ブロックチェーンは「スポーツ業界」をどのように変えるのか?

by BITTIMES   

ブロックチェーンの技術は、スポーツ業界の様々な場面で実際に活用されており、これまでには考えられなかった新しいサービスを生み出しています。仮想通貨はクラブチームやアスリートの新しい資金調達手段としても使用されており、それらの暗号通貨(Cryptocurrency)は選手とファンの交流を促進する重要なツールとしても機能しています。この記事では「Blockchain技術」が「Sports」の世界にもたらす変化の一部を紹介します。

こちらから読む:スポーツ業界にも応用できる「ブロックチェーン」の仕組み

選手とファンを直接繋ぐ「コミュニケーションの場」

community

ブロックチェーンや仮想通貨を用いたプロジェクトには、スポーツファンの人々に好きなスポーツ選手やチームとの直接的な交流を深める機会を提供しているものが数多く存在しています。それらのプロジェクトに参加している人々は、各選手やチームが立ち上げている専用のプラットフォーム上で実際に有名なトップアスリートたちとコミュニケーションを取ることができます。

チームや選手が発行している独自の仮想通貨は、その通貨でしか購入することができない限定商品を購入するための通貨として使用されているものも多く、それらの取引はブロックチェーン上に構築された専用の取引プラットフォームで行われています。

このようなプラットフォームは、これまでにはなかった選手とファンがダイレクトにつながることができる貴重な空間でもあるため、非常に活発なコミュニティとなると期待されています。スポーツ選手の中にはファンとの関わりを持つ機会を探している人も多いため、このようなプラットフォームは両者にとって非常に魅力的なスペースとなります。

選手とファンによって構築されるこれらのコミュニティは、ブロックチェーン上に存在する「新たな交流の場」として多くの人々を繋ぐ重要なツールとなります。

複製や偽造を防止する「安全なチケット管理」

ticket

試合のチケットをブロックチェーン上で管理すれば、試合の度に紙に印刷してチケットを発券する必要もなくなり、複製や偽造などの違法行為も阻止することができます。

それぞれのチケットに購入者の情報を紐付けることによって、「大量にチケットを購入してオークションで高値で売りさばく」といった行為にも対処することができるため、異常な価格にまでチケットの値段が釣り上げられることもなくなります。

チケットを購入するユーザーもスマートフォンでチケットを管理することができるため、チケットをなくして会場には入れないといったトラブルも減らすことができます。

より多くの投資家を招き入れる「新しい資金調達」

ico

スポーツ選手やクラブチームにとって、仮想通貨は新しい資金調達の手段となります。独自の仮想通貨を専用のプラットフォーム上で発行して、それらの通貨でチームに関連するサービスを提供すれば、無駄なコストを削減しながら、これまでにはない新しい方法でチームの運営資金を調達することができます。

チームが発行する仮想通貨やトークンを購入する人々はチームの投資家となることもできるため、今までには考えられなかった新しい関わりを持つことができるようになります。

ファンも直接参加できる「理想的なチーム運営」

team

スポーツクラブやチームが独自に発行した仮想通貨やトークンの使い方は様々です。すでに提供されているサービスの一つには、それらの独自トークンを投票のためのツールとして利用できるようにすることよって、チームの運営にファンの人々が参加することができるサービスなども提供されています。

このようなサービスを提供しているプラットフォーム上では、ユニフォームのカラーや会場で流れる音楽を決定するためのアンケートを行うことができるようになっており、コミュニティに参加しているトークン保有者は自身の保有するトークンを利用してそれらの選択肢に投票することができます。

これによってクラブチームはファンの人々に声に耳を傾けることができるようになり、ファンの人々は自分たちの希望をチームに伝えることができるようになるため、ファンとチームが一丸となって理想的なチームの運営方法を選択していくことができるようになります。

違法取引や賄賂などの「汚職行為を排除」

corruption

チーム内で行われるすべての取引を専用の仮想通貨で行うことによって賄賂などの汚職行為を排除することもできます。スポーツの世界では以前から賄賂などの違法なお金のやりとりが一部で行われてきた歴史もあるため、チーム内での取引に透明性をもたらすことが重要視されていました。

仮想通貨の大きな特徴の一つである「透明性」を最大限に活用すれば、チーム内で違法な取引が行われていないことを証明することができます。この目的のために、実際にすべての取引を仮想通貨で処理しているチームなどもすでに報告されています。

ブロックチェーンで激変する「スポーツ業界とビジネス」

sports

ブロックチェーンの技術は、サッカー野球テニスバスケットボール格闘技などの様々なスポーツの分野で幅広く活用されています。当メディアではその具体的な活用事例をジャンルごとにまとめて紹介しています。またその他の業界での使用例もまとめて掲載していますので、そちらの記事も合わせて読んでみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

仮想通貨取引所StormGain:プレミアリーグ所属の「Newcastle United FC」とスポンサー契約

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ビットコインの仕組みと可能性をどこよりもわかりやすく解説

ブロックチェーン企業CEOの「誘拐事件」発生|拳銃を突きつけ強制連行:ウクライナ

ブロックチェーン企業CEOの「誘拐事件」発生|拳銃を突きつけ強制連行:ウクライナ

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

不動産賃貸契約に独自ブロックチェーン「miyabi」活用へ|bitFlyerが住友商事と提携

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨交換業に「楽天」が参入|みんなのビットコインを買収

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月3日〜9日

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

仮想通貨取引所BINANCE「新型コロナウイルス被害者支援」で医療品などを寄付

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

【BlockDown 2020】ブロックチェーンカンファレンス「VR空間」で4月開催へ

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

日本仮想通貨交換業協会:自主規制規則の改正・制定に伴い「一般の意見」を募集

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

ビットコイン、抵抗線突破なるか|FRB発表後「75万円」まで回復

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

韓国大手「国民銀行」仮想通貨カストディ関連で商標出願

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

仮想通貨取引所「Gemini」ベーシックアテンショントークン(BAT)取り扱いへ

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

仮想通貨BATが「ギフトカード」と交換可能に|次世代ブラウザBraveが新サービス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

ビットコイン価格「40万円台」まで暴落|主要仮想通貨も大幅マイナス

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

イタリア赤十字社:ビットコインで「新型コロナウイルス」の寄付金募る

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す