Disney:仮想通貨「Tron/TRX」関連の商標登録を却下|SF映画トロンとの重複を指摘

by BITTIMES   

トロン(Tron/TRX)が申請していた3つの商標が「Disney(ディズニー)」の申請によって却下されたことが米国特許商標庁(USPTO)の報告で明らかになりました。ディズニー側は「TRON」という名称がSF映画「TRON」のブランドに混乱を招き、損害を与える可能性があると主張しています。

こちらから読む:環境活動家グレタ氏に1億円を寄付「Tron/TRX」関連ニュース

「TRON・TRONNETWORK・TRONIX」の商標を却下

トロン(Tron/TRX)は、Justin Sun(ジャスティン・サン)氏が創業した「エンターテイメント特化の分散型ストレージプラットフォーム」であり、ゲーム系の分散型アプリケーション(DApps)が数多く構築されているブロックチェーンプラットフォームとしても知られていますが、この「Tron」という名称は「Disney(ディズニー)」のSF映画「Tron(トロン)」と重複しているため、商標の面で問題が発生しています。

Tron財団の中国パートナーである「Raybo Technology」は2018年2月に「TRON・TRONNETWORK・TRONIX」という3つの商標と申請しましたが、この申請に対してディズニーは迅速に異議を唱えたと報告されています。

米国特許商標庁(USPTO)の報告によると、ディズニー側は「"仮想通貨Tron"の商標が"SF映画Tron"のブランドに損害を与える」と主張しており、これに対するTron側の応答がなかったため「TRON」を含めた3つの申請は却下されたと伝えられています。

具体的には「TRON」の単語が大文字になっていることなどが指摘されており、公式サイトなどで掲載されているフォントなどといった様々なシーンで問題のある表示がなされていると説明されています。

(画像:Tron公式サイト)(画像:Tron公式サイト

ディズニー「TRONブランドに混乱を招く」と主張

ディズニー側は「TRONの表記が似ていることによって、ディズニーやブランドに混乱が引き起こされている」と主張しており、「SF映画Tron」に関連する映画・テーマパーク・ゲームなどを探している人々が、誤解して「仮想通貨Tron」のプロジェクトに転向する可能性があると指摘しています。

仮想通貨メディア「Decrypt」の報道によると、Compoundの顧問弁護士であるJake Chervinsky氏は「TronはUSPTOから要求を受けたにも関わらず、弁護士を雇っておらず、返答もしていないため、商標取得の試みを完全に諦めた可能性がある」と語っています。

また仮想通貨業界では、今回のことを受けて「仮想通貨Tron」がその名称を変更する可能性も考えられると囁かれているため、今後Tron側がどのような対応をとっていくかにも注目です。Tronの名称変更が価格に影響を与えるかどうかは不明であるものの、Tronのエコシステムはすでに大きく成長しているため、Tron関連のプロジェクトに関わっている企業にとってはあまり好ましくないことだと考えられます。

(参照元:「USPTO」の書類1書類2書類3

Justin Sun氏は「誤解」だと指摘

(追記:2019年12月22日)
TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、今回の報道内容が"誤解"であることを指摘し、「ディズニーが申し立てはTronの主要な商標には影響を与えない」と説明を行いました。

仮想通貨の「TRON」という名称に関しても、すでに世界中で商標登録を受けているため、今後もTronは定評のある名前とブランドを使用し続けていくと説明されています。

2019年12月21日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は今月18日に1円近くまで下落したものの、現在はやや回復しており、2019年12月21日時点では「1TRX=1.76円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月7日〜2019年12月21日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月7日〜2019年12月21日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

【重要】ビットポイントが管理する口座への「仮想通貨送金」に要注意

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

中国政府が仮想通貨を格付け|28種類のランキング結果発表

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

BINANCE:カルダノ(Cardano/ADA)の「新たな先物商品」提供へ

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

TAOTAO:法改正直後は「レバレッジ倍率4倍」を維持|改正資金決済法への対応方針を発表

ビットコイン価格、将来的には「3億ドル」到達の可能性も:ロス・ウルブリヒト

ビットコイン価格、将来的には「3億ドル」到達の可能性も:ロス・ウルブリヒト

注目度の高い仮想通貨ニュース

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

ZAIFトークン「ERC20プロトコル」に移行へ|テックビューロが今後の方針を発表

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Basset:イーサリアム(ETH)の「データ分析・アナリティクス基盤」ベータ版運用を開始

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

Huawei:新型スマホMate 40に「デジタル人民元のハードウォレット」搭載

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

日本セキュリティトークン協会「Security Token Market(STM)」とパートナー契約

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

富裕層の73%が「暗号資産投資」に関心|2022年末までの購入を検討【DeVere Group調査】

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

モンゴル大手銀行TDB「暗号資産関連サービス提供」に向け複数企業と提携

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

eToro:XRP保有者に対する「Sparkトークン付与」対応へ|今後の買い増加に期待感

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年11月8日〜14日

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

BINANCE:IPアドレスを基に「米国ユーザーのアクセス制限」を強化

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

ビットバンク「暗号資産を貸して増やす」サービスの対応銘柄を拡大

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

Trezor(トレザー)匿名性を強化するプライバシー保護機能「Tor Switch」導入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す