イーサリアム、今後数日で「大きく値動き」か?複数トレーダー・アナリストが予想

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は長い間下落が続いていましたが、ここ最近では「ETHは底打ちした」との意見が増えてきています。ベテラントレーダーとして知られるPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏をはじめとする複数の著名アナリストたちは、本日8日のツイートで"イーサリアムの価格上昇"が迫っていると語っています。

こちらから読む:マカフィー氏が"ETHベースのDEX"を発表「イーサリアム」関連ニュース

多数のアナリストが「近日中の価格上昇」を予想

イーサリアム(ETH)は2018年からの下落相場で特に大幅な下落が見られた仮想通貨の1つですが、今年9月頃からは回復傾向が見られ始めています。

記事執筆時点でのETH価格は「1ETH=19,400円」前後となっていますが、2018年の暴落予想を的中させたことでも知られるベテラントレーダーのPeter Brandt(ピーター・ブラント)氏は、ETH/BTCのチャートはすでに底打ちしていると述べており、今後数日で価格上昇が起きる可能性があることを示しています。

イーサリアムの大幅上昇を予想する意見はその他のトレーダーやアナリストからも出ており、そのような人々は「ETH/BTCの通貨ペアは、0.023BTC付近のレジスタンスライン(抵抗線)を突破すると"10〜15%"ほど上昇する可能性がある」と語っています。

ETH/BTCはすぐに0.025になると思います。

0.0223を一度ブレイクすると、ETH/BTCは急上昇する可能性があると思います。

記事執筆時点では「1ETH=0.0221BTC」付近で推移しているため、予想されている価格帯に到達するまでにはもうしばらく時間がかかる可能性がありますが、これまでと同様の勢いで上昇が続けば今後数日以内にはこの価格帯に到達することになると予想されます。

大型カンファレンス「Devcon 5」も本日から

イーサリアムは価格面では下落が続いていたものの、Ethereumの技術自体は非常に多くの企業に採用されており、それ以外の面でもポジティブなニュースは数多く報告されています。

最近では仮想通貨決済プロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」がイーサリアムをサポートすることを発表しており、日本国内では仮想通貨取引所「bitFlyer(ビットフライヤー)」がプロ向け取引ツールに"ETH/JPY"の通貨ペアを追加しているため、取引量・使用量も今後はさらに増加していくことになると予想されます。

また、現在は世界最大のイーサリアム開発者カンファレンスである「Devcon 5」が大阪で開催されているため、カンファレンス内で発表される内容にも注目です。なお、本日8日にはイーサリアムの企業利用を推進する団体である「イーサリアム企業連合(EEA)」が標準仕様の新しいバージョンを発表しており、「Devcon 5」でEEA標準仕様がトークンベースのブロックチェーン経済にどのように貢献しているか明らかにする検証を行うと発表しています。

「Devcon 5」は本日10月8日から11日までの4日間に渡って開催されています。
>>「イーサリアム企業連合」の発表はこちら

2019年10月8日|イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格

イーサリアム(Ethereum/ETH)の価格は、先月末に17,000円近くまで下落して以降は徐々に回復してきており、2019年10月8日時点では「1ETH=19,461円」で取引されています。

2019年9月8日〜2019年10月8日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月8日〜2019年10月8日 ETHのチャート(引用:coingecko.com)

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

関連組織をまとめた「NEM Group」誕生|日本語対応のAMAも本日開催へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

分析サイト「DApp.com」カカオのブロックチェーンKlaytnと提携|掲載アプリ拡大へ

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年11月3日〜9日

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

仮想通貨決済「米自動車ディーラー」で導入が進む|オクラホマ州18店舗でも利用可能に

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

BitPay(ビットペイ)仮想通貨特許関連の非営利団体「COPA」に参加

注目度の高い仮想通貨ニュース

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

ゲーム大手Ubisoft:テゾス(Tezos/XTZ)ネットワークに「企業ベーカー」として参加

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

米大手暗号資産取引所「コインベース」NASDAQに上場|株価は一時430ドルを記録

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

クオン「映画・映像業界のNFT活用を支援」Filmarks運営のつみき社と提携

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

マネックス証券「コインベース株」上場当日から取扱いへ|NASDAQによる参考価格も公開

BINANCE(バイナンス)「二段階認証の設定方法」画像付きでわかりやすく解説

BINANCE(バイナンス)「二段階認証の設定方法」画像付きでわかりやすく解説

BINANCE:GMO Trustの日本円ステーブルコイン「GYEN」取扱いへ

BINANCE:GMO Trustの日本円ステーブルコイン「GYEN」取扱いへ

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

BABYMETAL(ベビーメタル)の「NFTトレーディングカード」発売へ:アミューズ

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

WebVR方式のNFTアート作品ミュージアム「CryptoArtTown」公開:グラコネ×withID

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

コワーキングスペース「ウィーワーク」仮想通貨決済に対応|資産としての保有も予定

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

アメリカ・ワイオミング州「自律分散型組織(DAO)の法人化を認める法案」を承認

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

タイの暗号資産取引所、本人確認で「国民IDカードのスキャン」が必要になる可能性

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す