Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「Bloomberg」の番組に出演した際に、現在存在している3,000種類以上の仮想通貨のうち、将来的に生き残ることができるのは"わずか1%"だという考えを語りました。

こちらから読む:XRPに"スマートコントラクト機能"統合へ「Ripple/XRP」関連ニュース

今後数十年で「実用的な仮想通貨」が急成長

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「Bloomberg」とのインタビューの中で、仮想通貨の数が多すぎることを指摘し、将来的に生き残る仮想通貨は現存している仮想通貨の"わずか1%"になるだろうと語りました。

同氏は、今後の仮想通貨市場では"実用性"を持った少数の仮想通貨プロジェクトが業界を大きく変えることになり、数十年間でそれらの仮想通貨が大幅に成長することになると予想しています。

現在の仮想通貨市場には3,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、ガーリングハウス氏は実際に顧客のニーズを満たすことができる仮想通貨はごく僅かであると考えており、99%の仮想通貨は将来的に価値が"ゼロ"になるだろうと語っています。

私は以前「99%の仮想通貨はおそらく価値が"ゼロ"になるだろう」と語りましたが、実際に顧客の問題を解決することに焦点を当て、それを実現する1%の仮想通貨も存在すると考えています。

ガーリングハウス氏は今回のインタビューの中で、Ripple社が現在主流の国際送金ネットワークである「SWIFT」のより良い代替手段になるということも強調しています。

同氏は、SWIFTを用いて送金を行なった場合には取引に2〜3日かかってしまうため「SWIFTは不安的である」と指摘しています。しかし、XRPを用いた取引は数秒で完了するため、"送金の待ち時間に価格が変動する"といったリスクも最小限に抑えることができます。

実際に国際送金の手段として「XRP」や「Ripple社の技術」を活用する企業や金融機関は徐々に増加してきており、多くの企業がそれらのソリューションを賞賛しているため、今後も技術採用は進むことになると予想されます。

Ripple社は2019年11月7日〜8日にかけてシンガポールで大型カンファレンス「SWELL 2019」を開催するため、今後の新しい発表にも注目が集まります。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

食品配達サービス大手「Just Eat」複数地域でビットコイン決済に対応

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

XRP価格、ついに「10円台」突入|今後注目すべきサポートライン・抵抗線は?

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

【重要】コインチェック:仮想通貨の「信用取引」サービス終了へ|期日までに返済を

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

Chiliz Exchange:Trabzonsporの公式ファントークン「$TRA」取扱いへ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

BINANCE:ビットコインでチャージできる「Visaデビットカード」発行へ

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

RippleNetと国際送金アプリ「OnePay FX」が統合 ー 利用可能国がさらに拡大

注目度の高い仮想通貨ニュース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

テクノミュージック界の奇才「Aphex Twin」NFT形式の作品をリリース

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体PFL「メインマッチ対戦カード」ファン投票で決定へ

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

MicroStrategy:取締役の役員報酬「ビットコイン」で支払いへ|米上場企業で初

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

Coinbase Pro「Cardano(ADA)の新規取扱い」を発表|ADA価格は130円まで急騰

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

Crypto.com「Crypto.org Chain(CRO)」のメインネット公開

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す