長期保有が逆効果に?仮想通貨プロジェクトの「死亡原因」LONGHASHが調査報告

by BITTIMES

ブロックチェーン分析企業である「LONGHASH(ロングハッシュ)」は2019年10月12日、データ分析サイトCoinospy(コイントプシー)に過去8年間に渡って登録された「公開後に生き残ることができなかった仮想通貨(デッドコイン)700件以上の"死因"」について調査・分析を行い、その結果を記したレポートを公開しました。

こちらから読む:詐欺メールでの"アルトコイン要求"が増加傾向「仮想通貨」関連ニュース

死亡した仮想通貨「デッドコイン」の死因

LONGHASH(ロングハッシュ)は、データ分析サイトである「Coinospy(コイントプシー)」にエントリーされた700種類以上の仮想通貨プロジェクトを調査・分析した上で、それらの"デッドコイン"がなぜ死亡することになってしまったのか?について報告するレポートを公開しました。

仮想通貨の「放置」による死亡:63.1%

最も多い死因は「仮想通貨を放置すること」によるもので、全体の63.1%がこの理由によって消滅したと報告されています。これらの仮想通貨は、公開後に投資家の人々がプロジェクトに無関心になり、取引を行わなくなったことによって取引量が"ゼロ"になったものであり、通貨の平均寿命は1.6年だったとされています。

価格高騰時に増加した「詐欺」での死亡:29.9%

二番目に多い死因は「詐欺(スキャム)」によるものであり、死亡した仮想通貨全体の29.9%がこの理由によって消滅したとされています。なお、これらの詐欺のほとんどは2017年に発生したものであり、仮想通貨市場の行き過ぎた高騰によってもたらされたものであるとみられています。2017年は前年と比べて"詐欺の件数"が5倍以上にまで増加しているとのことです。

(画像:longhash.com)(画像:longhash.com)

なお「LONGHASH」は、"この情報は正確ではない可能性がある"としながらも、3つの疑わしい詐欺プロジェクト設立に携わった人物として「Crunck(クランク)」及び「Daniel Mendoza(ダニエル・メンドーザ)」という名前を挙げています。

その他の死因「ICOの失敗」や「ジョークコイン」

その他の死因としては「ICOの失敗」や「ジョークコイン」などが挙げられています。

イニシャル・コイン・オファリング(ICO)で失敗した仮想通貨プロジェクトは全体の3.6%となっており、平均寿命は1.6年となっています。

AnalCoin(アナルコイン)、BagCoin(バッグコイン)、BieberCoin(ビーバーコイン)などのジョークで作成された仮想通貨は全体の3.2%とされており、平均寿命は1.4年とされています。

(画像:longhash.com)(画像:longhash.com)

デッドコインの正確な測定は困難

ロングハッシュは今回の報告の中で「デッドコイン」の定義は曖昧であり、データのほとんどがクラウドソース化されているため、"仮想通貨プロジェクトが正式にいくつ死んだか"を正確に判断することは不可能であると補足しています。

同社の報告によると、「Coinospy」では705件のプロジェクト、「DeadCoins」では1,779件のプロジェクトが死んだと報告されており、「CoinMarketCap」は1,000件以上のプロジェクトは1日の取引量が1,000ドル(約10万8,600円)未満に止まっていると報告しているとのことです。

先日は、仮想通貨の開発状況を追跡している「CoinCodeCap」が、直近90日以上開発の進捗が見られていない仮想通貨と、それらのデッド通貨を取り扱っている仮想通貨取引所のリストを公開しているため、自分が保有しているアルトコインの状況を確認したい方はそちらも参考にされてみてください。

>>「LONGHASH」の公式発表はこちら
>>「Coinospy」の公式サイトはこちら
>>「DeadCoins」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

BITPoint Japan:サービス停止中の「成約注文・手数料」に関する返金を開始

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

仮想通貨市場で悪化する「ウォッシュトレード」問題|信頼できる取引所は?

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

【人気アナリスト】ビットコイン価格予想「51万円」が今後の注目ポイントに?

Bakkt:暗号資産「100種類以上」扱うカストディ企業を買収|先物提供に向けチーム強化

Bakkt:暗号資産「100種類以上」扱うカストディ企業を買収|先物提供に向けチーム強化

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

ビットコインの「オプション取引」提供開始:仮想通貨デリバティブ取引所FTX

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

BINANCE「ブルガリア・チェコ・ルーマニア」の法定通貨をサポート

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

Ripple社「日本・米国・英国・インド・ブラジル」などで求人募集

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

石川県加賀市:ブロックチェーンで「行政サービスのデジタル化」を推進

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

楽天ウォレット:仮想通貨と「楽天ポイント」の交換サービスを開始

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

Google:イーサリアムウォレット「MetaMask」をアプリストアから削除

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

仮想通貨取引所Huobi「ジャパンネット銀行」からのクイック入金に対応

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

ライトコイン財団:カストディソリューションに「BitGoマルチシグウォレット」を採用

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

BITMAX:XRPがもらえる「仮想通貨買ってみようキャンペーン2020」開催

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

Telegramに「調達資金17億ドルの財務報告」求める:米国証券取引委員会(SEC)

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

フランス規制当局:デジタル資産関連事業に「ライセンス制度」導入

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

【2020年〜2030年】仮想通貨市場は今後どうなる?Coinbase CEOが予想

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す