ゴールドマンサックス「独自仮想通貨」発行の可能性|CEOが語る金融業界の今

by BITTIMES   

Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)のDavid Solomon(デービッド・ソロモン)CEOは、フランスのメディア「Les Echos」とのインタビューの中で、ブロックチェーン技術を用いた独自仮想通貨の発行を検討していることを示唆しました。同氏はこの他にも、規制や銀行がこれからどうなっていくか?関する考えも語っています。

こちらから読む:Facebookの"Libra"は暗合資産に該当しない?「仮想通貨」関連ニュース

全ての金融機関は「スムーズな決済手段の可能性」を模索

世界的に有名な大手銀行は、ブロックチェーン技術や仮想通貨を用いて決済や送金を処理する方法を模索しており、米国の大手銀行であるJPMorgan Chase(JPモルガン・チェース)が今年2月に発行した独自仮想通貨「JPMコイン」も世界中で大きな話題となりました。

ソロモンCEOは、フランスのメディア「Les Echos」とのインタビューの中で、ブロックチェーン技術が決済手段として幅広く利用され始めてきていることを語り、「ゴールドマンサックスもそのような流れに乗り遅れることのないよう、トークン化に関する幅広い研究に取り組んでいる」と語りました。

「JPMコイン」のような独自仮想通貨を発行する計画はあるか?と尋ねられた同氏は、どのプラットフォームが普及することになるかを語るには時期尚早ではあるものの、世界中のすべての主要な金融機関が「トークン化」や「ステーブルコイン」そして「スムーズな決済手段の可能性」を検討していると思うと回答しています。

Facebookが発表した仮想通貨Libra(リブラ)について尋ねられた同氏は、詳しいコメントを語ることはできないものの、Libraの取り組みは「興味深いものだ」と語り、そのような最先端技術を用いたものが"決済システムが向かう道"だと述べています。

「規制の必要性」や「銀行の立場」について

業界がさらに前進するために「もっと規制が必要だと思うか?」という問いに対しては、『世界中の規制当局は何が起こっているのかを監視していると思う』と回答し、規制の変更があることは確かだとの考えを語っています。

また「Libraなどの仮想通貨が誕生することによって、銀行が消える可能性はあるか?」という質問に対しては、『そのようなものの影響で銀行が消えるとは思わないが、確かに支払いフローに関連する取引は収益性が低くなるため、それらは進化する必要がある』と語っています。

仮想通貨は「既存の金融システムの在り方を大きく変えることになる」と以前から言われていましたが、Facebookなどの大手企業がこの業界に参入してきたことによって、その可能性はさらに高まっていくとの考えが一般的になりつつあります。

最近では、大手仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が独自の仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)を使用することによって、約1,330億円の価値を「送金時間1.1秒、手数料1.62円」で移動したことが報告されています。

"送金手段"としての仮想通貨の利便性は急速に高まってきているため、伝統的な金融機関は早い段階で「独自仮想通貨を発行する」などといった何らかの対応策を取っていくことになると予想されます。

>>インタビューの全文は「Les Echos」の公式サイトをどうぞ

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

TENSET(テンセット)Everdomeのメタバース土地を取得|新たなゲーム内映像も公開

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

メタマスク:拡張機能版ウォレットで「プライバシー関連のアップデート」実施

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

マルタ議会がブロックチェーン規制の3法案を可決

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

日本銀行:中央銀行デジタル通貨のパイロット実験「2023年春」開始の可能性=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

カルダノ(ADA)「2024年の最優秀レイヤー1ソリューション賞」を受賞

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

イーサリアムOS搭載スマホ「ethOS Phone」一般向け販売開始

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

ユニボット保有者の撤退相次ぐ、日本の投資家がビットボットプレセールに注目?

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

MarketAcross、Republic Cryptoと提携|マーケティングと成長戦略のアドバイザリーを強化

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

GMOコイン:新規口座開設でビットコインがもらえる「暗号資産デビュー応援キャンペーン」開始

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

Symbol活用のNFTDriveEX「アトミックスワップv1」リリース|SHIBもサポート

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

4月に注目したいソラナ系・イーサリアム系の新しいミームコインとは?

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

dHealth Network(DHP)「COSMOS版のブロックチェーンエクスプローラー」が登場

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「ADA・SHIB・BTC」などの注目記事

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す