2019年:仮想通貨は「最高のパフォーマンス」を誇る資産に|トラビス・クリング

by BITTIMES

仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」の創設者であるTravis Kling(トラビス・クリング)氏は『暗号資産は2019年に最高のパフォーマンスを誇る資産となる可能性がある』と語っています。同氏は国際的に進められてきた大規模な金融政策によって、多くの投資家が暗号通貨市場に参入してきていることなどを理由としてあげており、今後の市場の動きにも自信も示しています。

こちらから読む:下落が続く仮想通貨市場「ビットコイン価格」に対する著名人の見解は?

Travis Kling(トラビス・クリング)氏とは

Travis Kling(トラビス・クリング)氏は、米国のヘッジファンド「Point72 Asset Management」の元幹部でありながら、2018年10月頃に仮想通貨ファンド「Ikigai Asset Management」を創設したことでも知られています。

同氏は以前に、2019年中頃までに暗号資産の保有額を1億ドル(約110億円)にまで増やし「Ikigai」のベンチャーファンドを3,300万ドル(約36億4,000万円)以上に拡大することを目指していることを語っています。

仮想通貨市場に参入する時期はやや遅れたものの、クリング氏は市場は縮小しているものの仮想通貨は依然として多くの投資家や専門家からの関心を集めているため今後も成長すると自信を持って語っており、現在も仮想通貨市場の将来を強く信じています。

仮想通貨市場の回復は「理にかなっている」

クリング氏は、世界規模の金融政策として進められた大規模な量的緩和(QE)が終了に近づいたことによって、伝統的な資産市場は弱気相場に突入しているものの、この動きが仮想通貨市場にとっての大きなチャンスになると語っており、伝統的な市場の減衰は多くの投資家たちを仮想通貨市場に導いた可能性があると説明しています。

同氏は、『米国市場で売りが激しさを増していることや、中国経済が悪化していることを踏まえて考えると、株式市場が底を打つ前に仮想通貨市場が底を打つことには"意味がある"』と語っており、仮想通貨市場が従来の市場よりも先に回復に向かうのは"理にかなっている"と述べています。

「Ikigai Asset Management」を創設した当時、クリング氏は『仮想通貨は数兆ドル(数百兆円)規模の資産クラスになる可能性がある』と語っています。しかしその後、仮想通貨市場の評価額は3,000億ドル(約33兆円)から1,440億ドル(約16兆円)にまで下がりました。それでもクリング氏は、過去9年間で繰り返されてきたように「仮想通貨市場の弱気市場は今後数カ月間で終わりを迎える」と確信しています。

2018年8月にクリング氏が執筆した記事には次のように記されています。

これまでの発明と同様に暗号化技術が成長していく過程で数百ドルの価値を生み出すと私は信じています。仮想通貨市場はすでに数千億ドル(数十兆円)規模に上るとの評価を受けており、それは全て始まったばかりです。私は投資家としてのキャリアを継続するために億万長者Steven A. Cohen氏のヘッジファンドである「Point72」を去ることを決定し、新しい資産クラスに足を踏み入れました。

クリング氏をはじめとする多くの仮想通貨投資家やアナリスト達は、仮想通貨市場はまだ終わっていないと確信しており、やがて弱気市場は終わりを迎えると考えています。価格の下落傾向はここ最近で再び弱まってきているため、下降トレンドは最終段階にあるとも考えられます。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格|2018年12月26日

仮想通貨市場は、2018年12月17日頃からやや回復し始めており、現在も横ばいの状態が続いています。ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は24日に「約473,000円」まで上昇し、2018年12月30日時点では「1BTC=420,473円」で取引されています。

2018年12月16日〜30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2018年12月16日〜30日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

ビットコイン時価総額が8兆円越え「それでも株式市場の0.1%」

Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

Bakkt(バックト)ビットコイン先物商品の「詳細情報」を公開

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

アメリカで「Rippleの購入方法」に関心高まる|Google検索量でビットコインを凌駕

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

キャッシュレス化が招く「プライバシー問題」解決の鍵はビットコイン:Arthur Hayes

ビットコイン価格は2018年末までに「220万円」を超える|Thomas Lee氏の相場予想

ビットコイン価格は2018年末までに「220万円」を超える|Thomas Lee氏の相場予想

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

ブロックチェーンと地方創生 in 熊本|導入事例と可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)アカウント不要の取引所「Flyp.me」に上場

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

DApps市場レポート:TRON(トロン)ユーザー数、年初から「50%アップ」急速に増加中

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

TRON:エコシステムをさらに強化|ブロックチェーン版App Store「CoinPlay」を買収

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

アダム・ドレイパー:仮想通貨は「今後10年で法定通貨を超える」父親譲りの強気予測

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

2024年、電気通信業界のブロックチェーン市場は世界で「1,500億円規模」に

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

ブロックチェーンで「電気自動車充電ステーション」の情報管理|豪州最大の電力会社

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

プレイステーション(PS5)に「ブロックチェーン搭載」なるか?SONYの特許技術「DRM」に注目

プレイステーション(PS5)に「ブロックチェーン搭載」なるか?SONYの特許技術「DRM」に注目

Huobi Global「リップル(Ripple/XRP)先物取引」の提供開始日を発表

Huobi Global「リップル(Ripple/XRP)先物取引」の提供開始日を発表

ビットコイン価格「60万円」を突破!今後の展開、専門家たちはどう見るのか?

ビットコイン価格「60万円」を突破!今後の展開、専門家たちはどう見るのか?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す