タクシー運転手の副業はビットコイン販売?ロンドンで密かに話題の「Crypto Cabbie」

by BITTIMES

イギリス・ロンドンでビットコイン(Bitcoin/BTC)を購入する際には、仮想通貨ATMや取引所の他にも魅力的な選択肢がもう一つあります。匿名希望のタクシードライバーであるDave Jenkins(デイブ・ジェンキンス)氏は、暗号通貨をより簡単に購入できる方法を提供しつつ、現地の人々との交流を深めています。

こちらから読む:仮想通貨で"納税"が可能に?「イギリス」関連ニュース

ビットコインを販売する「クリプト運ちゃん」

TAXI

ロンドンのタクシードライバーであるDave Jenkins(デイブ・ジェンキンス)氏(匿名)は、ロンドン周辺の人々を目的地へと運ぶだけでなく、仮想通貨ビットコイン(BTC)の販売も行っているため、現地では「Crypto Cabbie(クリプト運ちゃん)」として知られています。

Jenkins氏は「Fastbitcoins(ファストビットコイン)」という会社が提供している"ビットコインを販売することができるタッチスクリーンデバイス"をタクシーに常備しています。Jenkins氏のタクシーを利用する人々はこのデバイスを通じてビットコインと交換できる引換券を現金で購入することができます。

ビットコインを購入する場合には仮想通貨取引所仮想通貨ATMを利用するのが一般的ですが、取引所では口座開設のための登録や身元確認を行う必要があり、ATMはどこにでもあるというわけではないため、タクシーで直接購入する方がはるかに簡単だとジェンキンス氏は説明しています。

仮想通貨を通じた「乗客とのコミュニケーション」

TAXI

DecryptMediaによると、クリプト運ちゃんは「Fastbitcoins」の創設者であるDanny Brewster(ダニー・ブリュースター)氏の"良き友"であると伝えられています。ブリュースター氏は仮想通貨に対応したPoSデバイスを世界中の小売店や企業に販売しています。

ジェンキンス氏は2017年からビットコインを販売しているとのことですが、価格の下落には特に関心を持っておらず『ビットコインを保有することだけに気を使っている』と述べています。

ジェンキンス氏からビットコインを購入したい場合にはTwitterでも連絡を取ることができます。支払いに利用できる通貨は米ドル(USD)、ポンド(GBP)、ユーロ(EUR)となっており、ビットコインの販売時間は午前9時から午後5時までとなっています。

海外映画などでは、タクシードライバーの副業としてドラッグなどを販売している風景が度々描写されていますが「次世代を走るタクシー運ちゃん」は仮想通貨を人々に販売しています。ジェンキンス氏は"ビットコイン販売サービス"を提供する世界有数のタクシードライバーですが、お金を稼ぐためにビットコインを販売している訳ではありません。

ジェンキンス氏は『私はこれでお金持ちになれるとは思わない』と認めており、単純に多くの人々との仮想通貨を通じたコミュニケーションを楽しんでいるだけであることを明かしています。しかし、たとえ大きな利益を上げることはできなかったとしても、話題性を高めるという点ではすでに大きな成功を成し遂げていると言えるでしょう。タクシー業界では日本を含めたその他複数のドライバーたちが仮想通貨決済の受け入れることを発表しており、話題となっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

Redditのフォートナイト・仮想通貨トークン、早くも「アドレス数10,000」を突破

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

BINANCE CEO:ビットコイン価格はもうすぐ「170万円」を超えると予想

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

ロンドン証券取引所グループCEO「証券のトークン化」などを検討=報道

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ビットコイン交換所マウントゴックスの「再生計画」が確定|債権者への弁済実施へ

ビットコイン交換所マウントゴックスの「再生計画」が確定|債権者への弁済実施へ

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

ビットコインは今後分裂するのか?歴史と技術から見た全記録

注目度の高い仮想通貨ニュース

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)提携のZAMA:新たな通信プロトコル「HTTPZ」を推進|暗号化時代の到来

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

シバイヌ(SHIB)は今後「300%以上」上昇する?さらに強気な価格予想も

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

STEPNとadidasが初提携、限定NFTスニーカーを発売

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

MEWが価格調整を始め、スポットライトはSlothanaへ!

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:BTC半減期記念「口座開設キャンペーン」開始

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

*Shib Name Token「パブリックアクセス」開始|今後の予定に関する報告も

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

ヴィタリック・ブテリン氏が求めるのは「より高品質で楽しいミームコイン」

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

SHIB公式パートナーのK9 Finance DAO「初代委員会メンバー11名」を発表

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

ワールドコイン:虹彩認証装置Orbで「個人情報の自己管理機能」導入へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す