中央銀行デジタル通貨「CBDC」世界40行以上が発行を検討|ブロックチェーンの有用性調査へ

by BITTIMES   

ブロックチェーンは今や世界各国の中央銀行にも注目されています。世界経済フォーラム(WEF)は2019年4月3日に公開したレポート中で、現時点でも既に40以上の銀行が「Blockchain」や「分散型台帳技術(DLT)」の活用方法や「中央銀行デジタル通貨(CBDC)」の発行に向けた調査・研究を行なっていると報告しています。

こちらから読む:中央銀行が研究に取り組む「ブロックチェーン技術」とは?

中央銀行における「ブロックチェーン技術」の有用性

世界経済フォーラム(WEF)が2019年4月3日に公開したレポートによると、現在世界の40以上の銀行が「ブロックチェーン技術の活用方法」や「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」についての調査・研究を行なっているとされています。

報告によると、これらの銀行は「支払いプロセスの効率化」や「サイバーセキュリティの問題解決」などに取り組むためのブロックチェーン研究プロジェクトやテストを行なっていると説明されており、分散型元帳で発行され、ピア・ツー・ピア(P2P)で取引できるCBDCを発行することによって「より速く、コスト効率の高い取引が可能になる」とされています。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)のメリット

CBDCがもたらす利点としては、顧客確認(KYC)やアンチマネーロンダリング(AML)などの対策を強化することによって、脱税や汚職、不法取引などを削減することができる点などが挙げられており、将来的に現金の使用量が大きく減少した際にCBDCは重要な役割を果たすことができるとも説明されています。

現金の使用量が劇的に減少する将来において、CBDCは潜在的に重要な役割を果たすことができます。

政策または消費者の嗜好にかかわらず、国内における現金の使用および利用可能性が極端に低いか存在しない場合、CBDCは潜在的に市民を支援する可能性があります。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)のデメリット

またCBDCに潜む欠点としては、
・トランザクションの拡張性
・鍵の管理
・トランザクション速度
・CBDCを採用していない人々の財務的排除の可能性
などといった、ブロックチェーン技術の課題を考慮する必要があると説明されており、銀行の混乱が起こることによって財政が不安定になる可能性があることなどが挙げられています。

分散型台帳技術(DLT)のユースケース

中央銀行における分散型台帳技術(DLT)のユースケースとしては、
・銀行間証券決済
・決済システムの回復力と緊急時対応
・債券発行およびライフサイクル管理
・顧客確認とアンチマネーロンダリング
・情報交換とデータ共有
・貿易金融
・現金サプライチェーン
などといった複数の項目が挙げられています。

CBDC発行に取り組む世界の中央銀行

複数の国の中央銀行は、すでに「ブロックチェーン技術」や「分散型台帳技術(DLT)」に基づいた支払いシステムの開発に向けた取り組みを行なっています。

カンボジア国立銀行もその中の一つであり、2017年4月という早い時期から日本のフィンテックベンチャーである「ソラミツ」が開発したブロックチェーン技術を用いて開発に取り組んでいることが報告されていました。

また、東カリブ中央銀行(ECCB)も2019年3月に「ブロックチェーン技術を活用した中央銀行デジタル通貨を導入する」と発表しており、2021年の実用化に向けて開発と実証実験を進めています。

最近の報道では、パキスタン国立銀行も2025年までに独自のデジタル通貨を発行する計画を発表しており、2030年までには完全にこのデジタル通貨を実装する予定であることを発表しています。

ブロックチェーン技術を活用した「独自のデジタル通貨」の発行に取り組んでいる国は非常に増えており、これらの国々の他にもフランスやノルウェーなどでも研究が進められています。今後は再び回復する兆しが見え始めてきた仮想通貨への関心とともに各国が発行する中央銀行デジタル通貨(CBDC)への注目もさらに強まっていくことになると予想されます。

>世界経済フォーラム(WEF)が公開したレポートはこちら(PDF)

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

BLOCKCHAIN.COM:仮想通貨取引所で「トルコリラ」をサポート

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

Coinbase:暗号資産データ分析プラットフォーム「skew」を買収

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

宇宙ゴミ問題解決へ|イーサリアム基盤の衛星追跡アプリ「TruSat」を発表:ConsenSys

Gate Group:仮想通貨取引所「Gate HK」設立に向け香港でライセンス申請

Gate Group:仮想通貨取引所「Gate HK」設立に向け香港でライセンス申請

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

カルダノ基盤トークンを売買できる分散型取引所「SundaeSwap」ベータ版公開

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

オランダのサッカークラブPSV「ビットコインを保有し続けている」と判明

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

仮想通貨取引所ビットフォレックス「公式サイト閲覧不可」に|出口詐欺を疑う声も

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

1.5兆ドル運用の米資産運用会社「現物イーサリアムETF」を申請|申請企業は8社に

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「イーサリアム・ポリゴン」に対応|JPYCなど複数の仮想通貨をサポート

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

OKCoinJapan:エイプコイン(ApeCoin/APE)取扱いへ

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

最大2,000円相当のビットコインがもらえる「口座開設キャンペーン」開始:ビットポイント

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

タカラトミーの鉄道玩具「プラレール」初のNFT販売開始|JR九州NFTとコラボ

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

暗号資産損益計算のクリプタクト「友達招待プログラム」提供開始

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ミームコインの累積取引高が400億ドル超え|新星ミームネーターに注目が集まる

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

ビットコイン価格「8,000,000円」突破|マイクロストラテジーの買い増し報告も

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

BINANCE「Jupiter(JUP)の新規上場」を発表|大手取引所の上場発表続く

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

Coincheck INO「ディライズラストメモリーズ」のドールNFT販売へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す