日米欧の大手銀行「仮想通貨」発行を計画|ブロックチェーンで海外送金を効率化

by BITTIMES

日本・米国・欧州の大手銀行が協力して、ブロックチェーン技術を活用した電子通貨を発行し、海外送金を効率化することを計画していることが日本経済新聞の報道で明らかになりました。このデジタル通貨は「USC(ユーティリティ・セトルメント・コイン)」と呼ばれています。

こちらから読む:国内銀行の通貨発行迫る「デジタル通貨」関連ニュース

日米欧の金融機関「14行」が出資

日米欧の大手銀行は、2019年5月に「エフナリティ・インターナショナル」を設立しました。今回明らかにされた電子通貨はこの「エフナリティ・インターナショナル」が発行するものであり、通貨の名前は「USC(ユーティリティ・セトルメント・コイン)」と呼ばれています。

「エフナリティ・インターナショナル」には、
スイス
・UBS(ユービーエス)
・Credit Suisse(クレディ・スイス)
イギリス
・Barclays(バークレイズ)
アメリカ
・State Street(ステート・ストリート)
日本
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
など日米欧の14の金融機関が共同出資していると伝えられています。

ブロックチェーン用いた電子通貨「USC」

「USC(ユーティリティ・セトルメント・コイン)」には、ブロックチェーン技術(分散型台帳技術)が使用されており、顧客から預かる資産が通貨の裏付けになっているとされています。

日本から米国に送金する場合には、
①日本の銀行が中央銀行の当座預金にお金を預ける
②エフナリティがそのお金に対応する「USC」を発行
③「USC」を用いて米国の金融機関が持つ口座とやり取りする
④米国の金融機関は受け取った「USC」に相当する米ドルを顧客口座に入金
といった手順が取られることになります。

一般的な仮想通貨は価格が常に変動していますが、「USC」を用いた場合には為替レートの違いだけが反映されます。「USC」を用いた国際送金では即時決済が可能であるため「お金を送金している間に為替レートが動く」というリスクを抑えることができるとのことです。また、仲介業者をなくすことによって国際送金の取引手数料を減らすことができるとも説明されています。

2020年末には1通貨目を発行予定

エフナリティは「USC」と紐づけられた形の専用口座を各国・各地域の中央銀行に設けることを構想しており、今後は中央銀行との話し合いを本格的に進めて「ドル・ユーロ・ポンド・円・カナダドル」に対応していくことを検討するとともに、2020年末までには1通貨目を発行する予定だとされています。

ビットコイン(BTC)エックスアールピー(XRP)などの仮想通貨は、中央銀行のシステムを介さない国際送金手段として近年注目を集めていますが、「USC」はシステムの効率を高めることによって顧客サービスの向上を図るとされています。

USCは、個人が取引できる通貨ではありませんが、実用化されれば国際送金がより便利なものになると期待されます。

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

仮想通貨による「給与支払い」が合法に|課税方法のガイダンスを公開:ニュージーランド

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

ビットポイント社長:仮想通貨流出に関する「謝罪動画」を公開

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

株主優待で「ビットコイン贈呈」へ:マネックスグループ

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

Ripple for Good:教育や金融関連の「社会問題支援プログラム」を開始 ー リップル社

BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

BINANCE:独自ブロックチェーン・分散型取引所(DEX)のテストネット「2月20日」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

宝くじゲーム開発に向けたハッカソンで「チェーンリンク」と提携:コロラド州

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

BINANCE:ドイツの投資会社「CM-Equity」と提携|サービスの提供範囲拡大へ

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

Huobi Japan:新規上場する暗号資産を決める「投票アンケート」開始|日本初の銘柄も

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

Huobi Japan「日本セキュリティトークン協会(JSTA)」に賛助会員として入会

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

リップル社:地域別オンラインイベント「Ripple Swell Regionals」本日から開催へ

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

ビットコイン「28,000ドルへの急騰」を予想|2万ドルは抵抗線にならない:Max Keiser

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

【Twitter乗っ取り事件】主犯格の「17歳少年」逮捕|米司法省は3人を訴追

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

BTCV価格:50,000円台に突入|南アフリカの暗号資産取引所「ChainEX」にも上場

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

EMURGO:Cardanoステーキング採用促進に向け「Moonstake」と提携

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

Chainlink×Stake Technologie「プラズムネットワーク」上の分散オラクル構築へ

Chainlink×Stake Technologie「プラズムネットワーク」上の分散オラクル構築へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す