GACKT本名で仮想通貨ICOにがっつり参戦「10年後、紙幣もなくなる世の中が訪れる」

by BITTIMES

ミュージシャンでありながら事業家の顔をもつ GACKT氏が 26日、自身の公式ブログで新仮想通貨「 SPINDLE(スピンドル)」の Asia Strategic Advisor(アジア戦略アドバイザー)として参加していることを公表しました。
GACKT氏のようなビックネームが、単に「仮想通貨に投資しています」ではなく、運営メンバーとしてしっかり関わっていることを公表したことには、業界にとって大きなメリットがあります。
今回、GACKT氏は ICO メンバーとして参加したことに対して、

「それは事業としてキッチリ最後まで、責任を持ってやり通したいという当たり前の想いと、なによりも、世の中にジレンマをかかえる多くの人たちの背中を押せる、大きな機会になるのではないかと思ったからだ。」

とブログで語っています。

GACKTと仮想通貨

GACKT氏はブログで、彼が予測する今後の日本経済の未来と彼自身が事業家として活動し続けた経緯、仮想通貨の未来と投資に対する考え等を語っています。

「唯一の手段として多くの人に仮想通貨における投資の優位性に気づいてもらうために広告塔としてではなく一事業者として本気で関わり伝えていく必要があると思ったからだ。」

単なる投資家ではなく、ICOメンバーという部分に彼の本気度が伺えます。
また本名である「大城ガクト」を公表したことも彼なりの決意なのでしょう。
同時にブログでは仮想通貨に関することだけでなく、今後の日本が歩む経済についても語られているので、一読をお勧めします。
>>GACKTオフィシャルブログ「大城 ガクト】と【 仮想通貨 】

仮想通貨SPINDLE(スピンドル)とは?

今回、GACKT氏がメンバーとして参加している仮想通貨「SPINDLE」とはどのような仮想通貨なのでしょうか?
現在、公式サイトにはホワイトペーパーが公開されていないので、まだまだどのような仮想通貨なのかは不明ですが、サイトトップに書かれていることを要約すると、
・個人投資家を支える投資・運用プラットフォーム
・投資者や運用者へ誰でもなれるフェアなシステム
・中央集権的権威から搾取される社会構造の解放
・透明性と公平性を維持した新しい社会構造
・個人に投資・運用を楽しんでもらい心と生活を豊かにするものと知ってもらう
以上の 5点に集約されるのではないかと思われます。「公平性」がキーワードになっている印象ですね。
>>「SPINDLE公式サイト
ブロックチェーンとスマートコントラクトを用いたプラットフォームと書かれているので、イーサリアムのブロックチェーンを使用した仮想通貨の可能性が高いですね。
おそらく「SPINDLE」という投資プラットフォーム上で使用できる通貨が「仮想通貨SPINDLE」なのではないかと考えられます。
ICOとして公開されるのはまだ先になりそうなので、SPINDLE の新しい情報は随時更新して行きたいと思います。
ICO重要情報
>>「ICOクラウドセールの仕組み解説「イーサリアムもここから始まった」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TokenStars ICO(トークンスターズ)未来のスーパースターを育成するコイン

TokenStars ICO(トークンスターズ)未来のスーパースターを育成するコイン

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

ビットコイン採掘(マイニング)で個人が稼ぐ方法・スマホで可能?

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)とは?新暗号通貨誕生か?

ビットコインキャッシュクラシック(BCHC)とは?新暗号通貨誕生か?

ICOバブル継続中、過去最高額250億円突破「TEZOS」

ICOバブル継続中、過去最高額250億円突破「TEZOS」

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

スイスの金融市場監督機関が ICO の規制に関するガイドラインを発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ネム(NEM/XEM)の情報サイト『NEM MAP』が話題に

ロシアの国営銀行は同国初となるICOの実証実験に取り組む

ロシアの国営銀行は同国初となるICOの実証実験に取り組む

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

ORACLE(オラクル)ブロックチェーン業界に本格的に参入

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

大和証券も仮想通貨事業参入か|市場の活性化に期待高まる

イーサリアム(ETH)の今後に関わる重要なアップグレード|Casper v0.1.0リリース

イーサリアム(ETH)の今後に関わる重要なアップグレード|Casper v0.1.0リリース

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

韓国は仮想通貨大国になれるのか?2020年キャッシュレス化計画

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

BINANCEにXRP/USDTの取引ペア追加|価格への影響は?

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す