2019年:仮想通貨は「最高のパフォーマンス」を誇る資産に|トラビス・クリング

by BITTIMES   

仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」の創設者であるTravis Kling(トラビス・クリング)氏は『暗号資産は2019年に最高のパフォーマンスを誇る資産となる可能性がある』と語っています。同氏は国際的に進められてきた大規模な金融政策によって、多くの投資家が暗号通貨市場に参入してきていることなどを理由としてあげており、今後の市場の動きにも自信も示しています。

こちらから読む:下落が続く仮想通貨市場「ビットコイン価格」に対する著名人の見解は?

Travis Kling(トラビス・クリング)氏とは

Travis Kling(トラビス・クリング)氏は、米国のヘッジファンド「Point72 Asset Management」の元幹部でありながら、2018年10月頃に仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」を創設したことでも知られています。

同氏は以前に、2019年中頃までに暗号資産の保有額を1億ドル(約110億円)にまで増やし「Ikigai」のベンチャーファンドを3,300万ドル(約36億4,000万円)以上に拡大することを目指していることを語っています。

仮想通貨市場に参入する時期はやや遅れたものの、クリング氏は市場は縮小しているものの仮想通貨は依然として多くの投資家や専門家からの関心を集めているため今後も成長すると自信を持って語っており、現在も仮想通貨市場の将来を強く信じています。

仮想通貨市場の回復は「理にかなっている」

クリング氏は、世界規模の金融政策として進められた大規模な量的緩和(QE)が終了に近づいたことによって、伝統的な資産市場は弱気相場に突入しているものの、この動きが仮想通貨市場にとっての大きなチャンスになると語っており、伝統的な市場の減衰は多くの投資家たちを仮想通貨市場に導いた可能性があると説明しています。

同氏は、『米国市場で売りが激しさを増していることや、中国経済が悪化していることを踏まえて考えると、株式市場が底を打つ前に仮想通貨市場が底を打つことには"意味がある"』と語っており、仮想通貨市場が従来の市場よりも先に回復に向かうのは"理にかなっている"と述べています。

「Ikigai Asset Management」を創設した当時、クリング氏は『仮想通貨は数兆ドル(数百兆円)規模の資産クラスになる可能性がある』と語っています。しかしその後、仮想通貨市場の評価額は3,000億ドル(約33兆円)から1,440億ドル(約16兆円)にまで下がりました。それでもクリング氏は、過去9年間で繰り返されてきたように「仮想通貨市場の弱気市場は今後数カ月間で終わりを迎える」と確信しています。

2018年8月にクリング氏が執筆した記事には次のように記されています。

これまでの発明と同様に暗号化技術が成長していく過程で数百ドルの価値を生み出すと私は信じています。仮想通貨市場はすでに数千億ドル(数十兆円)規模に上るとの評価を受けており、それは全て始まったばかりです。私は投資家としてのキャリアを継続するために億万長者Steven A. Cohen氏のヘッジファンドである「Point72」を去ることを決定し、新しい資産クラスに足を踏み入れました。

クリング氏をはじめとする多くの仮想通貨投資家やアナリスト達は、仮想通貨市場はまだ終わっていないと確信しており、やがて弱気市場は終わりを迎えると考えています。価格の下落傾向はここ最近で再び弱まってきているため、下降トレンドは最終段階にあるとも考えられます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月26日

仮想通貨市場は、2018年12月17日頃からやや回復し始めており、現在も横ばいの状態が続いています。ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は24日に「約473,000円」まで上昇し、2018年12月30日時点では「1BTC=420,473円」で取引されています。

2018年12月16日〜30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月16日〜30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

ランキング1位のファイルコインマイニング「日本国内」でサービス開始:RRMine

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

日本政府「中央銀行デジタル通貨」本格的に検討へ|経済財政政策の基本方針に盛り込み

Apple共同創設者:暗号資産の詐欺動画問題で「YouTube・Google」に対し訴訟

Apple共同創設者:暗号資産の詐欺動画問題で「YouTube・Google」に対し訴訟

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

本田圭佑オーナーのサッカークラブ「FiNANCiE」でトークン発行【日本国内初】

注目度の高い仮想通貨ニュース

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

楽天ポイント運用サービス「ポイントビットコインby楽天PointClub」提供開始

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

ビットコインの価格上昇「1,000万円では止まらない」強気相場継続を予想:PlanB

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

人型AIロボット「ソフィア」が作成したNFTデジタルアート作品販売へ

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(Tron/TRX)がもらえる「口座開設キャンペーン」開始

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

Microsoft:ビットコイン基盤の分散型IDネットワーク「ION」を正式稼働

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す