【解説動画】カルダノ(ADA)ステーキングのテストネット参加方法(日本語対応)

by BITTIMES

カルダノ(Cardano/ADA)プロジェクトの公式商業化部門である「EMURGO(エマーゴ)」は、2019年10月23日に同社が提供する「YOROI Wallet(ヨロイウォレット)」でエイダコインのインセンティブテストネットに参加する方法を解説しているYouTube動画に"日本語字幕"が追加されたことを発表しました。

こちらから読む:New Balanceが技術活用「Cardano/ADA」関連ニュース

インセンティブテストネット解説動画が「日本語対応」

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)はプルーフ・オブ・ステーク(PoS)と呼ばれる仕組みを採用しているため、ADA保有者は近い将来、ステーキングプログラムに参加することによって報酬(インセンティブ)を受け取ることができるようになります。

今回の「EMURGO」の発表はこの報酬プログラムのテストに関するものであり、YOROI Walletでインセンティブテストネットに参加する方法が日本語でも確認できるようになったことが報告されています。

以下の動画は2019年10月17日に公開されたものですが、現在は日本語翻訳を表示できるようになっているため、英語が苦手な方でも内容を理解することができるようになっています。このインセンティブ制度は、ADAを長期保有することによって"新しいADA"を獲得することができるものであるため、長期的にADAを保有したいと思っている方は確認しておくようにしましょう。

日本語字幕はYouTube画面右下に表示されている「設定」を選択して、「字幕」の項目の中から「日本語」を選択することによって表示させることができます。

ステーキングテストネットの概要

カルダノ公式ウォレットで「ステーキング報酬」が得られる

Cardanoのステーキングに参加すれば、ネットワークの運営に貢献した報酬として"ADA"を受け取ることができます。この報酬制度はADA保有者であれば誰でも参加できるようになっており、簡単なステップをこなすだけでインセンティブを受け取ることができるようになっています。

しかし、この報酬を受け取るためには保有しているADAをカルダノ公式ウォレットである「DAEDALUS(ダイダロス)」や「YOROI Wallet(ヨロイウォレット)」に移しておく必要があります。Trezor(トレザー)」や「Ledger(レジャー)」などのハードウェアウォレットや「仮想通貨取引所のウォレット」は報酬の対象とはならないため注意が必要です。

テストネット「モバイル版」は遅れる可能性も

「ダイダロス」または「ヨロイ」にADAを保管しているユーザーはテストネット用の新しいバージョンをダウンロードすることによって「インセンティブテストネット」に参加することができます。なお、ヨロイウォレットに関しては「Chrome版/Firefox版」がテストネットで使用可能となっており、モバイル版は現在開発中であるものの若干遅れる可能性があるとのことです。

「インセンティブテストネット」では、ある時点でADA保有量などの情報を記録する"スナップショット"と呼ばれる作業が行われます。スナップショットで記録される情報は、報酬対象者に適切な数量の報酬を付与するためなどに使用されます。「ヨロイ」や「ダイダロス」はこの"スナップショット"に対応しているため、ユーザーは何もする必要がないと説明されています。

スナップショットは「11月頃」

ヨロイまたはダイダロスに「5,000ADA」を保有していた場合は、テストネットで同量の「5,000ADA」を使用することができます。スナップショットは2019年11月頃に記録され、その2週間から1ヶ月後にテストネットの報酬付与が開始されるとのことです。

スナップショットをとることによってユーザーのアカウントは「メインネットのアカウント」と「テストネットのアカウント」の2つに別れることになります。「メインネットのアカウント」は通常通り使用することができ、「テストネットのアカウント」はインセンティブテストネットに参加する人のみが使用することになります。

なお、テストネットに参加したからといって「メインネットのアカウントのADAが送金できなくなる」といったことはありません。

テストネットで獲得したADAはメインネットに付与

付与される報酬の率はまだ決定されていないものの、テストネットに参加したユーザーはテストネットの報酬で受け取ったADAを「Shelley」導入後のメインネットウォレットで実際に受け取ることが可能です。

スナップショットの"正確な開始時期"はカルダノの開発を担当している「IOHK」から改めて発表が行われるため、IOHKの公式サイトやTwitterを確認しておくようにしましょう。

インセンティブテストネット開始後の流れ

テストネット開始後のおおまかな流れは以下のように説明されています。
1.テストネット用の新しい「ヨロイ」をダウンロード
2.復元フレーズを入力するとビューワーが立ち上がる
3.スナップショット期間中にコピーされたADA残高が表示される
4.全てのステークプールのリストが表示される
5.最も報酬を得られるものをリストから選択できる
6.リストから1つ選ぶと全てのADAを一括で委任できる
※自動ではないため"手動"で行う必要があるが作業は1度だけで大丈夫

インセンティブテストネットの要点

「インセンティブテストネット」に参加する場合に覚えておくべきポイントは以下の通りです。
・報酬を受けるためには「ダイダロス」または「ヨロイ」にADAを移動しておくこと
・「ハードウェアウォレット」や「取引所ウォレット」は報酬対象外
・「モバイル版のヨロイ」は開発が遅れる可能性あり
・スナップショットは11月頃(詳細は後日IOHKから)
・テスト終了後は「報酬で受け取ったADA」のみ獲得可能
・新しいバージョンの「ヨロイ」はスナップショット後に提供
・復元フレーズを覚えておく事が重要 ・「メインネット」と「テストネット」は別物。テストに参加してもメインネットでADAを送金できる

2019年10月23日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は、先月末に4円台まで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年10月23日時点では「1ADA=4.17円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年8月24日〜2019年10月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年8月24日〜2019年10月23日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

ファンタジースポーツ「Fanduel」でビットコイン決済が可能に|BitPayと提携

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

Facebookの独自通貨プロジェクト「提携企業28社」が判明|100社まで拡大の可能性も

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

Blockchain.com:仮想通貨取引所「The PIT」を立ち上げ|200カ国以上の地域に展開

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

EUを業界リーダーへ「欧州ブロックチェーン協会」を設立|Ripple・CARDANOなど4企業

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

米国向け仮想通貨取引サービス「停止」を発表:分散型取引所Bancor

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

EMJAC:ブロックチェーン活用した「次世代の廃棄物管理ソリューションプロバイダー」

注目度の高い仮想通貨ニュース

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

【ビットコイン価格予想】2回以上のバブルを超えて将来的には「100万ドル」に:Bobby Lee

【ビットコイン価格予想】2回以上のバブルを超えて将来的には「100万ドル」に:Bobby Lee

【Cardano/ADA】ダイダロスウォレットに「ニュースフィード」などの新機能追加

【Cardano/ADA】ダイダロスウォレットに「ニュースフィード」などの新機能追加

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

Telegram:米SECの見解に「失望」18ヶ月間、協議求めたにも関わらず

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

PundiX:キプロスの公共・民間部門に「ブロックチェーン技術」提供へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年10月20日〜26日

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

あなたのアルトコインは大丈夫?開発の進捗が見られない「デッド通貨」1,240銘柄公開

セキュリティトークン研究コンソーシアム発足|金融取引基盤「プログマ」提供へ

セキュリティトークン研究コンソーシアム発足|金融取引基盤「プログマ」提供へ

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

イギリス税務当局:仮想通貨の「税金」に関するガイドラインを公開|個別に税制適用へ

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Libra:法定通貨のステーブルコイン「複数発行」の可能性も

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

Kakaoのブロックチェーン「Klaytn」OKExなど多数の大手企業と提携

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

デジタル人民元、発行は近い?中国で「暗号法」可決

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す