仮想通貨ハードウォレット「Ledger nano X」登場|モバイルアプリにBluetooth接続可能

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレットを製造しているLedger(レジャー)は、新製品「Ledger Nano X」をリリースすることを発表しました。同社は2019年1月16日にモバイル端末向けアプリ「Ledger Live Mobile」を公開することも予定しており、これら2つの製品はBluetoothで接続することができると説明されています。

こちらから読む:初心者に優しい「Lightning Network」対応ウォレットが登場

Ledger NanoXの購入はこちら

モバイルアプリで「資産管理・取引」がさらに簡単に

仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger(レジャー)」の開発を手がけているLedger社は、先日アメリカ・ラスベガスで開催された「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で同社の新製品となる「Ledger Nano X」を発表しました。

この新製品は「Bluetooth機能」でモバイルアプリと接続することができるようになっているため、同社が2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開することを予定している「Ledger Live Mobile」に接続して、仮想通貨を監視したり、取引を行ったりできるようになると説明されています。

従来のハードウェアウォレットは、基本的に資産保護のツールとして使用されていたため、送金や取引を行う際にやや使い辛いという問題がありましたが、今回の新製品はスマートフォンと「Leder nano X」をBluetoothで接続して簡単に資産管理や送金を行うことができるようになっているため、操作性や利便性が大きく向上しています。

仮想通貨「100種類」を保管可能

「Leder nano X」は、セキュリティが強化されている他、メモリ容量も増加しているため、一度に100種類の仮想通貨を管理できるようになっているとされています。なおデバイス自体は1,000種類以上のトークンに対応しており、操作性を向上させるためにデバイス自体の画面サイズもやや大きめに設定されているとのことです。

「Bluetooth接続を採用することによって"安全性"が低下するのではないか?」という疑問に対してLedger社は、『Bluetooth接続は、公開鍵などの公開データの送信にのみ使用されるようになっており、秘密鍵は含まれていないためセキュリティは堅牢である』と説明しています。

具体的な金額はまだ発表されていないものの、これまで主力製品として世界中で140万台以上出荷されてきたという「Ledger nano S」の価格が引き下げられると伝えられています。

「Leder nano X」は2019年1月7日から予約注文を受け付けており、出荷時期は今年3月だと伝えられています。モバイルアプリ「Ledger Live Mobile」は2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開されます。

ハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

Starbucks:仮想通貨決済オプション「Bakkt Cash」を追加

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:現金プレゼント・手数料割引など「7つのキャンペーン」を同時開催

急加速する仮想通貨の資産化|今市場に起きている変化とは?

急加速する仮想通貨の資産化|今市場に起きている変化とは?

トロン(TRX)Google Chrome向け仮想通貨ウォレット「TronPay」公開

トロン(TRX)Google Chrome向け仮想通貨ウォレット「TronPay」公開

IOTA財団:トリニティウォレットの「シード移行ツール」公開

IOTA財団:トリニティウォレットの「シード移行ツール」公開

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

ビットポイント「Apple Watchアプリ」公開|暗号資産の価格・チャートを簡単確認

注目度の高い仮想通貨ニュース

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

米高級ホテル「Kessler Collection」仮想通貨決済に対応|BTC・ETHなど8銘柄

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

ブルームバーグターミナル「Cardano/ADA」の情報を追加

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

マインクラフトで使えるVtuberNFT「YouTubeライブでエアドロップ」CryptoGames

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

米タイヤ・ホイール販売業者「DOGEなどの仮想通貨決済」に対応

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ビットポイント:トロン(TRX)取扱記念「年率100%!貸して増やすキャンペーン」開始

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す