Libraよりも「監視外の仮想通貨」を警戒している|スイス規制当局の責任者が発言

by BITTIMES

スイス金融市場調査局(FINMA)の責任者であるMark Branson(マーク・ブランソン)氏が「仮想通貨Libra(リブラ)よりも"当局の監視外で密かに進行している仮想通貨プロジェクト"のことを警戒している」と語ったことがロイターの報道で明らかになりました。同氏は「私たちはLibraのようなプロジェクトを妨げるためにいるわけではない」と語っています。

こちらから読む:IBM幹部、Facebookとの協力に前向き「Libra」関連ニュース

未知のプロジェクトの「急速な発展」を懸念

仮想通貨Libra(リブラ)に対しては、世界各国の規制当局や政府関係者から批判的な意見が相次いでいますが、スイスの金融規制当局である「スイス金融市場監督機構(FINMA)」は、Libraに対して否定的な考えは有していないようです。

ロイターの報道によると、FINMAの責任者であるMark Branson(マーク・ブランソン)氏は、Libraプロジェクトよりも「監視の外で仮想通貨プロジェクトが開発されること」を懸念していると語ったとされています。

私は、金融システムのどこか片隅で開発されるプロジェクトがサイバー空間で広がり、止めれられなくなることを強く懸念しています。

Libraの運営主体である「リブラ協会(Libra Association)」はスイスの都市ジュネーブに本拠地を構えているため、FINMAが定める規制を遵守する必要がありますが、Libra協会はこれまでの発表の中でFINMAの規制に基づいた上で"決済サービス提供者"としてのライセンスを取得していく意思を語っているため、FINMAとしてはルールに基づいてサービスを提供しようとしているLibraをそれほど懸念していないと考えられます。

仮想通貨Libraには「中立な立場」で対応

ブランソン氏は、Libraには厳しい"マネーロンダリング防止法"に加えて、銀行に適用されるのと同じ厳格な規制の下でサービスを提供することが求められているものの、必要以上に余計なハードルをLibraに課すようなことはしていないと説明しています。

私たちはそのようなプロジェクトを不可能にするためにここにいるのではありません。「同じリスクには同じルールを適用する」という考え方でオープンな姿勢で対応します。われわれの規則と基準は交渉の余地がありません。

Libraに対しては現在も他方から様々な意見が寄せられているため、Libra協会に参加している企業からもその将来を不安視する意見が多数出ていると報告されていますが、FacebookやLibra協会の幹部などは、今後も現在求められている規制に対応しながら2020年の公開に向けて取り組んでいく意思を語っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

新型コロナウイルスで「デジタル通貨」導入が進む?フィリピン大手銀行CEOが予想

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

ビットコインは「終末シナリオのヘッジ手段にはならない」米実業家Mark Cuban

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

サムスンSDS:ブロックチェーン開発で「インドIT大手」と提携|利用拡大・機能性向上へ

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

仮想通貨取引所ビットフライヤー「新規口座開設」受付再開へ|7月3日から

【解説】ファイルコインの交換券「FIL T1」の購入方法・指定取引所の口座開設方法

【解説】ファイルコインの交換券「FIL T1」の購入方法・指定取引所の口座開設方法

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

リップル:国際送金ネットワーク開発をさらに強化|Google製品開発責任者を雇用

注目度の高い仮想通貨ニュース

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

MetaMask(メタマスク)復元フレーズを狙う「フィッシングボット」について注意喚起

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ロバート・キヨサキ氏:ビットコイン価格「今後5年で1億3,000万円になる」と予想

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

ビットポイント:最大1万円相当のTRXがもらえる「若葉の候 取引入門キャンペーン」開始

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

米大手レストラン企業Landry's:ほぼ全てのブランドで「仮想通貨決済」対応へ

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

BINANCEの「セービング」とは?特徴・メリット・使用方法などを画像付きで解説

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

SBI証券:国内初「一般投資家向けSTO」実施へ|XRP特典付きのデジタル社債を発行

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

プロテニス選手の大阪なおみ氏「NFTアート作品」のオークション販売開始

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

米Kraken:カルダノ(Cardano/ADA)の「ステーキングサービス」提供開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す