Telegram「Gramトークンは違法だ」と主張する米SECに猛反論

by BITTIMES

Telegram(テレグラム)は、同社が行なった「独自仮想通貨Gram(グラム)の販売」を"米国証券法違反だ"と主張している米国証券取引委員会(SEC)の訴えに反論する申立書を提出し、ニューヨーク州の連邦裁判所に対して米SECの訴えを棄却するよう求めました。

こちらから読む:TONブロックチェーン、公開時期は延期に「Telegram」関連ニュース

新しい法律分野での「不当な強制執行」だと批判

Telegram(テレグラム)は、イニシャル・コイン・オファリング(ICO)を通じて独自トークン「Gram(グラム)」を販売し、17億ドル(約1,846億円)の資金を調達しましたが、今年10月に米国証券取引委員会(SEC)が『Gramは未登録証券であり、テレグラムが行なったICOは違法だ』とする緊急声明を発表したことによって、現在は議論が続けてられています。

SECはGramトークンを"証券"だと判断しているため、Telegramに対して「あらかじめ証券としての登録を行う必要があった」と主張していますが、Telegram側は「証券法に違反していることを明確に証明するための"規制の明確さ"が欠如している」と指摘しており、SECの行動を「新しい法律分野での"不当な強制執行"だ」と批判しています。

Telegramは規制当局に登録申請を行なっていないことを認めていますが、その一方で「連邦証券法の下では登録届出書を提出する必要がなかった」ということも説明しており、2年前に同社がSECに対して自発的にコミュニケーションを図り、規制などについての助言を求めたにもかかわらず、SECは規制に関するガイダンスを提供しなかっただけでなく、トークンセールの中止を求める警告も行わなかったと指摘しています。

また同社は「Gramが有価証券だ」という主張にも反論しており、現時点でトークンは存在していないものの、TONブロックチェーンが立ち上がり正式にトークンが発行された場合「それは証券ではなく"商品"だ」と強調しています。

このようにTelegramはSECの申し立てを全面的に否定しており、これまで通り「規制には違反していない」という考えを説明し続けています。Telegramは投資家の合意を得た上で「TONブロックチェーンの公開時期を延期する」と決定しており、現在も正式なトークン発行に向けて準備を進めています。

(参照:courtlistener.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

クリプトスペルズ:ユーザーがNFTカードを発行できる「クリスペS」ベータテスト開始へ

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

ビットポイント:Klaytnの暗号資産「KLAY」取扱い開始【国内初上場】

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

OpenSea:新たなNFT売買プロトコル「Seaport」に移行へ

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

コインベース:NFTマーケットプレイス「Coinbase NFT」提供へ|事前登録受付開始

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

エルサルバドル:独自のステーブルコイン「コロン・ドル」の発行計画か=報道

【ビットコインで収益化】コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」β版公開

【ビットコインで収益化】コンテンツ配信プラットフォーム「スポットライト」β版公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

Web3ベースレイヤー『Mystiko.Network』がシード資金調達ラウンド終了|1,800万ドルを調達

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

EU自己管理型ウォレット禁止のニュースは「誤報」Circle政策担当者が説明

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

カルダノ分散委任ツールのAtrium「特別な報酬」を用意|報酬付きテストの延長発表も

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

ビットフライヤー:エルフトークン(ELF Token/ELF)取扱開始|複数のキャンペーンも開催

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「ビットコインはまだまだこれから」SkyBridge創業者の強気なBTC価格予想

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

「我々は全てのカードを持っている」カルダノ創設者が大型アップグレードを予告

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

Bitget Wallet「BWBトークンのエアドロップキャンペーン」開始|第2四半期にはIEOも予定

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

世界初のブロックチェーンを旅するドージ「Dogeverse」がプレセール開始!数分で25万ドル調達

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

ワールドコイン「虹彩情報の削除機能・18歳未満の利用防止措置」を導入

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介NEW

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す