ゲーム購入に使用できる仮想通貨と「マイニング報酬サービス」を発表|Razer

by BITTIMES

ゲームハードウェアメーカーであるRazer(レーザー)は、同社製品などの購入に使用できる仮想クレジットである「Razer Gold」と「Razer Silver」と、Razer Silverの採掘を行うマイニングソフト「Razer SoftMiner」を提供することを発表しました。

こちらから読む:再生可能エネルギーも有効利用「マイニング」関連ニュース

2種類の仮想クレジットと「マイニングサービス」を提供

Razer-GoldSilver

Razer(レーザー)は、2017年から「zGold」と「zSilver」という仮想クレジットを提供していましたが、サービスの質を向上させるために一時的にそれらのサービスを停止していました。今回発表された「Razer Gold」と「Razer Silver」はこれらのサービスの後継にあたります。これらの通貨は厳密には仮想通貨ではなく、ゲームの購入などに使用できる専用通貨となっています。

Razer Gold

Razer Goldは、オンラインストアや2,500種類以上のゲームの購入に使用することができる専用通貨であり、「Razer Game Store」や「GamersGate」でゲームを購入する際に使えるだけでなく、
・Bigo Live
・PUBG MOBILE
・Black Desert Online
・Mobile Legends: Bang Bang
などのPCやモバイル端末向けゲーム内でも取引に使用することができます。

Razer Silver

Razer Silverは「Razer Gold」を使用するたびに付与される報酬プログラムとなっており、付与された「Razer Silver」はRazer製品の割引や、ゲーム、ギフト券などの特典と交換することができるようになっています。さらに今回発表されたマイニングソフト「Razer SoftMiner」を使用すればRazer Silverをマイニングすることもできると説明されています。

Razer SoftMiner

Razer SoftMinerは、Razerが「GammaNow」と協力して提供しているマイニングソフトです。このソフトを購入したユーザーは、ゲームを遊んでいない時などに使用されていないGPU処理能力を利用して「Razer Silver」のマイニングを行うことができます。

Razerによると、「Razer SoftMiner」のユーザーは平均24時間毎に最大500のRazer Silverを獲得することができるとされています。

Paid to Play

Paid to Playは「Razer Cortex」というソフトウェアからゲームを起動することによって、一定時間ゲームをプレイするだけで仮想クレジットを入手することができるプログラムとなっています。Razer CortexはPCだけでなくAndroid版も提供されています。

ソーシャルメディアからの指摘

Razer-Softminer

Razer SoftMinerは発表された直後からゲーマーを中心に話題となっていますが、現在は実際にマイニングで獲得できる「Razer Silver」の枚数やそれによって受け取ることができると予想される商品についての指摘が相次いでいます。

複数のメディアの報道によると、1日500の「Razer Silver」を獲得したと想定すると、ゲームを購入するのに十分な収入を得るには196日かかることになるとされています。また、同社が提供するキーボード「Razer Huntsman Elite」を獲得するためには456日が必要となり、より高級なハードウェアを手にいいれるためにはそれ以上の日数が必要になるとされています。

しかしその一方で、このプログラムは週に5,000人に制限されており、収益はより多くの人々が参加することによって落ちる可能性があると言われているため、実際にはさらに多くの時間がかかると指摘されています。また、獲得した「Razer Silver」の有効期限は12ヶ月(365日)に設定されているため、多くのRazer Silverを集めることはできないのではないか?といった指摘も出ています。このようなことから、海外のソーシャルメディア上では実際に利用する価値があるのかどうかについての議論が行われています。

日本では今の所そのような声はあまり見られていませんが実際に「Razer SoftMiner」を使用して見たいと考えている方は海外でのレビューも参考した上で検討してみると良いでしょう。

Razer SoftMinerの詳しい情報は以下の公式ポームページからどうぞ
>Razer SoftMinerの公式ポームページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

サトシ・ナカモトがビットコインキャッシュの商標を出願?|著作権侵害を主張

Ripple(XRP):ブラジルの仮想通貨取引所「ALTEUMX」に上場

Ripple(XRP):ブラジルの仮想通貨取引所「ALTEUMX」に上場

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

仮想通貨取引所BTCEXA:リップル(XRP)を基軸通貨として取り扱い開始|オーストラリア

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

ノルウェー独自の仮想通貨CBDCとは?|北欧で進むキャッシュレス化

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

ブロックチェーンで「公的機関」のコスト削減へ ー チリ議員が決議案を提出

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

ZenCash(ZEN)に51%攻撃|価格の下落が続く

注目度の高い仮想通貨ニュース

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

初心者でも簡単「Lightning Network対応」ビットコインウォレットのβ版がリリース

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

ジブラルタルの仮想通貨取引所「GBX-DAX」リップル(Ripple/XRP)の取り扱い開始

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

米国の金融サービス改善にリップル(Ripple/XRP)活用の可能性:Uphold CEO

「サンタさん、ビットコイン価格を上げて!」ホルダーから届くクリスマスメッセージ

「サンタさん、ビットコイン価格を上げて!」ホルダーから届くクリスマスメッセージ

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

ブロックチェーン「遠隔医療サービス」を東アフリカに|国連機関がDoc.comと提携

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

Bakkt:ビットコイン先物はさらに延期?開始日「2019年初頭に明かす」と発表

市場下落するもビットコインATM業績は順調|週間売上「3,920万円」を記録:豪州

市場下落するもビットコインATM業績は順調|週間売上「3,920万円」を記録:豪州

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ビットコイン価格は今後どうなるのか?市場回復の目処は?専門家の予想をまとめ読み

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

ブロックチェーンを活用した「現金処理装置」の特許出願|バンク・オブ・アメリカ

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

【熊本県】仮想通貨が使えるキャッシュレス対応店舗一覧

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨取引所Bitrue:リップル(XRP)基軸市場に「4つのペア」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

ブロックチェーンが「農業」の未来を変革 ー トレーサビリティで食品管理をスマートに

人気のタグから探す