全面経済制裁でビットコイン取引量「過去最高」に|ベネズエラへの米国圧力続く

by BITTIMES

米国のDonald Trump(ドナルド・トランプ)大統領がベネズエラに全面経済制裁を科す大統領令を出したことによって、ベネズエラでは再びビットコインの取引量が急増しています。直接ビットコインの取引を行うことができるBTC取引所「LocalBitcoins」のベネズエラにおける取引量は過去最高値を更新しており、現地のビットコイン価格は10万円ほど割高になっていると報告されています。

こちらから読む:130万円到達後に急落「ビットコイン」関連ニュース

ベネズエラのBTC価格「10万円近く」割高に

Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は2019年8月5日、ベネズエラに全面経済制裁を科す大統領令を出したことを発表しました。この大統領令は「現在米国内にあるベネズエラ政府の資産」や「今後米国内に送られる資産」だけでなく「米国人が所有・管理するベネズエラ政府の資産」も全て凍結するという内容となっており、これらの資産は「送金・支払い・持ち出し・引き出し・取引」などが禁止されると報告されています。

ベネズエラはすでにハイパーインフレに直面しており、国際通貨基金(IMF)は「ベネズエラのインフレ率は2019年末までに10,000,000%に達する」と予想していますが、米国からの新たな経済制裁はベネズエラの経済危機をさらに悪化させると予想されます。

このような現状に苦しんでいるベネズエラの人々は自らの資産を保護するために資産をビットコインと交換しており、これによって同国のビットコイン取引量は高まり続けています。

今回の発表が行われた結果、P2P取引プラットフォーム「LocalBitcoins」のベネズエラでのBTC取引量は過去最高値を更新しており、現地のビットコイン価格は約1,000ドル(約10.6万円)ほど割高になっていると報告されています。

(画像:coin.dance)(画像:coin.dance

暫定大統領グアイド氏は「ビットコイン推進派」

トランプ大統領は、社会主義のNicolás Maduro(ニコラス・マドゥロ)大統領を「キューバの操り人形」などと批判しており、経済的・外交的圧力を急激に高めていますが、その一方でトランプ政権は野党指導者であるJuan Guaido(フアン・グアイド)氏を支持しており"暫定大統領"として認めています。

グアイド氏は「ビットコインに前向きな人物」でもあり、2014年8月にはビットコイン取引所「Plataforma Sur Bitcoin」の開始を発表しています。この取引所はベネズエラの人々が現地の通貨を使用してビットコインを取引することができる最初の取引所の1つでもありました。

ロシア中国・トルコ・イラン・北朝鮮・シリアなどのアジア諸国はマドゥロ大統領を支持しているものの、アメリカカナダオーストラリアEUイスラエル日本・北中南米諸国などはグアイド氏を支持しています。

米国からの経済制裁が今後も続くのであれば、ベネズエラのビットコイン需要はさらに高まっていくことになるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

リップル:中東最大級「ナショナルコマーシャル銀行」と提携|約540万人の送金を支援

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

仮想通貨、決済手段としての使用率は「1%未満」オーストラリア中央銀行が報告

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

Libraテストネット:プロジェクト数は「30以上」に|プレメインネットも公開

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

CARDANO:企業向けブロックチェーン製品「ATALA」を発表:IOHKとエチオピア政府が協力

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコインが使えるお店2017年で2万店舗を超える可能性も!

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

ビットコイン流通量の60%は「長期投資目的」残りの40%は?=Chainalysis調査報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

アメコミ大手「DC Comics」NFT市場への参入機会を模索|既存のNFTにも言及

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

コンセンサス・ベイス「3Dアバター特化型のNFT売買基盤」提供開始|ソフトバンクも協力

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

イラスト作品のNFTを発行できる「NFT Studio」3月22日公開へ|クレカ決済にも対応

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

金融庁:暗号資産取引業協会に「トラベルルール早期導入のための体制整備」を要請

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

日本銀行「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の連絡協議会」を設置|民間事業者も参加

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

OKCoinJapan「ビットコイン建て現物取引サービス」提供へ|新たに4通貨ペアを追加

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す