ブロックチェーンゲーム会社「Lucid Sight」アニモカ・ブランドと提携|アジア市場進出へ

by BITTIMES   

ブロックチェーンゲームを開発しているアメリカ・ロサンゼルスのソフトウェア会社「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」は「MLB Champions」や「Crypto Space Commander」といったゲームのさらなる拡張に向けて、Animoca Brands(アニモカ・ブランド)などをはじめとする複数の著名な投資家から600万ドル(約6.6億円)の資金を調達しました。同社はアニモカ・ブランドとアジア地域での独占パートナーシップも結んでいます。

こちらから読む:話題のDAppsを多数紹介「ゲーム」関連ニュース

Lucid Sight:著名投資家から「6億円」の資金調達

lucid-sight

メジャーリーグ(MLB)やメジャーリーグベースボール選手会からの正式なライセンスを受けたMLBの公式ブロックチェーンゲーム「MLB Champions™(旧:MLB Crypto Baseball)」や、宇宙を舞台にしたMMOブロックチェーンゲーム「Crypto Space Commander」などを開発・運営している「Lucid Sight(ルシッド・サイト)」は、同社で提供しているゲームのさらなる拡張に向けて、
・Animoca Brands
・Salem Partners
・The Galaxy EOS VC Fund
・Digital Currency Group
・Breakaway Growth
・Frontier Venture Capital
などから600万ドル(約6.6億円)の資金を調達しました。

「Lucid Sight」が提供しているVR・ARゲームは「Steam、Gear VR/Oculus Rift/Daydream/PlayStation」などを含むそれぞれのプラットフォームで100万回以上もダウンロードされた実績を持っています。 同社は現在、ブロックチェーンと従来のゲームプラットフォームのギャップを埋めるの役立つ開発者用ツール「Scarcity Engine」の開発に取り組んでおり、2019年の後半にはリリースされる予定だと伝えられています。

「MLB Champions™」の開発元として知られる「Lucid Sight」は現在、多人数同時参加型オンラインゲームである「Crypto Space Commander(CSC)」の開発にも取り組んでおり、2019年中にはPC版がリリースされる予定となっています。

アジア市場進出に向け「Animoca Brands」と提携

Animoca-Brands

Lucid Sight(ルシッド・サイト)は今回、同社のブロックチェーンゲームをアジア市場に展開していくための計画の一環として、ブロックチェーン技術人工知能(AI)を用いたモバイル端末向けゲームを数多くリリースしている「Animoca Brands(アニモカ・ブランド)」との提携を結んでいます。

Formula1(F1)とも提携するブロックチェーンゲーム企業

Animoca Brands」は台湾に拠点を置いているものの「ちびまる子ちゃん/ドラえもん/きかんしゃトーマス」などといった日本の有名キャラクターが登場するゲームアプリを正式に認可を受けた上で複数リリースしており、最近では「Formula1(F1)」との提携を通じたブロックチェーンゲーム「F1 Delta Time」の開発も発表しています。

Formula1(F1)は世界的に有名なモータースポーツであり、世界180以上の国や地域で放送され、5億人以上のファンを誇っています。アニモカ・ブランドとF1の提携は日本でも話題となっており、ブロックチェーンゲーム「F1 Delta Time」のクオリティの高さにも期待が高まっています。

F1-Delta-Time

「MLB Champions™」などをアジアで販売する唯一のパートナーに

BITTIMESに寄せられたプレスリリースによると、Animoca Brandsはアジア地域で「MLB Champions™」などを含む、Lucid Sightのゲームを販売する唯一のパートナーであると伝えられています。

「MLB Champions™」は、実在する野球選手に基づいた「MLBのデジタルグッズ」をトークンとして受け取れることや、本物のMLBチームと一緒にプレイしたり、ライブMLBゲームをプレイできることなどで海外を中心に話題になっていたものの、日本語に対応してないなかったことなどによって日本国内ではあまり知られていませんでした。

「Animoca Brands」と「Lucid Sight」が提携したことによって、これらのゲームが日本でも利用できるようになるのではないかと期待されます。

MLB-Champions

Lucid Sightが提供しているブロックチェーンゲームは主に英語圏むけに提供されていましたが、アニモカ・ブランドとの提携が結ばれたことによって、今後は日本を含むアジア地域でも利用しやすいものになっていくことが予想されます。「Lucid Sight」は今回取り上げたゲーム以外にも複数のゲームを開発しているため、今後の開発や日本での展開にも期待が高まります。

「Lucid Sight」や「Animoca Brands」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Lucid Sight」の公式サイトはこちら
>「Animoca Brands」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

オンラインクレーンゲームで「NFT景品」を配布|Gaudiyが国内大手トレバと連携

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

アメリカがん協会:暗号資産で寄付募る「Cancer Crypto Fund」設立|合計8銘柄受け入れ

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

ブロックチェーン上で「デジタル乗車券」発行へ|近畿日本鉄道など5社が実証実験

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

中国が規制した仮想通貨取引所を数ヶ月以内に運営再開か?

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

バフェットランチは中止?延期?TRONマネージャー「今後の予定」について報告

BINANCEと米SEC「米顧客資産の取扱い」に関する話し合いで合意

BINANCEと米SEC「米顧客資産の取扱い」に関する話し合いで合意

注目度の高い仮想通貨ニュース

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

スターバックス:Web3報酬プログラム「Starbucks Odyssey」終了へ|次のステップに向けて

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

カルダノ(ADA)の公式商業化部門EMURGO「Huawei Cloud」と提携

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

Big Timeが「トークン販売なしで」プレシーズン中に2億3,000万ドルのNFT取引量と1億ドルの収益を記録

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

ミームネーターの調達額が700万ドルを突破、プレセールが最終段階に近づく

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

カルダノ財団「アルゼンチンのエントレ・リオス州政府」と提携

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

ビットトレード:積立暗号資産で「DOGE・SHIB・ADAなど7銘柄」サポートへ

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

チェーンリンク(LINK)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

99BTCのプレセールがスタート! 大口投資家たちが注目している革新的なLearn-To-Earnトークンとは?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す