ディーカレット:仮想通貨の「現物取引サービス」本日開始|キャンペーンも継続中

by BITTIMES

仮想通貨取引所DeCurret(ディーカレット)は、本日2019年4月16日から「仮想通貨現物取引サービス」の提供を開始します。同取引所は、アカウント登録を行なったユーザーに対して2,000円相当のビットコイン(Bitcoin/BTC)をプレゼントするキャンペーンも開催しています。

こちらから読む:仮想通貨取引所からの発表も多数「日本」国内ニュース

ディーカレットの「仮想通貨取引サービス」概要

取り扱う仮想通貨

DeCurret(ディーカレット)の「仮想通貨現物取引サービス」では、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
の4通貨の取引を行うことができます。

なお、イーサリアム(Ethereum/ETH)の取り扱いは、今年の6月〜7月頃に開始される予定となっています。

基軸通貨は「日本円とビットコイン」

それぞれの仮想通貨は、
・日本円(JPY)
・ビットコイン(BTC)
との通貨ペアが提供されているため、取引可能な通貨ペアは合計7種類となっています。

取引方法は「4種類」

利用可能な取引方法は、
・シンプル
・成行
・指値
・逆指値
の4種類です。

「スマホ向けアプリ」でも交換可能

仮想通貨取引はスマートフォン向けアプリでも行えるようになっていますが、現時点ではiOS版のみのリリースとなっています。Android向けのアプリは近日リリース予定とされているため、新しい発表を待ちましょう。

ディーカレットのスマホ向けアプリ取引画面(画像:DeCurret)ディーカレットのスマホ向けアプリ取引画面(画像:DeCurret)

DeCurret「開業記念キャンペーン」開催中

DeCurret(ディーカレット)は、2019年3月27日〜2019年6月30日までの期間で「開業記念キャンペーン」を開催しているため、対象期間中に「アカウント開設」を完了したユーザーはもれなく2,000円相当のビットコインを受け取ることができます。

また、計7種類の通貨ペア全てで取引を行なった場合には、1ペアにつき500円、つまり全通貨ペアの取引で合計3,500円相当のビットコインを受け取ることもできます。

アカウント開設の審査が終了したユーザーには「アカウント開設通知書」が順次郵送されています。すでに登録申請を行なっている方は、通知書に記載されている「アカウント開設コード」を「アカウント開設コード送信」画面に入力することによって仮想通貨の現物取引サービスを開始することができます。

なお、申請を送っているにも関わらず「開設通知書」が届いていない場合には、公式サイトからカスタマーサポートに問い合わせを行うことによって、発送状況等の確認を取ってもらうことができます。

「開業記念キャンペーン」や「仮想通貨取引サービス」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「DeCurret」の公式サイトはこちら
>>「DeCurretサービス」の詳細はこちら
>>「iOS版アプリ」のダウンロードはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

POL(ポル)無料で始められる「仮想通貨・ブロックチェーン」のオンライン学習サービス

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

暗号資産市場、次の「急成長ポイント」は?CARDANO創設者が注目する価格上昇の起爆剤

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

投資の神様、ウォーレン・バフェットが「ビットコイン(BTC)を購入しない理由」

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

仮想通貨市場:近い将来「核の冬」に突入する可能性|Civic CEO ヴィニー・リンガム

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年2月10日〜16日

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

仮想通貨取引など「ネット収入の課税逃れ」対策に専門チーム発足:国税庁

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月26日〜6月1日

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

投資可能な株式リストに「Slack(スラック)」を追加:仮想通貨ウォレットアプリAbra

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

Libraは「利益を得られないETF」ステーブルコインではないと指摘:eToroアナリスト

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

ビットコイン「100万円」突破近い|さらなる価格上昇を予想:Civic CEO

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

仮想通貨プロジェクトLibraに「大手銀行関係者」を採用|規制の懸念に対処:Facebook

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

リップル社:大手送金会社「MoneyGram」に約54億円を出資|xRapid活用も計画

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

Libra(リブラ)は「ビットコインの脅威」となるのか?市場に与える影響を考察

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

モナコイン(MONA)価格急騰中|コインチェックで取扱い開始

「EV充電スタンド」にブロックチェーン・IoT活用へ|利便性の向上図る:北海道電力

「EV充電スタンド」にブロックチェーン・IoT活用へ|利便性の向上図る:北海道電力

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

Opel・BMWの正規販売代理店が「ビットコイン決済」導入:ルーマニア

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

人気のタグから探す