Ethereumのプラズマスケーリングの新しいアイデアとは?

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の創設者ヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏は、世界で2番目に大きいブロックチェーンの計算能力を向上させるスマートコントラクトのシステムであるPlasmaのスケーリングソリューションを発表しました。

昨年、ヴィタリック氏と「Bitcoin Lightning Network」の共同制作者であるJoseph Poon氏によって作成されたスケーリングソリューションは、メインブロックチェーンと相互作用できるスマートコントラクトのレイヤーを作成することによって、イーサリアムの容量を増やすことを目的として開発中のものです。

しかし現在のプロトタイプの反復では、すべてのユーザーがPlasmaシステムの各スマートコントラクトをダウンロードして検証する必要があります。 彼は講演でこれをいくつかのデータポイントに限定する方法について説明しました。

「ここでの主な利点は基本的に、クライアントが処理する必要のあるデータ量が大幅に減少することです」とButerin氏は説明します。

Plasmaの履歴全体をダウンロードするのではなく、代わりに契約に預金を送って「Plasma coins」を生成することができます。
したがって、ダウンロードしてすべてを検証する代わりに、ユーザーはそのシステム内で作成したトークンを単純に追跡できます。

「ユーザーは、Plasmaチェーンの利用可能性と正確性を特定のインデックスまたは自分が所有するコインと気になるコインの特定のインデックスでのみ確認する必要があります」とブテリン氏は説明しました。

ヴィタリック氏と開発者のDan Robinson氏とKarl Floersch氏によって作成されたこのアイディアはまだテストされていません。
しかしButerin氏によると、この最小化されたシステムは大規模ハッキングから仮想通貨取引所を保護するなど、いくつかの重要な使用事例を持つ可能性があります。

ユーザーの資金を直接扱うのではなく、取引所が注文書の機能を提供しプラズマ契約を通じて損失を保証できるというビジョンがあります。

うまくいけば、無能な開発者によって書かれた数十億ドルの取引所がハッキングされても、誰もお金を失うことはない

とヴィタリック氏は話しました。

この発見は、プラットフォームが拡張されたユーザーベースの要求に追いつくよう圧力をかけているときに、スケーリングを加速するのに役立つ可能性があります。

これに対して賛否両論が囁かれるなかで、ヴィタリック氏は以下のように語っています。

「これはPlasmaの拡張性を高め、一般ユーザの使用要件を大幅に削減するシンプルな方法の1つです」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

ビットクラブ:仮想通貨市場の低迷から「GPUマイニング」一時停止|再開の目処は?

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

仮想通貨ニュース週間まとめ|5月13日〜19日

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

日本へのハッキング攻撃は終わっていない?|取引所規制の重要性

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

2018年10月:仮想通貨ランキング結果発表|中国格付け局CCID

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

Google:イーサリアムを広告キーワードの「ブラックリスト」に登録|疑問視する声も

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

【戦略ゲーム編】イーサリアム(ETH)が稼げる「DApps」まとめ

注目度の高い仮想通貨ニュース

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

過去最高額!リップル(XRP)を「サンフランシスコ州立大学」に寄付|Ripple共同創設者

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

ORBS(オーブス)仮想通貨取引所「Liquid」に上場|日本向けサービスは未対応

ビットコイン強気相場、今後も続く見通し「適正価格は156万円」Tom Lee

ビットコイン強気相場、今後も続く見通し「適正価格は156万円」Tom Lee

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

サトシ・ナカモトは誰なのか?謎を解くための「15のヒント」を提示:John McAfee

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

ブロックチェーンの「セキュリティテストツール」を法人向けに提供:IBM

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

ブロックチェーン活用した「デジタル請求書」を導入:中国・深セン地下鉄

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

TRON財団:ギャンブル系DAppsで「日本IPアドレスのブロック」を提案|国内規制準拠へ

ブロックチェーン企業支援プロジェクトに「BMWなど大手3社」が参加:シンガポール

ブロックチェーン企業支援プロジェクトに「BMWなど大手3社」が参加:シンガポール

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

リップル(XRP)の実用化進む|サンタンデール銀行が「19カ国」への国際送金に活用

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

送金アプリ「XRP TipBot」銀行ライセンス取得へ|さらなるサービス拡大の可能性

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

RippleのILP活用した新技術「Switch」を発表|仮想通貨の即時交換が可能に:Kava Labs

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

ブロックチェーンで追跡できる「adidasスニーカー」を発表|VeChain×HBO×SBTG

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

航空業界×ブロックチェーン「安全・安心・低価格」を実現する分散型の業務改革

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

人気のタグから探す