確定申告の還付金「ビットコイン受け取り」が可能に|米BitPayが納税プロセス革新

by BITTIMES

仮想通貨決済サービスを手がける「BitPay(ビットペイ)」と、税金関連のサービスプロバイダーである「Refundo(リファンド)」は、「CoinRT」と呼ばれる新しいサービスを立ち上げました。このサービスを利用する米国市民は、暗号資産ビットコイン(Bitcoin/BTC)で所得税の払い戻しを受けることができます。

こちらから読む:令和元年の幕開け、今後の重要ポイントは?「ビットコイン」関連ニュース

BitPay(ビットペイ)とRefundo(リファンド)は、ビットコイン(BTC)で所得税の払い戻しを受けることができるサービス「CoinRT」を立ち上げたことを発表しました。このサービスを利用することによって、米国に住む納税者の人々は「BitPay」を通じて連邦税や州税の還付金の全部または一部をビットコインで受け取ることができます。

このプラットフォームを使用するユーザーは、初めにアカウントを作成し、ビットコインのウォレットアドレスを入力後、自分の確定申告書に入力するための固有情報を受け取る必要があります。本人確認(KYC)までの手続きを完了したユーザーは内国歳入庁(IRS)または州による払い戻しが行われた際に「BitPay」による処理が行われた後に、登録した仮想通貨ウォレットでBTCによる税還付を受け取ることができます。

RefundoのCEOであるRoger Chinchilla(ロジャー・チンチラ)氏は、ビットコインの利点を理解するユーザーが増えることによって、ビットコインを重視する人も増加してくると考えており『払い戻しの全額または一部を簡単にビットコインを受け取れるようにすれば、現在市場に参加していない多くの傍観者たちはすぐに市場に参加できるようになる』と説明しています。

「CoinRT」は、単純にビットコインで払い戻しを受けることができるだけでなく、節約するための方法としても機能すると伝えられています。銀行やデビットカードなどを通じて送金を行う際には追加の費用が必要となるため、ビットコイン還付金を受け取ることができる環境を構築することによって余計な費用を抑えることができます。

アメリカオハイオ州は昨年11月末からビットコインで税金を納税できるサービスが開始されており、こちらのサービスも「BitPay」を通じて行われる仕組みとなっています。今回新たに税金の還付金をビットコインで受け取れるようになったことは、オハイオ州の人々が「ビットコインで納税し、ビットコインで還付金を受け取ることができるようになった」ことを意味します。

日本でも参議院議員であり経済評論家でもある藤巻健史氏などが、暗号資産の税制を変更するための取り組みを続けていますが、アメリカなどの国々では日本とは違った形で税金関連の取り組みが行われています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会NEW

ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

IOTAを活用した電気自動車充電ステーションをリリース|オランダ

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

ブロックチェーンで「スニーカーの偽造品販売」を防止|中国ファッション大手:YOHO!

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

金融庁:仮想通貨ICO規制さらに明確化|2019年には「金融商品取引法」など改正へ

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

匿名ブラウザ「Tor」仮想通貨9銘柄による寄付を受入れ|多くのユーザーが要望

注目度の高い仮想通貨ニュース

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

XRP(リップル)の「取引量・支払い回数」などが急増|SWELL目前でネットワーク活発化

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

自然災害対策として「デジタル通貨発行」を計画:バハマ中央銀行(CBOB)

【ビットコイン価格予想】2回以上のバブルを超えて将来的には「100万ドル」に:Bobby Lee

【ビットコイン価格予想】2回以上のバブルを超えて将来的には「100万ドル」に:Bobby Lee

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

Cardano Shellyテストネット:ステークプール登録数、わずか2日で「100」を突破

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

Telegram投資家:TONブロックチェーン「公開時期の延期」に合意=Forbes報道

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

1BTC=8,000ドル以下なら「ドルコスト平均法」が最適な投資手法:仮想通貨ファンド創設者

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

中国広州市「コイン発行しないブロックチェーン」を支援|150億円規模のファンド設立へ

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

コカ・コーラ:製品の「サプライチェーン管理」にブロックチェーン技術活用

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

PayPayとMoneyTapが業務提携|Ripple技術用いた「チャージ事業」展開へ

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

Bakkt:ビットコイン先物の「オプション取引」提供へ|サービス開始日も発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す