Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

by BITTIMES

リップル社は、科学、工学、数学、技術(STEM)や金融技術(FinTech)の教育に焦点を当てた社会支援プログラム「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」を開始することを発表しました。この活動は総額119億円もの資金で運営され、対象となる分野のプロジェクトへの投資などが行われる予定となっています。

こちらから読む:社会の様々な問題解決に徹底的に取り組む「Ripple」

「Ripple for Good」

「Ripple for Good(リップル・フォー・グッド)」は、科学・工学・数学・技術(STEM)などの分野や金融技術(FinTech)の教育を支援し、基礎的な金融リテラシーの向上を促進することによって、今まで以上にグローバル化された包括的なデジタル経済を推進していくことを目指しています。

このプログラムでは、Ripple社からの2,500万ドル(約28億円)の拠出や、8,000万ドル(約90億円)の寄付金によって運営され、教育や金融関連のプロジェクトへの投資が行われる予定となっています。

ブロックチェーンと共に世界の経済問題解決へ

Ripple-works

「Ripple for Good」は、リップル社の共同設立者兼COOであるChris Larsen(クリス・ラーセン)氏によって設立された非営利団体「RippleWorks」と協力して具体的な取り組みを行なっていくと報じられています。

「RippleWorks」はこれまでにも世界55カ国で70ものプロジェクトに取り組んできており、様々な分野の専門知識をもつ人々とソーシャルベンチャーを結ぶ取り組みを行ってきたと伝えられています。

ラーセン氏は今回の発表の中で現代社会の問題点を指摘し、世界に革命を起こしつつある「ブロックチェーン」の流れに乗って、世界中に数多く存在する経済的な問題を抱えている人々のための取り組みを開始する必要があると述べています。

私たちは身勝手な行動をやめて、現実世界の問題解決に取り組む必要があります。
ブロックチェーンの流行と共にこれらの問題に取り組めば、銀行口座を持っていない20億人以上の人々全員が経済的な権利を手にすることができます。

リップル社のこれまでの支援活動

Ripple-madonna

Rippleはすでに6月に開始された「University Blockchain Research Initiative(UBRI)」というプロジェクトを通じて、ブロックチェーン、仮想通貨、フィンテックなどに関連する研究と技術革新を支援するために、世界各地の有名大学とも提携しています。

このプロジェクトでは、マサチューセッツ工科大学(MIT)、ノースカロライナ大学、ペンシルバニア大学などを含む計17の大学との提携が結ばれており、5,000万ドル(約55億円)もの寄付が行われています。

この他にもRippleは、世界的人気歌手であるMadonna(マドンナ)氏が運営している非営利団体「Raising Malawi(レイジング・マラウイ)」とも提携しており、今年の8月にアフリカの子供達を救うための慈善活動を行っています。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

カルダノ(Cardano/ADA)で徳島県吉野川市に「スマートシティ」構築へ:Kittamu

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

eコマース最大手「Shopify」仮想通貨決済オプションを追加|1,800銘柄に対応

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

ブロックチェーン証明書の「発行・管理システム」で特許出願:LasTrust株式会社

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

メルセデスベンツの親会社が独自の仮想通貨を発表

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年9月8日〜14日

注目度の高い仮想通貨ニュース

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

LINE BITMAX Wallet:NFTアイテムを取引できる「NFTマーケットβ」提供開始

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

XANALIA:浮世絵師・葛飾北斎作「富岳三十六景」の公式NFTアート作品を公開

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年7月ニュースレター

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

日本政府「ビットコインは外国通貨に該当しない」BTCの法定通貨化関連で説明

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

ポーランド金融監督庁「Binance Group」について消費者に警告

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

【Chiliz&Socios】NBA所属の強豪バスケチーム「Boston Celtics」と提携

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

イタリア国家証券委員会「BINANCE」について一般投資家に警告

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

Mercoin(メルコイン)「日本暗号資産ビジネス協会」に正会員として入会

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

スマート家電販売の米オンライン小売業者「仮想通貨決済」に対応|BTCなど6銘柄

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す