Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

by BITTIMES

仮想通貨「Libra(リブラ)」の裏付けとなっている"通貨バスケット"の具体的な内容と比率がドイツのメディア「SPIEGEL ONLINE」の報道で明らかになりました。報道によると、バスケット全体の半分は米ドル(USD)が占めており、日本円(JPY)の割合は14%だとされています。

こちらから読む:スイスで"決済事業ライセンス"取得へ「Libra」関連ニュース

日本円の比率は14%、米ドルは全体の50%に

Libra(リブラ)は、複数の国の法定通貨や国債で構成される"通貨バスケット"によって価値が裏付けられたステーブルコインであることが明らかにされていましたが「通貨バスケットの具体的な内容としては、どの国の通貨が何%の割合を占めているのか」については明らかにされていませんでした。

しかし、ドイツのメディアである「SPIEGEL ONLINE」の報道によると、Facebook(ファイスブック)はドイツ連邦議会の左翼党に属するFabio De Masi(ファビオ・デ・マシ)議員からの要請を受けて「具体的にどのような割合で通貨バスケットを構成すべきか」について語ったとされています。

ファビオ氏によると、Libraの通貨バスケットの割合は、
米ドル=50%
ユーロ=18%
円=14%
ポンド=11%
シンガポールドル=7%
となっており、各国の現金と国債で構成されると伝えられています。

これまでの報道では、中国の法定通貨である「人民元」は"Libraの通貨バスケットには含まれない"とされており、バスケットの半分は米ドルが占めることになると伝えられていたため、今回明らかになった割合はこれらの報道内容とも一致しています。

Libraはこのような複数の法定通貨をバスケットに組み込むことによって通貨の価値を安定させており、仮想通貨の問題点の1つとしてあげられる"激しい値動き"などの課題を解決していますが、Libraを問題視する意見は現在も数多く出ており、最近ではフランスドイツなどが「Libraの開発を認めることはできない」という見解を示しています。

しかし、Libra協会のジェネラルディレクターであるBertrand Perez(バートランド・ペレス)氏は、複数の懸念を解決していく意思を語っており、「2020年にLibraを公開する」という目標に向けて現在も取り組みを進めていることを語っています。

>>「SPIEGEL ONLINE」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

【Chiliz/CHZ】大手取引所「CoinDCX」でインドルピー(INR)との取引が可能に

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

ビットコインボルト(BTCV)の価格上昇続く|約3ヶ月間で「14倍」に

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

Huobi Japan:6月上場予定の「フォビトークン(HT)」に関する紹介ページを公開

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

カタパルト実装に前進!NEM財団「最新ウォレットアプリ」開発パートナー企業を発表

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

リップル(XRP)で動画コンテンツを収益化|ストリーミングサービス「Cinnamon」公開へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

アメリカで最も仮想通貨フレンドリーな州は「カリフォルニア州」Crypto Head調査

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Levante UDの「$LEVファントークン」本日取引開始

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

SEBC「シンボル(XYM)」取扱い開始|フォロー&リツイートキャンペーンも開催

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

double jump.tokyo「ビットフライヤー・LINEグループ」とNFT事業で協業

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドル:ビットコイン法定通貨化に先立ち「合計400BTC」を購入

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

コインチェック:NFT事業でファッションブランド「TOMO KOIZUMI」と連携

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

SEBC「1,000円相当のADAが全員もらえる」お祝いメッセージキャンペーン開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

Cardano(ADA)スマートコントラクト機能導入に前進|テストネットで「Plutus」展開

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

LINE BITMAX Wallet:NFTマーケットβ版に「二次流通機能」を実装

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

友人紹介で報酬がもらえる仮想通貨取引所まとめ|付与条件・金額なども

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す