American Expressゼネラルマネージャー:リップルのクロスボーダー取引を賞賛

by BITTIMES   

American Express(アメリカン・エキスプレス)の法人向けサービス部門でゼネラルマネージャーを務めているCarlos Carriedo(カルロス・カリード)氏は、スペインの首都マドリードで開催された「Wings of Change Europe」カンファレンスの中で、リップル(Ripple/XRP)は世界中の伝統的な決済処理方法を改善する可能性があると説明し、賞賛を送りました。

こちらから読む:香港では3つの取引所に上場「Ripple/XRP」関連ニュース

Rippleの技術は非常に有望

Ripple社が提供している国際送金のためのソリューションやその性能はすでに非常に多くの企業や金融機関が賞賛を送っており、現在も採用が続いています。世界140カ国以上で利用されているトラベラーズチェック・クレジットカードの国際ブランドとして有名なAmerican Express(アメリカン・エキスプレス)もRipple社の技術を高く評価している企業の一つです。

スペインの首都マドリードで先月開催されたサミットの中で、アメリカン・エキスプレスのCarlos Carriedo(カルロス・カリード)氏は、Ripple社や同社が提供しているサービスを次のように賞賛しました。

ブロックチェーンは私たちが選択肢として考えているオプションの一つです。私たちはこの技術を上手く活用する方法を学ぶためにブロックチェーン技術に基づいたフィンテックラボへの投資を行い、パイロットテストを行いました。

私たちはサンタンデールと提携してRipple社のクロスボーダー取引を行うテストを実施しました。国境を超えた取引は依然として複雑で低速ですが、このテストでは非常に透明かつシームレスな方法で資金を送金することができました。

アメリカン・エキスプレスとサンタンデール銀行は、2017年11月からRipple社と協力してパイロットテストを行なっており、アメリカーイギリス間での取引速度を向上させることに成功しています。カリード氏は、実際にブロックチェーンを技術として扱うためにはまだ多くの取り組みを行うことが必要ではあるものの、それらの技術は非常に有望だと述べています。

さらに同氏は、未来は間違いなく"デジタル"の社会になるとも語っており、デジタルはビジネスにおける消費者と商業の両方の分野で引き続き支払いを行うための方法として使用されていくと述べています。アメリカン・エキスプレスはすでにRipple社が提供している「xCurrent」や「xRapid」を使用していると伝えられており、今後もさらに協力関係は強固なものになっていくと予想されます。

別の報告では、最近仮想通貨「XRP」をサービスに統合したばかりの「荷物預かり・保管・レンタルサービス」を提供している「Omni(オムニ)」のCEO:Tom McLeod氏もRipple社が提供する「XPring」を賞賛しています。リップルに対する賞賛の声は毎日様々なところで報告されており、今後もそういった報告は継続していくことになると考えられます。

Rippleは最近、ネム(NEM)EMURGO(エマーゴ)、Fetch.AIらと協力してEUをブロックチェーンのリーダーへと導くために「Blockchain for Europe協会」なども立ち上げています。

リップル(Ripple/XRP)の価格|2018年12月10日

リップル(Ripple/XRP)の価格は、12月8日に「1XRP=33円」近くまで下落した後、横ばいの状態となっており、2018年12月10日時点のXRP価格は「1XRP=35.55円」となっています。

2018年11月26日〜12月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2018年11月26日〜12月10日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

ドイツ初の「ブロックチェーン銀行口座」開設へ ー BitwalaとSolarisBankが提携

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

仮想通貨決済で日本商品を世界へ「ゼンマーケット」合計50銘柄に対応

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

Bakkt:業界待望のビットコイン先物「テスト開始」今後は30カ国以上に提供予定

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

サービス・商品購入でビットコインがもらえる「BTC還元プログラム」提供へ:Bitrefill

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

GMOコイン:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

Ripple:XRP Ledger「バージョン1.2.0」リリース|サーバー運用者はアップグレードを

Ripple:XRP Ledger「バージョン1.2.0」リリース|サーバー運用者はアップグレードを

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Kraken:暗号資産の売買手数料が無料になる「Fee Holiday」キャンペーンを延長

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

シンボル(Symbol/XYM)韓国大手取引所「Bithumb」に上場|価格は一時20円まで急騰

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

CoinMarketCap「トークンスワップ機能」提供開始|暗号資産の交換がより簡単に

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

非代替性トークン(Non-Fungible Token/NFT)とは?基礎知識・活用事例などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

Asics(アシックス)アバターにも利用できる「NFTシューズ」オークション販売へ

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

BINANCE:トラベルルール遵守体制強化に向け「CipherTraceのTraveler」導入

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

DeFiのための独自デフレメカニズムを持つ「EverRise(エバーライズ)」とは

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

GMOコイン:国内初「コスモス(Cosmos/ATOM)」取扱い開始|積立などでも対応

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す