Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)の創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、世界で2番目に大きいブロックチェーンの計算能力を向上させるスマートコントラクトのシステムであるPlasmaのスケーリングソリューションを発表しました。

昨年、ヴィタリック氏と「Bitcoin Lightning Network」の共同制作者であるJoseph Poon氏によって作成されたスケーリングソリューションは、メインブロックチェーンと相互作用できるスマートコントラクトのレイヤーを作成することによって、イーサリアムの容量を増やすことを目的として開発中のものです。

しかし現在のプロトタイプの反復では、すべてのユーザーがPlasmaシステムの各スマートコントラクトをダウンロードして検証する必要があります。 彼は講演でこれをいくつかのデータポイントに限定する方法について説明しました。

「ここでの主な利点は基本的に、クライアントが処理する必要のあるデータ量が大幅に減少することです」とButerin氏は説明します。

Plasmaの履歴全体をダウンロードするのではなく、代わりに契約に預金を送って「Plasma coins」を生成することができます。
したがって、ダウンロードしてすべてを検証する代わりに、ユーザーはそのシステム内で作成したトークンを単純に追跡できます。

「ユーザーは、Plasmaチェーンの利用可能性と正確性を特定のインデックスまたは自分が所有するコインと気になるコインの特定のインデックスでのみ確認する必要があります」とブテリン氏は説明しました。

ヴィタリック氏と開発者のDan Robinson氏とKarl Floersch氏によって作成されたこのアイディアはまだテストされていません。
しかしButerin氏によると、この最小化されたシステムは大規模ハッキングから仮想通貨取引所を保護するなど、いくつかの重要な使用事例を持つ可能性があります。

ユーザーの資金を直接扱うのではなく、取引所が注文書の機能を提供しプラズマ契約を通じて損失を保証できるというビジョンがあります。

うまくいけば、無能な開発者によって書かれた数十億ドルの取引所がハッキングされても、誰もお金を失うことはない

とヴィタリック氏は話しました。

この発見は、プラットフォームが拡張されたユーザーベースの要求に追いつくよう圧力をかけているときに、スケーリングを加速するのに役立つ可能性があります。

これに対して賛否両論が囁かれるなかで、ヴィタリック氏は以下のように語っています。

「これはPlasmaの拡張性を高め、一般ユーザの使用要件を大幅に削減するシンプルな方法の1つです」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表

Forbes が「仮想通貨長者ランキング」を発表

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

新作ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」プレミアβサービス提供へ

新作ブロックチェーンゲーム「マイクリプトサーガ」プレミアβサービス提供へ

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

中国が仮想通貨格付けの最新版を発表!6月はイオス(EOS)が1位に

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

仮想通貨決済システムを「世界150カ国」に|主流のPOSレジに技術統合:PundiX(NPXS)

注目度の高い仮想通貨ニュース

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

コカ・コーラ「4種類のNFT作品」オークション販売へ|Decentralandでも利用可能

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

OKCoinJapan:手数料無料で送受金できる「利用者間振込機能」追加

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:F1チーム「Aston Martin」の$AMファントークン本日取扱い開始

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

Cardano(ADA)スマートコントラクトの実装「8月下旬〜9月上旬」を予定

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

ヤフオクで「NFTアイテムの取引」が可能に|LINEとYahoo! JAPANが連携

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

アジアのNFTアート祭典「Crypto Art Week Asia(CAWA)」東京・大阪で初開催へ

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Socios.com:Valencia CFの「$VCFファントークン」本日20時販売開始

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

アニメアート専門のNFTマーケットプレイス「ANIFTY」公認絵師55名が決定

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

gumi×double jump.tokyo「NFTコンテンツ」共同販売へ|第1弾ブレフロのドット絵アート

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す