人気サッカーゲーム「Football-Stars」にブロックチェーン機能を実装へ:Animoca Brands

by BITTIMES

ブロックチェーン人工知能(AI)を用いたゲームを開発している台湾の企業「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」は、人気のファンタジースポーツゲーム「Football-Stars」を運営しているドイツの企業「Stryking」を買収したことを2019年4月4日に発表しました。同社は「Football-Stars」にブロックチェーン機能を追加していくことを予定していると報じられています。

こちらから読む:ドラえもんなどのゲームも提供「Animoca Brands」関連ニュース

現実世界とマッチしたサッカーゲームを提供|Stryking

stryking

「Stryking」は、現実世界と仮想世界を組み合わせた革新的なゲームを開発しており、同社が提供している「Football-Stars」は現実世界に存在するサッカー選手が登場するだけでなく、実際に選手本人のパフォーマンスに基づいて、ステータスが変化するように設計されています。

同社は、このような現実世界とマッチしたゲームを実現し、すべてのクラブのロゴと選手の写真を使用する権利を得るために、ドイツでトップクラスのサッカーリーグである「Bundesliga(ブンデスリーガ)」から正式なライセンスを取得しています。

ユーザーはそれらの選手を選択して自分のサッカーチームを編集・運営することができるようになっており、ゲームでは「チャレンジモード」と「マネージャーモード」というゲームモードが提供されています。プレイヤーは自分自身で育成したチームで、
・チャンピオンズリーグ
・ヨーロッパリーグ
・ラ・リーガ
・セリエA
などの大会に挑戦することができます。

また「Stryking」は、サッカー界のレジェンドと呼ばれる元ポルトガル代表のLuís Figo(ルイス・フィーゴ)氏がアンバサダーを務めていることでも知られています。

「Animoca Brands」が株式の100%を取得

「Animoca Brands」は、自社の株式で100万ユーロ(約1.2億円)を先払いし、200万ユーロ(約2.4億円)を現金または株式で支払うことによって「Stryking」の株式の100%を取得すると発表しました。

アニモカ・ブランドは今後の予定として、ブロックチェーンゲームで一般的に使用されている代替不可能なトークン「Non-Fungible Token(NFT)」がゲームに統合されていく予定だと発表しています。これによって「Football-Stars」の今後のアップデートでは、本物のサッカー選手やクラブに基づいたNFTが発行されるとのことです。

Animoca Brandsの共同創設者兼会長であるYat Siu氏は「ファンタジースポーツは70億ドル規模の産業であり、ブロックチェーンやNFTにとって完璧なユースケースである」と語っています。

アジア地域で積極的にブロックチェーンゲームを展開している「Animoca Brands」は、日本で提供されていない海外のゲームを日本国内でリリースするためのサポートなども行なっており、今年の1月にはそれまで日本では利用できなかった「スクワットをすることによって仮想通貨リンポ(Lympo/LYM) を獲得することができるゲーム"Lympo Squat"」のリリースにも関わっています。提携や買収に関する発表が続いている「Animoca Brands」には今後も注目です。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Ripple投資部門:分散型金融(DeFi)構築に向け「Logos Network」を買収

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

Poloniex「パスワード・メールアドレス流出」について公式声明

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

バックト:仮想通貨ウォレットアプリ「Bakkt Pay」開発で元Googleの重役を雇用

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

Zaif:仮想通貨3銘柄の「取り扱い終了」を発表

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

SBI:2020年度に「仮想通貨の証拠金取引」提供開始か=日経報道

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

BitGo:機関投資家向けの「仮想通貨貸出サービス」提供開始

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

ブロックチェーン関連の国際ネットワーク「BGIN」発足|金融庁・開発者などが集結

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

仮想通貨取引所「Zaif」新規口座開設の受付再開

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

eスポーツ専用VR施設「V-RAGE」公開へ|バーチャル空間で試合観戦が可能に

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

コロナウイルス、仮想通貨・ブロックチェーン業界にも影響「サービス無償提供」の発表も

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

1BTC=1,000万円到達は「100%」Cardano創設者、暴落後も強気姿勢崩さず

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ウォレットの「種類・特徴まとめ」メリット・デメリットをわかりやすく解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す