ビットコインがワールドカップで活気づく?ロシアの内部事情とは

by BITTIMES   

ワールドカップの開催を目前に控えているロシアの都市ではビットコイン決済が急速に普及しています。世界中から集まると予想されるサッカーファンや観光客は様々なシーンで仮想通貨でも支払いを行うことができます。ロシア当局は規制法案をまだ採用していません。

スーパーマーケットに設置されたビットコインATM

ロシアのスーパーマーケットチェーンAssortiの店舗では、現時点で少なくとも3台のビットコインATMが稼動しており、そのすべては都市のダウンタウンエリアにあるとのことです。

ビットコインATMは、ルーブル(RUB)などの現金はもちろんのこと、現地で一般的に使用されている複数の電子決済方法を受け入れています。
ビットコインの購入には6%の手数料がかかり、領収書は紙もしくは電子メールで発行されます。

ビットコインATMはロシアのBBFpro社によって設置されました。
BBFpro社は、広大な土地をもつロシアのビットコインターミナルのネットワークを維持しています。
ロシア南部最大の都市にある3台のビットコインATMは24時間365日稼働しています。

ロシアのビットコインATMが設置されている場所ロシアのビットコインATMが設置されている場所

タクシーはビットコインキャッシュも受け入れ

ロシアの港町ロストフには、ビットコイン関連のサービスが増えています。

仮想通貨に詳しいタクシードライバーたちは、モスクワの当局者が依然として仮想通貨を規制するために必要な法律を検討している間に すでにビットコインキャッシュ(BCH)による支払いを受け入れ始めていることが明らかになったようです。

地元に住む若者がソーシャルメディアで公開した写真には、タクシーのダッシュボードに貼られたステッカーが写っています。
今は既に削除されていると思われるこの写真のステッカーには次のような文章が描かれていました。

『ПринимаюоплатувБиткоин(КЭШ)』
(訳:Bitcoin Cashでの支払いも受け入れる)

この写真は単にビットコインキャッシュ決済がタクシー業界に導入されたということだけでなく、運転手が仮想通貨の支払いシステムを理解していることを表しています。
つまり、観光でロシアを訪れた人々はタクシーで移動する際におすすめの観光地をドライバーに聞くだけでなく、仮想通貨に関する知識を教えてもらうこともできます。

今年初めに行われた調査では、ロシアに住む人々の半分以上がビットコイン(BTC)について、ある程度の知識を持っていることが明らかになっています。
また別の調査では『Биткоин(ビットコイン)』というワードは、ロシアのソーシャルメディアで最も人気のある言葉であるとも発表されているとのことです。

規制はまだ保留中

ロシア当局は、成長し続ける仮想通貨や暗号化技術関連の規制法案をまだ採用していません。

State Dumaは、マイニング(採掘)やトークンセールなどの仮想通貨関連の活動を合法化する法案「デジタル金融資産について」と「仮想通貨の支払いを可能にするために国の民法を改正する法案」という2つの草案を受け入れています。

最近モスクワの閣僚は「デジタル金融資産に関する法律」草案のさまざまな側面についての懸念を表明しています。
ロシア政府はまた、この法案の改正案を提案しました。

どちらの法案もロシアが今年のFIFAワールドカップを開催する初夏までに採択されるべきであり、ロシアはサッカー選手権から20億ドルの収入を期待しています。

そのようなオプションが利用可能であれば、宿泊客は複数の仮想通貨を使用する可能性があります。
カリーニングラードのホテルはビットコイン決済に対応しており、モスクワの新しいビットコイン販売所は現金でビットコインを販売しています。
クリプトデビットカードはヨーロッパでも利用可能です。

(引用:https://news.bitcoin.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインを大量保有する「クジラ」詳細情報や影響力が明らかに ー Chainalysis

ビットコインを大量保有する「クジラ」詳細情報や影響力が明らかに ー Chainalysis

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

IOTA財団:ネットワークノードの「再起動」を完了

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

LINE子会社LVC「仮想通貨交換業者」登録を完了|BTCなど5銘柄取り扱いへ

BINANCE:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

BINANCE:仮想通貨P2P取引「ウェブサイト」でも提供開始

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

伝説の投資家Marc Faber:遂にビットコインを購入「BTCは標準になる可能性がある」

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

LINE:中央銀行デジタル通貨の「開発支援」を計画|独自技術活かしたカスタマイズCBDC

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

中央銀行デジタル通貨「サンドドル」バハマ全国で利用可能に【世界初の正式展開】

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

DMMビットコイン「1万円分のAmazonギフト券」が当たるキャンペーン開催

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

Ripple社「米国外に本社移転」の可能性|過度な暗号資産規制を問題視

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

逮捕されたマカフィー氏、スペインの刑務所から「メッセージ」発信

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

カルダノ(Cardano/ADA)の「開発者向けポータル」事前登録が可能に

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

Socios:公式SNSで使用する「ハロウィン限定プロフィール画像」のデザイン募集開始

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

FXcoin「ライトコイン(LTC)の現物取引」提供開始|取扱う暗号資産は3銘柄に

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す