripple」

「Ripple for Good」

「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」は、科学・工学・数学・技術(STEM)などの分野や金融技術(FinTech)の教育を支援し、基礎的な金融リテラシーの向上を促進することによって、今まで以上にグローバル化された包括的なデジタル経済を推進していくことを目指しています。

このプログラムでは、Ripple社からの2,500万ドル(約28億円)の拠出や、8,000万ドル(約90億円)の寄付金によって運営され、教育や金融関連のプロジェクトへの投資が行われる予定となっています。

ブロックチェーンと共に世界の経済問題解決へ

Ripple-works

「Ripple for Good」は、リップル社の共同設立者兼COOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏によって設立された非営利団体「RippleWorks」と協力して具体的な取り組みを行なっていくと報じられています。

「RippleWorks」はこれまでにも世界55カ国で70ものプロジェクトに取り組んできており、様々な分野の専門知識をもつ人々とソーシャルベンチャーを結ぶ取り組みを行ってきたと伝えられています。

ラーセン氏は今回の発表の中で現代社会の問題点を指摘し、世界に革命を起こしつつある「ブロックチェーン」の流れに乗って、世界中に数多く存在する経済的な問題を抱えている人々のための取り組みを開始する必要があると述べています。

私たちは身勝手な行動をやめて、現実世界の問題解決に取り組む必要があります。
ブロックチェーンの流行と共にこれらの問題に取り組めば、銀行口座を持っていない20億人以上の人々全員が経済的な権利を手にすることができます。

リップル社のこれまでの支援活動

Ripple-madonna

Rippleはすでに6月に開始された「University Blockchain Research Initiative(UBRI)」というプロジェクトを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、フィンテックなどに関連する研究と技術革新を支援するために、世界各地の有名大学とも提携しています。

このプロジェクトでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ノースカロライナ大学、ペンシルバニア大学などを含む計17の大学との提携が結ばれており、5,000万ドル(約55億円)もの寄付が行われています。

この他にもRippleは、世界的人気歌手であるMadonna(マドンナ)氏が運営している非営利団体「Raising Malawi(レイジング・マラウイ)」とも提携しており、今年の8月にアフリカの子供達を救うための慈善活動を行っています。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

Bakkt「ビットコイン対応の消費者向けアプリ」公開|スタバカードのチャージ機能も

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

米MicroStrategy:ビットコイン(BTC)「1,500万ドル相当」を追加購入

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

BINANCE:認定制裁スペシャリスト協会(ACSS)に参加|暗号資産取引所では初

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

注目度の高い仮想通貨ニュース

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

The Sandboxに「北斗の拳」のメタバース構築|世紀末LAND展開へ

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

ビットバンク:XRP保有者への「Flareトークン付与」を完了|FLR/JPYペアも追加

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

南アフリカ最大級のスーパー「Pick n Pay」ビットコイン決済に本格対応

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

ビットポイント:3,000円相当のDEPがもらえる「暗号資産デビューキャンペーン」開始

ビットポイント:3,000円相当のDEPがもらえる「暗号資産デビューキャンペーン」開始

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Twitter:仮想通貨価格の確認機能を拡充「DOGE・ADA・XRP」など30銘柄以上に対応

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

Mastercard×Polygon:音楽関連の支援プログラム「Mastercard Artist Accelerator」発表

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

カルダノ共同創設者:仮想通貨メディア「CoinDesk」の買収を検討

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

AR特化のWeb3型メタバース「IZUMO」公式サイト・コミュニティを公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

Flare Networks「FIP.01の投票方法・WFLRへの交換方法」に関するガイドライン公開

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

【国内初】ビットバンク:オアシス(Oasys/OAS)取扱いへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す