暗号資産ウォレット利用者、右肩上がりに急増|令和元年時点で「3,600万人」突破

by BITTIMES

仮想通貨市場では長い間大幅な価格変動が続いており、これまでにも複数の専門家たちが「ビットコイン(Bitcoin/BTC)は死んだ」といったコメントを語ってきました。価格の面から見ると、急激な下落によって投資家離れが起こっているようにも見られがちですが、長年に渡って世界中の人々に愛用されている「Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)」のユーザー数は"右肩上がり"で急速に増加しています。

こちらから読む:マイクロチップやアプリなど「ウォレット」関連ニュース

ブロックチェーンウォレット利用者は「右肩上がり」

仮想通貨の価格は昨年大幅な下落が見られましたが、仮想通貨ウォレットの数は市場の浮き沈みに関係なく着実に増加し続けています。弱気市場の間もウォレット数は増加を続けていましたが、ここ最近でもさらにユーザー数が増加し続けていることが報告されています。

様々な業界の市場データを提供している「Statista」が公開しているデータによると、仮想通貨が誕生して以来非常に多くの人々に愛用されてきた代表的なウォレットである「Blockchain Wallet(ブロックチェーンウォレット)」のユーザー数は、2016年第1四半期には670万人だったのに対して、2019年第1四半期には3,460万人にまで急増していることが示されています。

Statistic: Number of Blockchain wallet users worldwide from 1st quarter 2016 to 1st quarter 2019 | Statista(画像:Statista

また「Blockchain Wallet」を提供している「Blockchain.com」のデータでは、ウォレットのユーザー数が増加していることが明確に示されており、2011年11月29日から2019年5月1日までのチャートは、はっきりとした"右肩上がり"となっています。

(画像:blockchain.com)(画像:blockchain.com

このデータでは、2019年5月1日時点のユーザー数は「36,684,160人」となっており、約2年前のユーザー数である「13,439,324人」から3倍近くまで増加していることが示されています。特に今年の4月頃からは増加の勢いが強まっている傾向も見られるため、今後はさらにユーザー数が増えていくことが予想されます。

仮想通貨ウォレットは目的に応じて「使い分け」を

仮想通貨を保管するウォレットには様々な種類があります。
「Blockchain.com」が提供している「Blockchain Wallet」では、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ステラ(Steller/XLM)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
などを保管することができるようになっており、"信頼性の高いウォレット"として非常に多くのユーザーに愛用されています。

また、世界中の様々な企業によってスマートフォン向けに提供されているウォレットアプリを使用すれば、より気軽に仮想通貨を管理することができ、アプリによっては日本の店舗で決済手段として仮想通貨を使用することができるものの存在します。

しかし、インターネットに接続されているウォレットはハッキングの危険性もあるため、長期的に保管しておきたいと考えている仮想通貨は、インターネットに接続されていない、
・Ledger(レジャー)
・Trezor(トレザー)
などのハードウェアウォレットを使用すると良いでしょう。

当メディアではこれまでにも様々なウォレットを紹介してきているので、ウォレットをお探しの場合は過去記事も参考にされて見てください。

ハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

ビットコイン関連書籍でも異色の「SF小説」

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

Chiliz関連ファントークン:ラテンアメリカ最大の取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【Socios&Chiliz】試合結果に基づいて「合計40,000$PSGのバーン」を実施

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

【速報】ビットコイン価格「300万円ライン」到達|今後予想される動きは?

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットコイン価格:2021年1月「420万円超え」の可能性も?Peter Brandt氏予想

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

ステラ(XLM)の価格上昇続く|リップル訴訟問題に伴う下落トレンドを脱出

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す