Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

by BITTIMES

Ripple(リップル)社のCEOであるBrad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「Bloomberg」の番組に出演した際に、現在存在している3,000種類以上の仮想通貨のうち、将来的に生き残ることができるのは"わずか1%"だという考えを語りました。

こちらから読む:XRPに"スマートコントラクト機能"統合へ「Ripple/XRP」関連ニュース

今後数十年で「実用的な仮想通貨」が急成長

Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)氏は「Bloomberg」とのインタビューの中で、仮想通貨の数が多すぎることを指摘し、将来的に生き残る仮想通貨は現存している仮想通貨の"わずか1%"になるだろうと語りました。

同氏は、今後の仮想通貨市場では"実用性"を持った少数の仮想通貨プロジェクトが業界を大きく変えることになり、数十年間でそれらの仮想通貨が大幅に成長することになると予想しています。

現在の仮想通貨市場には3,000種類以上の仮想通貨が存在していますが、ガーリングハウス氏は実際に顧客のニーズを満たすことができる仮想通貨はごく僅かであると考えており、99%の仮想通貨は将来的に価値が"ゼロ"になるだろうと語っています。

私は以前「99%の仮想通貨はおそらく価値が"ゼロ"になるだろう」と語りましたが、実際に顧客の問題を解決することに焦点を当て、それを実現する1%の仮想通貨も存在すると考えています。

ガーリングハウス氏は今回のインタビューの中で、Ripple社が現在主流の国際送金ネットワークである「SWIFT」のより良い代替手段になるということも強調しています。

同氏は、SWIFTを用いて送金を行なった場合には取引に2〜3日かかってしまうため「SWIFTは不安的である」と指摘しています。しかし、XRPを用いた取引は数秒で完了するため、"送金の待ち時間に価格が変動する"といったリスクも最小限に抑えることができます。

実際に国際送金の手段として「XRP」や「Ripple社の技術」を活用する企業や金融機関は徐々に増加してきており、多くの企業がそれらのソリューションを賞賛しているため、今後も技術採用は進むことになると予想されます。

Ripple社は2019年11月7日〜8日にかけてシンガポールで大型カンファレンス「SWELL 2019」を開催するため、今後の新しい発表にも注目が集まります。

エックスアールピー(XRP)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

Cardano(ADA)スマートコントラクト実装に向け「Alonzoアップデート」のテスト開始

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

闇サイトで仮想通貨取引の「アカウント情報販売」会社員の男性逮捕:京都府警

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

資金洗浄対策に関する6つの改正法が成立|暗号資産送金の監視体制も強化

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

元素騎士オンライン「ドン・キホーテ」とコラボイベント開催へ|majicaポイントが当たる企画も

元素騎士オンライン「ドン・キホーテ」とコラボイベント開催へ|majicaポイントが当たる企画も

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

女優・創作あーちすと「のん」ReConeでNFT保有者限定メタバースコミュニティ開設

注目度の高い仮想通貨ニュース

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

革命の戦略:話題の新ローンチパッド

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

Binance FZE:ドバイで仮想通貨サービスプロバイダー(VASP)のライセンス取得

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

ゲーマーの仮想通貨を盗むマルウェアに要注意|チート利用者が標的に?

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

Symbol活用した分散型IDプラットフォーム構築へ「株式会社Proof of Your Life」設立

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

環境に優しいブロックチェーン・プロジェクトeTukTuk、プレセールで300万ドル調達間近

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

保守派・革新派による「ビットコイン分裂」を予測:Bitcoin.org運営者Cobra氏

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

仮想通貨の時価総額「2024年末までに5兆ドルまで倍増する」リップル社CEO

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

ビットトレード:最大1.0%の日本円還元「積立プログラム」提供へ

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

シバイヌL2「Shibarium」大規模なUIアップデートを実施|ユーザー体験・スピード向上に向けて

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

CoinCodex「2024年5月のSHIB価格高騰」を予測

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

史上初となるVR・ARゲームトークン5thScape、プレセールで150万ドルを調達

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

メタマスク「エアドロップ受取資格の一括確認&請求機能」を追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す