暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

by BITTIMES

仮想通貨市場では長い間大幅な価格変動が続いており、これまでにも複数の専門家たちが「ビットコイン(Bitcoin/BTC)は死んだ」といったコメントを語ってきました。価格の面から見ると、急激な下落によって投資家離れが起こっているようにも見られがちですが、長年に渡って世界中の人々に愛用されている「Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)」のユーザー数は"右肩上がり"で急速に増加しています。

こちらから読む:マイクロチップやアプリなど「ウォレット」関連ニュース

ブロックチェーンウォレット利用者は「右肩上がり」

仮想通貨の価格は昨年大幅な下落が見られましたが、仮想通貨ウォレットの数は市場の浮き沈みに関係なく着実に増加し続けています。弱気市場の間もウォレット数は増加を続けていましたが、ここ最近でもさらにユーザー数が増加し続けていることが報告されています。

様々な業界の市場データを提供している「Statista」が公開しているデータによると、仮想通貨が誕生して以来非常に多くの人々に愛用されてきた代表的なウォレットである「Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)」のユーザー数は、2016年第1四半期には670万人だったのに対して、2019年第1四半期には3,460万人にまで急増していることが示されています。

Statistic: Number of Blockchain wallet users worldwide from 1st quarter 2016 to 1st quarter 2019 | Statista(画像:Statista

また「Blockchain Wallet」を提供している「Blockchain.com」のデータでは、ウォレットのユーザー数が増加していることが明確に示されており、2011年11月29日から2019年5月1日までのチャートは、はっきりとした"右肩上がり"となっています。

(画像:blockchain.com)(画像:blockchain.com

このデータでは、2019年5月1日時点のユーザー数は「36,684,160人」となっており、約2年前のユーザー数である「13,439,324人」から3倍近くまで増加していることが示されています。特に今年の4月頃からは増加の勢いが強まっている傾向も見られるため、今後はさらにユーザー数が増えていくことが予想されます。

仮想通貨ウォレットは目的に応じて「使い分け」を

仮想通貨を保管するウォレットには様々な種類があります。
「Blockchain.com」が提供している「Blockchain Wallet」では、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ステラ(Steller/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
などを保管することができるようになっており、"信頼性の高いウォレット"として非常に多くのユーザーに愛用されています。

また、世界中の様々な企業によってスマートフォン向けに提供されているウォレットアプリを使用すれば、より気軽に仮想通貨を管理することができ、アプリによっては日本の店舗で決済手段として仮想通貨を使用することができるものの存在します。

しかし、インターネットに接続されているウォレットはハッキングの危険性もあるため、長期的に保管しておきたいと考えている仮想通貨は、インターネットに接続されていない、
・Ledger(レジャー)
・Trezor(トレザー)
などのハードウェアウォレットを使用すると良いでしょう。

当メディアではこれまでにも様々なウォレットを紹介してきているので、ウォレットをお探しの場合は過去記事も参考にされて見てください。

ハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

NFT×ブランドアイテムのマーケットプレイス「Dali」公開へ|現物との交換も可能

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが完了|今後どうなる?

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

【Socios&Chiliz】日本人選手所属シント=トロイデンVVの「STVファントークン」発行へ

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

米大手証券会社「Interactive Brokers」暗号資産4銘柄の取引サービス開始

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

Moonstake:学ぶ&稼ぐ暗号資産投資プラットフォーム「MoonWealth」を発表

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

XANA:日韓スターが共演するアニメ「FLAGLIA」をメタバース&NFTゲーム化

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

コインチェック:先着100名に1万円相当のBTC「暗号資産入金キャンペーン」開催へ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

XANAメタバース「CryptoNinja」のNFTゲームリリースへ|NFTDuel第三弾IPコラボ

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

カルダノ創設者「FTX破綻は分散化・準備金証明の絶対的な必要性を示すもの」

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

ロシア・プーチン大統領「ブロックチェーン用いた国際決済システムの構築」を呼びかけ

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

BINANCE:暗号資産取引所「FTX.com」の買収で合意|FTT価格は700円台まで急落

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

ビットバンク:アバランチ(Avalanche/AVAX)取扱いへ|上場記念キャンペーンも

DMMビットコイン「LINK・MKR」取扱いへ|現物&レバレッジ取引でサポート

DMMビットコイン「LINK・MKR」取扱いへ|現物&レバレッジ取引でサポート

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

BitDAO:Alamedaに「BITトークン保持の証拠」求める|アラメダCEOからの回答も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す