仮想通貨取引所Binanceで利用者のAPIハッキングか?

by BITTIMES

3月8日の午前2時頃、中国の仮想通貨取引所Binance(バイナンス)で、利用者がハッキングの被害に遭ったとのことで、一時的に全ての引き出しが中止されているとの情報が入りました。

仮想通貨取引所BinanceのCEOである、Changpeng Zhao氏はこの件について「すべての資金は安全です。取引活動に不規則性があり、自動アラームがトリガされました。一部のアカウントは以前のフィッシングによって侵害されている可能性があります。私たちはまだ調査中です。」と述べています。

Binanceのプラットフォームが侵害されているという証拠はなく、今の時点で確認された被害者はAPIキーを登録しており、そのAPIキーを盗まれた可能性があるとされています。
BinanceでAPIを利用しているユーザーは、APIキーを削除しておいたほうがいいとの報道もされています。

BinanceのAPIキー削除手順

  1. メニューから「Account」を選択
  2. 左下の「API Settings」ボタンを押す
  3. 画面遷移後、「To get started with the API, create a new key.」という文が表示されていれば、APIキーは「作られていない」状態
  4. APIキーがある方は「Delete」からすべてAPIキーを削除する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

仮想通貨取引所が新たに18社も増える可能性も

DMMグループの東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」へと商号変更

DMMグループの東京ビットコイン取引所が「DMM Bitcoin」へと商号変更

bitFlyer (ビットフライヤー)、EUに展開する日本初の仮想通貨取引所に

bitFlyer (ビットフライヤー)、EUに展開する日本初の仮想通貨取引所に

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

bitFlyer(ビットフライヤー)が仮想通貨リスク(LISK)の取扱いを開始した

【速報】売買停止中のコインチェックの記者会見がスタート

【速報】売買停止中のコインチェックの記者会見がスタート

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

コインチェックの日本円出金再開に向けての前準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

Yahoo(ヤフー)が仮想通貨取引業に参入か?

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

金融庁はバイナンスに対して日本での営業を中止するよう警告

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Bittrexに新規ユーザー殺到|仮想通貨相場の回復も近い?

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

コインチェックに新たな損害賠償請求|総額約8200万円

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

Ledger製ハードウォレットに新たな脆弱性が見つかる

Ledger製ハードウォレットに新たな脆弱性が見つかる

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース週間まとめ|4月1日〜7日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す