ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の拡張性や処理速度、手数料などの問題を解決する技術「Lightning Network(ライトニングネットワーク)」のコーダーでもあるオーストラリアのソフトウェアプログラマーRusty Russell(ラスティ・ラッセル)氏は、2019年8月30日に「ライトニングネットワークでユーザーの資金喪失を招く可能性のある、様々なセキュリティ上の問題が見つかった」と報告しました。

こちらから読む:著名アナリスト、買いのタイミングを語る「ビットコイン」関連ニュース

Rusty Russell(ラスティ・ラッセル)氏は、2019年8月30日のツイートでビットコインのライトニングネットワーク(Lightning Network/LN)に重要な脆弱性が見つかったことを報告し、早急にアップグレードを実施するよう求めました。

同氏は具体的に、
「c-lightning 0.7.1」以前の全てのバージョン
「lnd 0.7」以前の全てのバージョン
「eclair 0.3」までのバージョン
に脆弱性が見つかったと指摘しています。

ライトニングノードをアップグレードしてください!
c-lightning<0.7.1、lnd<0.7、eclair<=0.3の脆弱性

ラッセル氏は「Linux Foundation」のドメインで公開したメッセージの中で『セキュリティの問題は、さまざまなLightningプロジェクトで発見されている』と報告しており、これらの脆弱性は資金喪失の問題を引き起こす可能性があると指摘しています。

現時点では脆弱性の詳細についての説明は行われていないものの、同氏はその詳細を4週間後(2019年9月27日)に公開すると説明しており、それまでにアップグレードを行うよう求めています。

Lightning Networkは「ビットコインを素早く、安い手数料で送金することができる技術」として注目を集めており、ビットコインの実用性向上につながると期待されていますが、まだ比較的新しい技術でもあるため、さらなる改善が必要です。

しかし、多くの企業はこの技術の将来性に期待しており、今年6月には「リクルート(RECRUIT)」もLightning Network対応のビットコインウォレットを提供しているイスラエル企業に出資を行なっています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

消費税増税に伴い「各種手数料」を引き上げ:仮想通貨取引所コインチェック

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

BINANCE:証拠金取引に「XRP/ETH」の通貨ペアを追加

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

【PSGトークン価格急騰】パリ・サンジェルマン「チャンピオンズリーグ準決勝」進出へ

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

CryptoGames「Astar Network(ASTR)」と提携|2022年春にDapps公開へ

仮想通貨でサッカーファンと選手を繋ぐ「Socios.com」プロモーション動画を公開

仮想通貨でサッカーファンと選手を繋ぐ「Socios.com」プロモーション動画を公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

中国国営テレビの「暗号資産ニュース」が話題に|香港の新ルール導入について報道

BinanceUS「米ドルの入出金・取引停止」を発表|米SECの命令で銀行がサポート停止

BinanceUS「米ドルの入出金・取引停止」を発表|米SECの命令で銀行がサポート停止

大型イベント「Oasys Special Event」京都で開催へ|新作ゲーム・新Verseを発表予定

大型イベント「Oasys Special Event」京都で開催へ|新作ゲーム・新Verseを発表予定

ファイルコインは有価証券ではない「Protocol Labs」が米SECの主張に反論

ファイルコインは有価証券ではない「Protocol Labs」が米SECの主張に反論

HEXAメタバース:複数の機能を追加した「メタバースβ版 2.0」リリース

HEXAメタバース:複数の機能を追加した「メタバースβ版 2.0」リリース

Opening Line:マイクロソフトの特別支援プログラム「ISV Success Program」に採択

Opening Line:マイクロソフトの特別支援プログラム「ISV Success Program」に採択

1BTC以上保有するビットコインアドレス数「100万」を突破

1BTC以上保有するビットコインアドレス数「100万」を突破

東京ハッシュ:貸暗号資産サービスで「コスモス(ATOM)」取扱開始

東京ハッシュ:貸暗号資産サービスで「コスモス(ATOM)」取扱開始

コスプレトークンで支払える「COT Pay」提供開始|鮨屋 桜坂 渡利で利用可能に

コスプレトークンで支払える「COT Pay」提供開始|鮨屋 桜坂 渡利で利用可能に

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

米証券取引委員会(SEC)BINANCEとCZ氏を提訴|バイナンス側からの反論も

ADAで中小企業を支援|スイスのフィンテック企業「Acredius」がカルダノの技術採用

ADAで中小企業を支援|スイスのフィンテック企業「Acredius」がカルダノの技術採用

LINE BITMAX:ステラルーメン(XLM)の信用取引が可能に|合計7銘柄に対応

LINE BITMAX:ステラルーメン(XLM)の信用取引が可能に|合計7銘柄に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

XDC Network(XDC)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PancakeSwap(パンケーキスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

PROJECT XENO・GXEとは?基本情報・特徴・取扱う暗号資産取引所などを解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

Uniswap(ユニスワップ)とは?特徴や機能をわかりやすく解説

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

価格上昇で注目が集まるミームコイン「PEPE」とは?基本情報・特徴など

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

クリプトGPT(CryptoGPT/GPT)とは?基本情報・特徴などを解説

人気のタグから探す