ジョンマカフィー「リップル買え!」の真相・スマホの販売プロモーションか?

by BITTIMES

仮想通貨市場で最近話題を呼でいるセキュリティ企業McAfee創業者 John McAfee (ジョン・マカフィー氏)の Twitter アカウント乗っ取り事件ですが、
詳しく調べていくうちに「 John McAfee氏が近々販売するスマートフォンの販売戦略の一環ではないか?」という疑惑が出てきました。
現在高騰を続けるリップルが絡んでいる事件だけに、面白い内容だったので、詳しくレポートしていきたいと思います。

マカフィー砲とアカウント乗っ取りの時系列

まずは、最近話題になっている John McAfee氏が行う仮想通貨関連のツイート「マカフィー砲」の解説から行います。
マカフィー砲とは、John McAfee氏が自身の Twitter上で 12月21日から行なっていた「特定の仮想通貨に関するツイート」の呼び名です。
ジョンマカフィーのツイート画像

和訳「今日のコイン:リップルは来年コインベースで取り扱われる。買え買え買え。」

ジョンマカフィーのツイート画像
 

「今日のコイン」という見出しからスタートするこのツイートで名前が上がった仮想通貨は、その後 2倍から3倍にまで一気に価格上昇していました。

John McAfee氏のフォロワー数は 54万人を超えており、マカフィーの創業者という権威性も相まってこのような状況を引き起こしていたと考えられます。
しかし、この価格上昇は一時的なものなので、彼のツイート後に「いかに早く買えるか?」が、一部の投資家の間では話題になっていました。
海外のプログラマーの中には、 John McAfee氏のツイートを自動的に読み込んで、そこで名前が挙がった仮想通貨を自動で買い付けるプログラムを構築した強者もいるほどです。
しかし、12月27日に彼は Twitter上で、

和訳「緊急:私のアカウントはハッキングされました。Twitterに通知されました。今日のコインのツイートは私ではありません。皆さんが知っているようにもう今日のコインをやっていません!!」

と発言し、彼自身のアカウントがハッキングによってアカウントが乗っ取られていた事を公表しました。
これを受けて Twitter上で「セキュリティ企業の創業者がハッキングされるなよ!」と壮大なツッコミが飛びかっていましたが、これに対しても彼は、

意訳「私はセキュリティの専門家ですが、私はTwitterのセキュリティを制御できません。人々は私の偽のアカウント、偽のスクリーンショット、偽のレス立てを行います。私はハッカーのターゲットにされています。あなた自身で責任を取ってください。(投資は自己責任)大人の方だけでお願いします。(責任を取れない子供は何も言うな)」

と発言し、Twitter上で彼へ攻撃していた人たちを一蹴しました。
これが今回の事件の時系列です。

ジョンマカフィー氏が設計したスマートフォン

ジョンマカフィー設計のスマートフォン画像
今回ハッキングされたのは John McAfee氏が使用しているスマートフォンだと言われています。
彼はリアルタイムでハッキングされている自身のスマートフォンのスクリーンショットを公開していました。
この時点で彼はハッキングされていたことに気がついていたわけですが、その後に予防措置を行い現在は乗っ取られていた Twitterアカウントも正常に戻っていると語っています。
さて、ここからが面白いのですが、
彼は、近々発売される「 private phone(プライベート・フォン)」と名付けられたスマートフォンの設計に携わっています。
同製品は、ユーザーが使用するときのみ外部接続が可能になるように設計されています。
私たちが普段利用しているスマートフォンは、GPS機能など「私たちが使っていない時でもオンライン」の状態が存在します。
この常時接続という状態が、スマートフォンがハッキングされる原因だと考えた John McAfee氏は、「ユーザーが利用する時だけオンラインになる」製品を設計したというわけですね。
private phoneのバージョン2の発売は来年 2月の予定ですから、タイミングがかなり良すぎますね。
ここからは憶測ですが、今回のハッキング問題は新しく発売されるスマートフォンの販売戦略の一環なのではないかと思われます。
真実は本人しか分かりませんが、今回の騒動でスマートフォンのハッキング問題がクローズアップされたことは間違いありません。
ところで気になるのですが、彼が現在使用しているスマートフォンは private phone のバージョン1だったような…

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル(XRP)など3銘柄上場!タイの仮想通貨取引所「bitkub」

リップル(XRP)など3銘柄上場!タイの仮想通貨取引所「bitkub」

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

受付開始:SBIバーチャル・カレンシーズの一般口座開設がスタート

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「Freewallet」で保管可能に

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「Freewallet」で保管可能に

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

暗号通貨アクティブユーザー数300万人超え!新たな研究結果が明らかに

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

ADA XRPなど5銘柄上場:仮想通貨取引所「OKCoin」で取り扱い開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

迫る「半減期」がビットコイン価格上昇をもたらす|転換期は5月:アナリスト予想

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

仮想通貨取引を「監視可能」に|南アフリカ中央銀行が規制提案

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

照明用品の卸売業者「H&M Distributors」が仮想通貨決済に対応|アメリカ

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

LAOCON:サイバーセキュリティの新たな基盤|仮想通貨で「P2P脆弱性懸賞金制度」を実現

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

イタリアの大学2校:ブロックチェーン「学位証明書」導入へ|情報操作・偽造を防止

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

セーシェル共和国の仮想通貨取引所「Overbit」カルダノエイダコイン(ADA)取り扱いへ

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

Facebook:ブロックチェーン企業「Chainspace」を買収|研究チームをさらに強化

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

Ripple社の国際送金技術「商業銀行に使用を推奨」サウジアラビア通貨庁(SAMA)

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

Weiss Ratings:CARDANO(ADA)本格的に稼働すれば「DAppsの王者」に

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

Rippleソリューション「xRapid」の実装に成功:Euro Exim Bank

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

ブロックチェーンで「珈琲の製品情報」を共有|流通過程に透明性を:ウガンダ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す