仮想通貨ハードウォレット「Ledger nano X」登場|モバイルアプリにBluetooth接続可能

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレットを製造しているLedger(レジャー)は、新製品「Ledger Nano X」をリリースすることを発表しました。同社は2019年1月16日にモバイル端末向けアプリ「Ledger Live Mobile」を公開することも予定しており、これら2つの製品はBluetoothで接続することができると説明されています。

こちらから読む:初心者に優しい「Lightning Network」対応ウォレットが登場

Ledger NanoXの購入はこちら

モバイルアプリで「資産管理・取引」がさらに簡単に

仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger(レジャー)」の開発を手がけているLedger社は、先日アメリカ・ラスベガスで開催された「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で同社の新製品となる「Ledger Nano X」を発表しました。

この新製品は「Bluetooth機能」でモバイルアプリと接続することができるようになっているため、同社が2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開することを予定している「Ledger Live Mobile」に接続して、仮想通貨を監視したり、取引を行ったりできるようになると説明されています。

従来のハードウェアウォレットは、基本的に資産保護のツールとして使用されていたため、送金や取引を行う際にやや使い辛いという問題がありましたが、今回の新製品はスマートフォンと「Leder nano X」をBluetoothで接続して簡単に資産管理や送金を行うことができるようになっているため、操作性や利便性が大きく向上しています。

仮想通貨「100種類」を保管可能

「Leder nano X」は、セキュリティが強化されている他、メモリ容量も増加しているため、一度に100種類の仮想通貨を管理できるようになっているとされています。なおデバイス自体は1,000種類以上のトークンに対応しており、操作性を向上させるためにデバイス自体の画面サイズもやや大きめに設定されているとのことです。

「Bluetooth接続を採用することによって"安全性"が低下するのではないか?」という疑問に対してLedger社は、『Bluetooth接続は、公開鍵などの公開データの送信にのみ使用されるようになっており、秘密鍵は含まれていないためセキュリティは堅牢である』と説明しています。

具体的な金額はまだ発表されていないものの、これまで主力製品として世界中で140万台以上出荷されてきたという「Ledger nano S」の価格が引き下げられると伝えられています。

「Leder nano X」は2019年1月7日から予約注文を受け付けており、出荷時期は今年3月だと伝えられています。モバイルアプリ「Ledger Live Mobile」は2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開されます。

ハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

IOTA(MIOTA)公式ウォレット「Trinity(トリニティ)」公開【日本語対応】

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

セキュリティ対策|仮想通貨ハッキングの手口まとめ

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

仮想通貨が稼げる「駐車場情報共有アプリ」を発表:自動車部品大手Continental

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年5月5日〜11日

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

ジョン・マカフィー氏のセキュリティに挑む15歳の少年現る|賞金は2,750万円へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

ドラッグディーラーに対し「ビットコイン1,700万円相当」の没収判決:米裁判所

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

Abra:投資可能な仮想通貨「200種類以上」追加へ|ステーブルコインもサポート

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

Poloniex:アジア太平洋地域向け仮想通貨取引所「Pwang.com」を新設

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

デビットカードによる仮想通貨購入が可能に:Binance US

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

SBI北尾社長:XRPの需要拡大に向けた「今後の計画」などについて説明

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

家計簿アプリ「Zaim」とコインチェックが連携|仮想通貨の残高管理が可能に

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

ブロックチェーン活用した「仮想発電所(VPP)」を大規模展開:Power Ledger×Powerclub

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す