ブロックチェーン活用した「住宅ローン」サービス提供へ|Ethereumで家をトークン化

by BITTIMES

フィンテック(Fintech)関連の事業を手掛けているスタートアップ企業である「Fluidity(フルイディティ)」は、アメリカのカリフォルニア州とニューヨーク州でイーサリアム(Ethereum/ETH)の技術を活用した住宅ローンサービスを開始することを発表しました。このサービスは、家をトークン化するものとなっており、複数の面で潜在的なリスクや懸念点に対処することができると伝えられています。

こちらから読む:大手企業や著名人が積極的に活用「イーサリアム」関連ニュース

イーサリアム(ETH)を活用した「住宅ローン」

フィンテック関連のスタートアップ企業である「Fluidity(フルイディティ)」は、カリフォルニア州とニューヨーク州で初めてイーサリアム(ETH)の技術を用いた住宅ローンを提供する計画を発表しました。Coindeskの報道によると、このサービスは今年の夏に開始される予定だと伝えられています。

「Fluidity」が提供する住宅ローンは、仮想通貨とスマートコントラクトを使用してバックエンドの管理を行います。

同社のチーフアーキテクトであるTodd Lippiatt(トッド・リピアット)氏は、このプロジェクトが家をトークン化することにすることによってトークンの担保として使用することを説明しており、『Fluidityは現在「MakerDAO(メイカーダオ)」の分散型ステーブルコイン「DAI(ダイ)」のローンのような、イーサリアムを中心とした貸付プラットフォームとの提携を模索している』と語っています。

効率的に複数のリスクを削減

イーサリアムをベースとしたステーブルコインは、未だに安定性と流動性の面で課題を抱えていますが、「Fluidity」が提供する住宅ローンでは、不動産の借り手も売り手も直接仮想通貨に触れるわけではないため、リスクを軽減することができると説明されています。

Lippiatt氏は、同社の役割について「分散型システムの内部作業に対処すること」だと説明しています。融資を受ける個人は法定通貨で支払いを行い、Fluidityはリスクプロファイルを扱います。

「Fluidity」の住宅ローンを使用して不動産を借りる人々は、取引を行う際の「信用情報」や「個人データ」などといったオンラインローンで必要となるものを提出する必要があります。それらの情報を管理する「Fluidity」は、住宅ローンをトークン化した形で反映させるためのスマートコントラクトを作成すると説明されており、最終的にはローンが「AirSwap」のような取引所を通じて証券として売却される可能性があると伝えられています。

全体的に見るとこれらのプロセスは従来の住宅ローンによく似ていますが、リピアット氏はFluidityが提供する住宅ローンは「中央銀行の政策」や「政治的な影響」を受けることなく、より簡単に低コストな料金設定を提供することができると説明しています。

当社提供する方法は、国内中央銀行の政策や政治的影響などの外的要因とは対照的に、取引の本質的な信用によってのみ決定されるより良い価格設定を提供します。

ブロックチェーン活用した「不動産取引」は日本でも

ブロックチェーン技術を用いて不動産をトークン化する取り組みは世界各地で進められており、今年4月には北海道のニセコにある2つの物件がブロックチェーン上で取引されたことも報告されています。

仮想通貨やブロックチェーン技術を使用すれば、様々な面でコストを削減するだけでなく、取引記録を安全に保管することもできるため、不動産の分野ではこれらの技術を積極的に取り入れる動きが見られ始めています。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

仮想通貨業界の「自主規制団体」立ち上げを提案|米国商品先物取引委員会・理事

著名トレーダーのイーサリアム(ETH)価格予想|2023年は上昇・下落が続く?

著名トレーダーのイーサリアム(ETH)価格予想|2023年は上昇・下落が続く?

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

バイデン氏当選確実報道で「ビットコイン急落」今後予想される影響は?【米大統領選挙】

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

「女性のためのステーブルコイン」発行へ|BINANCE・Tron・Rippleなど「47社」が協力

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

学生支援団体「ブロックチェーン教育連盟」発足|Tron・Emurgo・NEMなどが参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

Jasmyの新たな技術活用報告|クラウド勤怠管理システム「勤労の獅子」と連携開始

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

SBI VCトレード:国内初「FLRステーキングサービス」提供開始|記念キャンペーンも開催

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

GMOコイン:法人口座で「暗号資産の預入・送付」が可能に|税制上のメリットも

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

P2P取引が利用不可に?金融庁「仮想通貨取引所への不正送金対策強化」を要請

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

Twitter創業者も支援する分散型SNS「Bluesky」ついに一般公開|仮想通貨関係者も支持

柴犬レストランWelly「Shibarium活用した売上記録・追跡ボット」を導入

柴犬レストランWelly「Shibarium活用した売上記録・追跡ボット」を導入

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

BNB(BNB)、Pullix(PLX)、Celestia(TIA)|市場アナリストの価格予測

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Bitwise:現物ビットコインETF「BITB」のウォレットアドレス公開【米国初】

Bitwise:現物ビットコインETF「BITB」のウォレットアドレス公開【米国初】

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

米国政府がシルクロード関連のBitcoin1億3000万ドルを売却へ、賢いトレーダーが下落相場で購入するミームコインとは?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

BINANCE「本人確認(KYC)情報漏洩の噂」について説明|自分でできる対策は?

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ETFの登場は避けられない「XRP ETFも歓迎」リップル社CEO

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す