Libraの通貨バスケット「日本円など5銘柄」で構成か|内容と比率が明らかに

by BITTIMES

仮想通貨「Libra(リブラ)」の裏付けとなっている"通貨バスケット"の具体的な内容と比率がドイツのメディア「SPIEGEL ONLINE」の報道で明らかになりました。報道によると、バスケット全体の半分は米ドル(USD)が占めており、日本円(JPY)の割合は14%だとされています。

こちらから読む:スイスで"決済事業ライセンス"取得へ「Libra」関連ニュース

日本円の比率は14%、米ドルは全体の50%に

Libra(リブラ)は、複数の国の法定通貨や国債で構成される"通貨バスケット"によって価値が裏付けられたステーブルコインであることが明らかにされていましたが「通貨バスケットの具体的な内容としては、どの国の通貨が何%の割合を占めているのか」については明らかにされていませんでした。

しかし、ドイツのメディアである「SPIEGEL ONLINE」の報道によると、Facebook(ファイスブック)はドイツ連邦議会の左翼党に属するFabio De Masi(ファビオ・デ・マシ)議員からの要請を受けて「具体的にどのような割合で通貨バスケットを構成すべきか」について語ったとされています。

ファビオ氏によると、Libraの通貨バスケットの割合は、
米ドル=50%
ユーロ=18%
円=14%
ポンド=11%
シンガポールドル=7%
となっており、各国の現金と国債で構成されると伝えられています。

これまでの報道では、中国の法定通貨である「人民元」は"Libraの通貨バスケットには含まれない"とされており、バスケットの半分は米ドルが占めることになると伝えられていたため、今回明らかになった割合はこれらの報道内容とも一致しています。

Libraはこのような複数の法定通貨をバスケットに組み込むことによって通貨の価値を安定させており、仮想通貨の問題点の1つとしてあげられる"激しい値動き"などの課題を解決していますが、Libraを問題視する意見は現在も数多く出ており、最近ではフランスドイツなどが「Libraの開発を認めることはできない」という見解を示しています。

しかし、Libra協会のジェネラルディレクターであるBertrand Perez(バートランド・ペレス)氏は、複数の懸念を解決していく意思を語っており、「2020年にLibraを公開する」という目標に向けて現在も取り組みを進めていることを語っています。

>>「SPIEGEL ONLINE」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

金融庁は「ビットコイン・Lightning Network」の支持者|Anthony Pompliano氏が報告

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

「ビットコインを世界の単一通貨に」Apple共同設立者の純粋な望み

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

Socios.com:イタリア・プロサッカー「Inter(インテル)」とスポンサー契約か

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

貸し暗号資産サービス「HashHubレンディング」正式リリース|BTC・ETHなどに対応

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

ビットコイン先物の公開「非常に近い」Bakkt親会社ICEのCEOが発言

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

バハマ:中央銀行デジタル通貨「2020年後半」に公開か

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

Cardano基盤のDEX「SundaeSwap」イールドファーミング機能の提供開始

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

ドージコインで「ステーキング」が可能に?イーサリアム共同創設者と提案作成

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

米ペイパル:独自のステーブルコイン「PayPal Coin」を検討=Bloomberg報道

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

SEBC:国内初の「対面本人確認」開始|新規口座開設の時間を大幅短縮

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

OKXが「取引量世界ランキング第2位」にランクイン|クロスプラットフォームサービスプロバイダーとしてブランド再編成

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

OpenDAO:OpenSea利用者に「SOSトークン」を無料配布

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

NFT・Play-to-Earn機能実装のサッカークラブ育成ゲーム「Blockchain Football」開発へ

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Rakuten NFT:初の販売コンテンツは「ULTRAMAN」のNFTに決定|2月25日サービス開始

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

Samsung:Cardano基盤の気候ソリューション「Veritree」と提携|環境問題に取り組む

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

BINANCE:暗号資産Visaカード発行する「Swipe」の発行済み株式を取得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディープコイン(DEAPcoin/DEP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す