bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

by BITTIMES

仮想通貨取引所日本最大手の bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK/LSK)の上場を発表し、1月31日から取扱いが始まっています。

1月31日の時点で 2,200円台から一時 3,600円台まで高騰しています。2月 1日 13時の時点では 2,900円台となっています。

リスクはロードマップで 2018年に数多くのプロジェクトが実現する予定を発表していたので、期待が大きい通貨でもあります。今後さらに高騰する可能性も十分ありえますので、購入を予定している方は早めに検討された方がいいかもしれません。

Lisk CEO の Max 氏は以前から日本市場参入に対して積極的でした。
以下は Max 氏のコメントです。

私たちは全世界を対象としなければならないため、対象ユーザーが多すぎることから全ての国にフォーカスすることができないと学びました。
よって特定のターゲットを絞り、その国のローカルコミュニティに根付き、そこから拡大しようとしています。
「そしてアジア市場に参入したいと望みました。個人的にも、共同創業者のオリバー・ベッドウズ氏も日本のファンなので、自然と日本のコミュニティを市場参入のターゲットに選択しました。なので私は日本に戻ってきたのです。」
日本のファンと言ってもらえるのは嬉しいかぎりですね。これからもリスクの情報を追って行きたいと思います。

リスクの取扱いを開始した bitFlyer(ビットフライヤー)はこちらからどうぞ
ビットコイン取引量高 No.1 の仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)の画像仮想通貨リスク(LISK)の取扱いが開始した仮想通貨取引所 bitFlyer はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出NEW

仮想通貨取引所Huobi(フオビ)はイギリスのロンドンへ進出

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

Binance(バイナンス)の登録方法を画像付きで解説

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

仮想通貨取引所に大きな変化?|GMOコイン驚きの黒字額は?

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

1,363億円の資金移動?コインチェック騒動のさなかに不正送金疑惑が浮上

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

新仮想通貨取引所の誕生か?「アメブロ運営会社サイバーエージェントが業界へ参入」

注目度の高い仮想通貨ニュース

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

マネックスとコインチェックの記者会見|6日午後4時から

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

仮想通貨の規制は今後どうなる?|G20首脳会議の要点まとめ

RippleがHyperledger Projectに参加

RippleがHyperledger Projectに参加

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

ビットアルゴ取引所東京サービス開始は秋を予定|ヤフー公式発表

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

IOTA財団をさらに強化する新メンバーとは?

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

イーサリアム用ASICについて|ヴィタリック・ブテリン氏

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

流出したNEMの資金洗浄が完了|その後の捜査状況は?

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す