【Cardano/ADA】ダイダロスウォレットに「ニュースフィード」などの新機能追加

by BITTIMES

カルダノ財団(Cardano Foundation)は2019年10月31日に「Cardano 1.7.0」がリリースされ、カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)を安全に保管することができる公式ウォレット「DAEDALUS(ダイダロス)」に複数の新機能が追加されたことを発表しました。

こちらから読む:旅行予約サイトがADA決済に対応「Cardano/ADA」関連ニュース

ダイダロスウォレット「バージョン0.15.0」公開

Cardano(カルダノ)の新しいバージョンである「Cardano 1.7.0」には、「Daedalus 0.15.0」と「Cardano SL 3.1.0」へのアップデートが含まれています。

特にDAEDALUS(ダイダロス)のアップデートでは複数の新機能が追加されているため、新しいバージョンのダイダロスウォレットはADA保有者にとってより魅力的なウォレットへと進化しています。

ニュースや通知を配信する「ニュースフィード機能」

(画像:IOHK)(画像:IOHK)

ダイダロスウォレットの新しいバージョンには「ニュースフィード機能」が追加されているため、ダイダロスユーザーはウォレット上で簡単に最新ニュースを確認することができるようになっています。

ニュースフィードには4種類のニュースがあり、ウォレットの画面右上に表示されている「通知マーク」をクリックすることによってサイドバーでニュースを表示させることができるようになっています。特に重要なニュースは画面全体に表示されるとのことです。

なお「ニュースフィード機能」は日本語にも対応しているため、言語設定を「日本語」にしていれば、日本語でニュースを確認することができます。

ウォレット復元フレーズの検証機能

(画像:IOHK)(画像:IOHK)

また新しいバージョンには、ウォレットを管理する上で特に重要となる「ウォレット復元フレーズ」の検証機能も追加されています。

「ウォレット復元フレーズの検証機能」はそれぞれのウォレットの"設定"画面に設置されており、ユーザーが所有している12語の「Daedalusウォレット復元フレーズ」を入力することによって、その復元フレーズが有効であるかどうかを確認することができるようになっています。

この機能には復元フレーズの検証を長期間行なっていないユーザーに対して"警告"を行う機能も搭載されているため、ウォレット作成から6ヶ月間に渡って"復元フレーズの検証"を行なっていない場合には「黄色の警告」を、1年間検証を行なっていない場合には「赤色の警告」が表示されるようになっています。

より確実に資産を保護するためには定期的に「復元フレーズの検証作業」を行うことが好ましいですが、復元フレーズの有効性に疑いがない場合には検証を行う必要はないため、警告を無視しても構わないとされています。

「Daedalus 0.15.0」におけるその他の改善点

その他の改善としては、ソフトウェアの更新が必要になった際に"全画面表示"で通知が行われるようになった他、細かなデザイン面での変更も加えられています。

また「数値入力」や「ハードドライブの空き容量チェック」などに関する不具合の修正も行われており、ユーザーインターフェイスに関連する軽微な修正も行われているとのことです。

なお、2015~2017年の初回プレセール(日本のみ)によるクーポンの還元は「Daedalus 0.15.0」のユーザーインターフェイスによる直接的なサポートを終了したとも報告されています。

近日開始予定の「インセンティブテストネット」にも注目

カルダノプロジェクトでは"ステーキング報酬システム"の実装に向けた「インセンティブテストネット」が近日中に開始される予定になっているため、ADA公式ウォレットである「ダイダロス」は今後さらに重要な存在になってくると言えます。

インセンティブテストネットでは、テスト開始時に「ダイダロス」または「ヨロイウォレット」に保管されているADA数量が記録される仕組みになっており、テスト参加者は記録されたADA保有枚数に応じて発行される"テスト用のADA"でインセンティブテストネットに参加できるようになっています。

発行された"テスト用のADA"はメインネットで実際に使用することはできないものの、テストに参加して獲得した「ステーキング報酬分のADA」はテスト終了後にメインネットで受け取ることができるようになっているため、興味のある方はテストネットに参加してみると良いでしょう。

インセンティブテストネットに関する説明は以前公開した記事で解説しているため、そちらをご覧ください。

>>「Cardano 1.7.0」に関するIOHKの公式発表はこちら

2019年11月1日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先月26日に5円台まで回復した後はやや停滞しており、2019年11月1日時点では「1ADA=4.53円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年9月2日〜2019年11月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年9月2日〜2019年11月1日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

Symbol Wallet最新版「v1.0.11」リリース|アグボン詐欺対策などを導入

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

ビットコインETFとは?市場への影響や注目される理由などを解説

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

BINANCE無許可営業の指摘「タイ・ケイマン諸島・シンガポール」でも

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

ビットコインは「糞コイン」ジョン・マカフィーが猛烈批判|価格は100万円台で安定

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

ソニー銀行「ステーブルコイン発行に向けた実証実験」を正式発表|Polygon・SettleMintと協力

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

STEPN:GMTにも交換できる「FSLポイント」をエアドロップ|対象者と注意点

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

Solana系で注目のミームコインSLOTH、エアドロップ型プレセールで1000万ドルを突破

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

ファイルコイン(FIL)を購入/売却できる「日本国内の暗号資産取引所」一覧

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

【重要】MEXC「dHealth Network(DHP)の上場廃止」を発表|期日までに必要な対応を

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

Cardanoコミュニティ主導組織の日本支部「Intersect Japan Hub」設立

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

仮想通貨ニュース週間まとめ「BTC・SHIB・ADA・SUI」などの注目記事

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

UEFA欧州選手権の開催迫る、スポーツ業界は大きな盛り上がりを見せるのか?

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す