Ripple(XRP)の価格上昇が続く|SWELL 2018開催 ー「xRapid」商用化も正式に発表

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社が2018年10月1日〜2日にかけて開催している国際カンファレンス「SWELL 2018」が始まり、同社が提供する「xRapid」の商用化などが正式に発表されたことなどを受け、仮想通貨XRPの価格もさらに上昇する傾向が見られています。

こちらから読む:急速に価格が回復している「リップル」注目のニュース

Ripple主催の国際カンファレンス「SWELL 2018」開催

SWELL-2018

Ripple社が開催している国際カンファレンス「SWELL 2018」は、10月1日〜2日にかけてサンフランシスコで開催されています。

米国元大統領ビル・クリントン氏

イベント初日には、アメリカ合衆国元大統領であるBill Clinton(ビル・クリントン)氏も登壇しており、ブロックチェーン技術人工知能(AI)などの最先端テクノロジーについての意見を語っています。

クリントン氏はスピーチの中で『ブロックチェーン技術には大きな可能性が秘められており、活用の幅は極めて大きい』といった内容の意見を語っており、社会政策などによってそれらの技術が台無しになってしまう可能性があることなども踏まえた上で、そのような革新的な技術を台無しにしてはいけないという考えを述べています。

Ripple社CEOブラッド・ガーリングハウス氏

Ripple社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は、シリコンバレーのような地域には「破壊的なイノベーション」を好む人々も多いものの、Ripple社は銀行を置き換えることを望んでいるわけではなく、それらの業界のパートナーになることを望んでいると語っています。

Ripple社がまだ「初期段階」であると語っている同氏は、その一方でその他の企業とは違い、実際に使用して世の中に役立てることができるユースケースを持っていると述べています。

「xRapid」商品化を正式に発表

xrapid

Ripple社が提供する仮想通貨XRPを実際に使用するソリューション「xRapid」が商品化されたことについてもガーリングハウス氏の口から正式に発表されたとも伝えられています。

また、同社の公式サイトでも「xRapid」が実際に複数の金融企業で導入されていることも報告されており、
・MercuryFX
・Cuallix
・Catalyst Corporate Federal Credit Union
などの企業がすでに参加していると報じられています。

「MercuryFX」は、ヨーロッパとメキシコの間で行われる国際送金を処理し、「Cuallix」はアメリカからメキシコへの送金を処理しています。米国で1,400以上の会員および顧客信用組合にサービスを提供している「Catalyst Corporate Federal Credit Union」は、新しいクロスボーダー決済サービスを作成するために「xRapid」を使用すると伝えられています。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年10月2日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、「xRapid」の商用化が始まることが明らかになった先月18日頃から急速に回復しており、「1XRP=70円」近くまで上昇しています。

今回のカンファレンスが開催される前はやや下落していたものの、カンファレンスの開催や「xRapid」商用化の正式発表などに伴い再び上昇しており、2018年10月2日の時点では「1XRP=約65円」で取引されています。

XRPのチャート 2018年9月〜10月(引用:bitbank)XRPのチャート 2018年9月〜10月(引用:bitbank)

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

マイニング大手BIT Mining:中国から「カザフスタン」にマイニングマシンを移動

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

音楽イベントでも仮想通貨が使える!PundiXが「ULTRA Coin」を発行

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

NASDAQ上場企業の株式を「トークン化」仮想通貨取引所DX.Exchange:2019年1月7日始動

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

国際決済銀行:Libraなど大手IT企業の「金融進出に警鐘」急速な市場支配などを懸念

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

BINANCE:DOGE・NPXSなどを含む「合計30種類」の通貨ペア廃止へ|30日午後5時から

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

リップル(XRP)上場!スイスの仮想通貨取引所「Lykke」で取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

金融庁「デジタル・分散型金融への対応のあり方等に関する研究会」設置

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

Liquid(リキッド)クイック入金サービス「2021年7月30日」に提供終了へ

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

暗号資産交換所「ShapeShift」自律分散型組織(DAO)に移行|FOX無料配布も予定

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

グレースケール:暗号資産投資信託に「カルダノ(Cardano/ADA)」追加

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

カルダノ(ADA)のステーキングアドレス数「下落期間中に約10%増加」

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

英決済企業「Clear Junction」BINANCE関連の取引を一時停止

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す