仮想通貨DASHが「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」で利用可能に:ベネズエラ

by BITTIMES   

ベネズエラの「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」は、来週から仮想通貨ダッシュ(DASH)での支払いを受け入れ始めます。インフレの問題を抱えている同国では、有名なファーストフード店や大型デパートなどで暗号通貨決済の導入が拡大しています。

こちらから読む:大型デパートでも仮想通貨決済「ベネズエラ」関連ニュース

首都カラカスから「南米諸国27地域」に拡大

DASH-logo

仮想通貨ダッシュ(DASH)での支払いを受け入れる「ケンタッキーフライドチキン(KFC)」は、ベネズエラの首都カラカスの中部に位置するチャカオ市にある店舗が第一号となります。最初の導入はチャカオの店舗のみとなっていますが、今後は南米諸国の24地域に拡大する予定だと伝えられています。

KFC店舗でのDASH決済導入の取り組みは、
・Dash Help(ダッシュ・ヘルプ)
・Dash Merchant Venezuela(ダッシュ・マーチャント・ベネズエラ)
・Dash Text(ダッシュ・テキスト)
などの共同設立者であるAlejandro Echeverría(アレハンドロ・エケベリア)氏が支援しており、過去3ヶ月間に渡って「DASHの採用拡大」に向けて取り組んできたと説明されています。

アレハンドロ氏は、KFCのように世界的に認められているブランドがDASHでの支払いを受け入れたことは、ダッシュの採用が今後も継続していくことを示す大きな成果であると語っています。現時点でもすでに多くの人々が日常的な支払いのためにDASHを使用していると語る同氏は、『DASHは非常に使いやすい決済ソリューション』だと述べています。

仮想通貨決済の導入で「慈善活動」も活発化

Charity

DASHでの支払いを受け入れている店舗などをリスト化して公開しているウェブサイト「DiscoverDash」のデータによると、その数は2018年12月8日時点で「2,445件」とされており、その数は現在も増え続けています。

アレハンドロ氏は『現在ベネズエラではDASHの採用が急速に進んでいる』と述べており、最初は食料品店や小規模な家族経営の企業でDASHの採用が始まったものの、現在はより確立された企業やビジネスが続々と採用し始めていると説明しています。

ケンタッキーフライドチキンでのDASH決済導入こそがその良い例えであると言えますが、同国では今年9月にファーストフード業界を代表する飲食店「SUBWAY(サブウェイ)」でもDASH決済が導入されています。また最近ではベネズエラ最大規模のデパートである「Traki(トラーキ)」が複数の仮想通貨を受け入れ始めたことなどの影響もあり、仮想通貨を通じた慈善活動なども活発化してきています。

インフレの問題を抱えている一方で仮想通貨の導入が進んでいるベネズエラは、徐々に仮想通貨を主軸とした「キャッシュレス大国」へと移行し始めています。

ダッシュ(DASH)の価格|2018年12月8日

ダッシュ(DASH)の価格は、本日8日の午前2時頃からやや上昇しており、記事執筆時点では「1DASH=7,702円」となっています。

2018年12月1日〜12月8日 DASHのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月1日〜12月8日 DASHのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

OKEx:出金サービス再開で「大量の暗号資産が外部移動」価格下落にも影響か

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

ビットコインATMを1ヶ月で250台設置「アルゼンチンが仮装通貨先進国へ」

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

Symbol:メインネット公開時「少なくとも2つのプロジェクト」で技術活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

カルダノ財団×EMURGO:DApps開発促進に向け「開発者向けのツールスタック」構築へ

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

南米ウルグアイ「初の仮想通貨ATM」を設置|ビットコインなど5銘柄に対応

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年12月26日〜2022年1月1日

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

Ripple社:シリーズC投資家からの「自社株買い」を実施|評価額は50%増加

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

BINANCE:アフリカ最大のサッカー大会「AFCON」の公式スポンサーに

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

完全無料のNFT発行サービス「nfnfNFTer」Polygon・Binance Smart Chainに対応

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

Chiliz&Socios:ブラジルのスポーツクラブ「CR Vasco da Gama」と提携

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

ProShares「メタバース特化型のETF」を米国証券取引委員会に申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

米サンダルメーカー「Crocs(クロックス)」NFT関連の商標登録を申請

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す