仮想通貨ハードウォレット「Ledger nano X」登場|モバイルアプリにBluetooth接続可能

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレットを製造しているLedger(レジャー)は、新製品「Ledger Nano X」をリリースすることを発表しました。同社は2019年1月16日にモバイル端末向けアプリ「Ledger Live Mobile」を公開することも予定しており、これら2つの製品はBluetoothで接続することができると説明されています。

こちらから読む:初心者に優しい「Lightning Network」対応ウォレットが登場

Ledger NanoXの購入はこちら

モバイルアプリで「資産管理・取引」がさらに簡単に

仮想通貨ハードウェアウォレット「Ledger(レジャー)」の開発を手がけているLedger社は、先日アメリカ・ラスベガスで開催された「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で同社の新製品となる「Ledger Nano X」を発表しました。

この新製品は「Bluetooth機能」でモバイルアプリと接続することができるようになっているため、同社が2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開することを予定している「Ledger Live Mobile」に接続して、仮想通貨を監視したり、取引を行ったりできるようになると説明されています。

従来のハードウェアウォレットは、基本的に資産保護のツールとして使用されていたため、送金や取引を行う際にやや使い辛いという問題がありましたが、今回の新製品はスマートフォンと「Leder nano X」をBluetoothで接続して簡単に資産管理や送金を行うことができるようになっているため、操作性や利便性が大きく向上しています。

仮想通貨「100種類」を保管可能

「Leder nano X」は、セキュリティが強化されている他、メモリ容量も増加しているため、一度に100種類の仮想通貨を管理できるようになっているとされています。なおデバイス自体は1,000種類以上のトークンに対応しており、操作性を向上させるためにデバイス自体の画面サイズもやや大きめに設定されているとのことです。

「Bluetooth接続を採用することによって"安全性"が低下するのではないか?」という疑問に対してLedger社は、『Bluetooth接続は、公開鍵などの公開データの送信にのみ使用されるようになっており、秘密鍵は含まれていないためセキュリティは堅牢である』と説明しています。

具体的な金額はまだ発表されていないものの、これまで主力製品として世界中で140万台以上出荷されてきたという「Ledger nano S」の価格が引き下げられると伝えられています。

「Leder nano X」は2019年1月7日から予約注文を受け付けており、出荷時期は今年3月だと伝えられています。モバイルアプリ「Ledger Live Mobile」は2019年1月16日に「Google Play」と「iTunes」で公開されます。

ハードウェアウォレットLedger NanoXの購入は以下の公式代理店からどうぞ。

Ledger NanoXの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

楽天ウォレット:仮想通貨「証拠金取引サービス」開始|専用スマホアプリも公開

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「UFC」の公式ファントークン6月発売へ

Moonstakeウェブウォレット:Cardano(ADA)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウェブウォレット:Cardano(ADA)の「ステーキング」に対応

旅行予約大手Expedia:ビットコイン還元アプリ「Lolli」と提携

旅行予約大手Expedia:ビットコイン還元アプリ「Lolli」と提携

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

注目度の高い仮想通貨ニュース

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

メタバース開発企業「Dvision Network」エンジン(Enjin/ENJ)の技術を採用

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

暗号資産取引所Bitgate(ビットゲート)「オンライン本人確認」に対応

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Amazon「デジタル通貨・ブロックチェーンのプロダクト責任者」を募集

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

Daymak:電気自動車「Spiritus」で仮想通貨マイニング開始|収益レポートも公開

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

BINANCE「株式トークン取引サービス」終了へ|売却・精算は10月15日まで

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

EMURGO:カルダノDAppsとYoroi Walletを繋ぐ「dApp Connector」提供へ

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

米金融大手Capital International「約100万株のMicroStrategy株」を購入

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

資産裏付型STOで「SBI証券・野村證券・三菱UFJ信託銀行・ケネディクス」の4社が協業

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

【Chiliz&Socios】サッカーポルトガル代表の「$PORファントークン」本日販売開始

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

BINANCE CEO「地域ごとの本部設立」を計画|規制準拠に向けた5つの取り組みも

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説NEW

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す