仮想通貨決済企業Circle社CEO「バフェットランチ」参加へ

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏と伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏の昼食会に、仮想通貨決済技術会社Circle(サークル)社のCEOであるJeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏が参加することが明らかになりました。

こちらから読む:Operaブラウザが"TRX"に対応「Tron/TRX」関連ニュース

Circle社CEO「Jeremy Allaire氏」の参加が決定

仮想通貨決済技術会社Circle(サークル)社のCEOであるJeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏は2019年7月19日、トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏に自身がバフェット氏とのランチに参加することを伝えました。

こんにちは、ジャスティン。来週あなたやウォーレン・バフェット氏と仮想通貨について話し合えることを光栄に思います。私をカウントに入れてください。

仮想通貨は現在、世界的にも主要な政策課題です。バフェット氏が理解すべきことも、私たちが彼から学ぶべきこともたくさんあります。

Jeremy Allaire(ジェレミー・アレール)氏は仮想通貨業界でも著名な人物の一人であり、CNBCなどの主流メディアなどにも出演して仮想通貨業界のことを語っています。

アレール氏は大胆な価格予想を語ったりするような人物ではないものの、仮想通貨業界が将来的に大きく成長することには自信を持っており、昨年末には『3年後のビットコイン価格は現在価格よりも確実に値上がりしているだろう』と語っています。

「仮想通貨業界はビットコイン(BTC)だけが"一人勝ち"するような世界ではなく、その他多くの仮想通貨と共に発展していく」と考えている同氏は、今後は不動産自動車芸術品などといった世界中の様々なものがトークン化されることになるだろうとも語っています。

もう一人の参加者が語る「食事会の目的」

バフェット氏との食事会は、2019年7月25日にサンフランシスコ・ジャクソン広場にあるミシュラン3つ星レストラン「Quince(クインス)」で行われる予定となっており、アレール氏の他にはライトコイン(LTC)の開発者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が参加することも決定しています。

リー氏は最近行われたインタビューでバフェット氏を説得する計画について尋ねられた際に「今回のランチは"バフェット氏が仮想通貨を支持するように説得すること"が目的なのではなく、"メディアでの露出を高めて仮想通貨の展望を人々に伝えるためのPR"のようなものである」ということ語っています。

バフェット氏を説得することは不可能です。彼はテクノロジー関連のものには投資していないので、ビットコインには投資していないし、投資することもないでしょう。これは全くもって驚くべきことではありません。

ジャスティン・サン氏は先日、米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領をランチに招待していますが、今のところ「トランプ大統領が参加する」といった発表は行われていないため、これまでに決定した参加者はサン氏を含めて3人になります。

同氏は現在「バフェット氏に質問してほしいこと」も募集しているため、何かアイデアがある方は投稿してみるのも良いでしょう。

ウォーレンバフェットランチまであと7日!どんな質問があるか以下のコメント欄で教えてください。一番良かった質問を検討してみます!🚀

同日は食事後の記者会見も行われると発表されているため、今後の新たな発表には注目です。

2019年7月19日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格はここ最近の下落に伴い、先日17日に2円台にまで下落しましたが、現在はやや回復してきており、2019年7月19日時点では「1TRX=2.72円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年7月5日〜2019年7月19日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年7月5日〜2019年7月19日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

XRP保有者に対するSpark(FLR)付与「配布比率の詳細」を発表:Flare Networks

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

米国・欧州の機関投資家「80%が暗号資産に関心」金融大手Fidelity調査報告

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

リップル(Ripple/XRP)が仮想通貨ウォレット「EO.Finance」で保管可能に

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

スイスの小売店「85,000店舗」に仮想通貨決済導入へ|Bitcoin SuisseがWordlineと提携

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

スティーブ・ウォズニアック:ブロックチェーン基盤の省エネ会社「Efforce」を共同設立

注目度の高い仮想通貨ニュース

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

TAOTAO「XRPの現物取引サービス」提供へ|レバレッジ取引の証拠金としても利用可能

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

ウクライナ:暗号資産の取引・保有・交換などを「合法化」議会で法案可決

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

カルダノ(ADA)スマートコントラクト機能の「メインネット実装日」が確定

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

エルサルバドル「ビットコイン法」正式に施行|BTC価格は下落傾向

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

ディーカレットの暗号資産自動積立「毎日500円」から積立可能に|ETH・XRPにも対応

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

DMMビットコイン:XLM・BCH・LTCの「現物取引サービス」提供へ

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

NFTStudio:NFT無料配布サービス「NFTAirdrop」提供開始

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

カルダノとイーサリアムを繋ぐ「ERC20コンバーター」今週テストネットに登場

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

ビットフライヤー「Braveアカウント連携でBATがもらえるキャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す