BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は、暗号通貨(Cryptocurrency)の上場に関するポリシーに変更を加えたことを発表しました。同社は今後も引き続きすべての「上場手数料」を公開して透明性を保ちつつ、支払われた"全ての資金"を慈善団体に寄付すると発表しました。

こちらから読む:慈善活動に取り組む大手仮想通貨取引所「BINANCE」

仮想通貨の上場手数料は「全額寄付」

binance-donate

BINANCE(バイナンス)は、先日8日に仮想通貨の上場に関するポリシーに変更を加えたことを発表しました。

仮想通貨を取引所に上場させるためには、取引所が定める「一定の基準」を満たした上で「上場手数料」をプロジェクト運営側が支払うことによって正式に上場する形式が一般的に採用されています。今回BINANCEが発表した内容は、この「仮想通貨の上場」に関するルールに新たな変更が加えられたことを発表するものであり、「上場手数料」に関する透明性の問題や、上場手数料の金額などに関することが概説されています。

BINANCEは、取り扱う仮想通貨の上場プロセスに"透明性"を持たせることを重要視しているとのことで、今回の発表では『今後も引き続き"上場手数料"を公開していく』ということが説明されています。

さらにBINANCEは、それらの「上場手数料」を強制することはないと説明しており、手数料の最低価格なども設定されてはおらず、支払われた手数料は100%慈善団体に寄付すると断言されています。つまりBINANCEにおける上場手数料は、実質的にはプロジェクト側からの任意の「寄付」ということになり、それらの「寄付額」が全体に公開されることになるのだと考えられます。

バイナンスの「上場審査基準」は非常に厳格

Examination

今回の変更によって、BINANCEに仮想通貨を上場させる際の「上場手数料」のハードルは非常に低いものとなっているものの、その一方では「上場審査基準」が非常に厳格に設定されているとされています。このようなことから、BINANCEでの取り扱いを開始するためには、徹底して仮想通貨やサービスの質を向上させることが求められることになると考えられます。

これまでにもBINANCEでは、数回に渡るハッキング関連の問題が発生しているものの、迅速な対応を取ることによってその全てにおいて顧客資産への被害を"ゼロ"に抑えており、問題に対処した上で特定された犯人から没収した資産を慈善団体に寄付しています。

最近のニュースでは、2018年7月7日に発生した「西日本豪雨災害」の被災地に対して100万ドル(約1億円)もの寄付を行っており、大きな話題となりました。世界に先駆けてこのような活動を行うBINANCEは、今後もその他の仮想通貨取引所にも大きな影響を与えると考えられます。

率先して多額の寄付を行い続けている世界でもトップクラスの仮想通貨取引所「BINANCE」は、今後も多くの人々からの支持を集めてさらに成長していくことになるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨系YouTuberの「動画削除」相次ぐ|考えられる理由は?

仮想通貨系YouTuberの「動画削除」相次ぐ|考えられる理由は?

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

ビットポイント:仮想通貨の送金サービス「9月30日」再開へ

ハードウェアウォレットLedger「Crypto.com」経由の仮想通貨決済に対応

ハードウェアウォレットLedger「Crypto.com」経由の仮想通貨決済に対応

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

アマゾン(AWS):ブロックチェーン企業との提携拡大 ー「QTUM」が新たに参加

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

【ビットコインorアルトコイン】投資するならどっち?アンケート結果にアナリストが警告

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

仮想通貨取引所などに「顧客情報の共有」求める|FATFが「ガイダンス」を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

オランダカンナビノイド協会:ブロックチェーン基盤の「CBD製品追跡ツール」公開

オランダカンナビノイド協会:ブロックチェーン基盤の「CBD製品追跡ツール」公開

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

ビットコイン経済へと移行する「サーフィンの聖地」エルサルバドルの村でBTC決済進む

ビットコイン経済へと移行する「サーフィンの聖地」エルサルバドルの村でBTC決済進む

XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」Pantera Capital CEO

XRPは「10年後に生き残る暗号資産の1つ」Pantera Capital CEO

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

カナダ規制当局:暗号資産取引所「コインスクエア」を告発|出来高の9割は水増しか

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

暗号資産・株式トークン投資アプリ「Abra(アブラ)」に罰金命令:米SEC・CFTC

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

BINANCE:Cardano(ADA)・Chainlink(LINK)の「レバレッジトークン」追加へ

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

【Cardano/ADA】Shelleyハードフォークまで「残り1日」事前に知っておきたい基礎知識

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す