仮想通貨決済で東京ー空港間の移動が可能に|ビットポイント「日の丸リムジン」と提携

by BITTIMES

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)を運営している「ビットポイントジャパン」は、タクシー事業を展開する「日の丸リムジン社」と業務提携を結び、東京都内と空港(成田・羽田)を結ぶ送迎サービスで仮想通貨決済を導入する実証実験を2018年11月6日から開始します。

こちらから読む:仮想通貨決済の普及に取り組む「BITPoint」

利用料金と対応車種

Travel-agency

今回の実証実験では、東京都内の23区から羽田・成田空港までの送迎サービスの支払い方法として仮想通貨決済を試験的に導入します。

利用料金は高速代を含めて、
成田空港まで:19,020円~37,020円
羽田空港まで:8,300円~15,600円
となっており、移動する区画によって料金が変わることになります。

車の車種は、
ハイグレードタイプ:テスラモーターズ・モデルS(乗車人員4名まで)
ミニバンタイプ:トヨタアルファード(乗車人員4~6名まで)
となっており、チャイルドシートの準備も可能、全車両禁煙となっています。

仮想通貨3銘柄に対応

BTC-pay

決済方法はビットポイントが提供する仮想通貨ウォレットアプリ「BITPointWallet」での支払いとなっており、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアム(Ethereal/ETH)
で支払いを行うことができます。「BITPointWallet」での支払いに限定されているため、利用するためには仮想通貨取引所BITPointでの口座開設・ウォレットのダウンロードが必要となります。

実施期間と利用方法

実証実験の実施期間は、2018年11月6日(火)~2019年1月6日(日)の2ヶ月間となっており、今回の実験が成功し、仮想通貨決済の導入が可能だと判断された場合は、その後もさらに提供範囲を拡大していくことが予定されています。

仮想通貨決済に対応した送迎サービスは、BITPointのシステムメンテナンス時を除いて24時間いつでも利用することが可能となっており、利用する場合には以下の日の丸リムジン公式ホームページから予約を行うことで利用することができます。
日の丸リムジン公式ホームページはこちら

日本「キャッシュレス化」2027年は現在の2倍に

mobile-payment

ビットポイントジャパンは、世界に比べると遅れをとっている日本のキャッシュレス化を加速させる取り組みを行なっています。

今月初めには、日本国内で中古車販売店を展開している「カーチス」とも提携を結んでおり、2018年11月6日までの期間で仮想通貨決済を試験導入しています。

2015年に行われた世界のキャッシュレスに関する調査では、中国が51%、米国が41%と高い割合になっているのに対し、日本のキャッシュレス比率は約18%に留まっていると報告されています。

日本政府は現在、キャッシュレス比率の引き上げに取り組んでおり、2027年には約2倍となる40%を目指す方針を打ち出しています。海外では2020年に開催される「東京オリンピック」で仮想通貨リップル(Ripple/XRP)を用いた仮想通貨決済を正式に導入することを求める声も出ているため、ビットポイントジャパンによる一連の取り組みは非常に重要なものになると考えられます。

仮想通貨決済の導入を加速しているビットポイントジャパンの新たな発表には今後も注目です。

仮想通貨決済サービスも提供している仮想通貨取引所BITPointの登録はこちらからどうぞ

仮想通貨取引所BITPointの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン決済可能なオークション開催「イタリアが世界初」

ビットコイン決済可能なオークション開催「イタリアが世界初」

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

ノルウェー航空のCEOが仮想通貨取引所の立ち上げを発表

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

CARDANO(ADA)基軸の仮想通貨取引所「IronX」パブリックセール開催中

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

仮想通貨取引所「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨取引所「Zaif」がセキュリティ対策室を設置

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨の最高値「11年後」に|機関投資家がポイント:CARDANO創設者

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

仮想通貨市場への影響は?アメリカ政府機関の閉鎖「3週間」解除へ

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

資産運用大手Fidelity:仮想通貨の「カストディサービス」3月開始の可能性

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

大学のブロックチェーン研究「世界規模で推進」Ripple社の支援プログラムに11校が参加

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が韓国の仮想通貨取引所「BIT-HI」に上場

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が韓国の仮想通貨取引所「BIT-HI」に上場

仮想通貨の購入「クレジット・デビットカード」でも可能に|BINANCEとSimplexが提携

仮想通貨の購入「クレジット・デビットカード」でも可能に|BINANCEとSimplexが提携

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

次世代型「ヘルスケア・ブロックチェーン」構築へ|医療用画像などを共有:Bitfury

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

仮想通貨ウォレット搭載「高級腕時計」年内発売へ|スイス:A.Favre&Fils

SAMSUNG:新型スマホに「仮想通貨ウォレット搭載」の可能性|実機画像がリーク

SAMSUNG:新型スマホに「仮想通貨ウォレット搭載」の可能性|実機画像がリーク

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

ブロックチェーン技術を「学ぶべき理由」インターネット社会は分散型の時代へ

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す