ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、先日複数のメディアなどで報じられた「TRON関連の商標がDisney(ディズニー)」の申し立てによって却下された」という報道に反論し、そのような報道は誤解であり、"Tronの主要な商標は影響を受けない"と説明を行いました。

こちらから読む:ディズニーがTRON関連の商標を却下?「Tron/TRX」関連ニュース

ディズニーの申し立て「Tronへの影響はない」

トロン(Tron/TRX)は米国特許商標庁(USPTO)に対して複数の商標を申請していますが、先日の報道ではこれらの商標の中の「TRON・TRONNETWORK・TRONIX」という3つの商標がDisney(ディズニー)の申し立てによって却下されたと報じられていました。

これは世界的に人気のSF映画「TRON(トロン)」と、仮想通貨「TRON(トロン)」が同じ名称であり、テキストのデザインなども似ていたことが原因だと伝えられていました。

これに対して一部の専門家は「Tronは申し立てに対して反論を行なっておらず、弁護士も雇っていないため、商標取得の試みを諦めた可能性がある」と語っていましたが、TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はその後のツイートで「これらの報道は誤解である」ということを説明しました。

ジャスティン・サン氏が合計6つのツイートに分けて説明を行なった内容は以下のようなものとなっています。

TRONのブランドは世界的に定評があり、高い評判を得ています。「TRONの商標がディズニーによって無効にされた」と主張する情報は間違いです。

商標出願が米国で提出される場合は、商標が属する製品またはサービスの「クラス」を指定する必要があります。

TRONは、米国の異なるクラスで様々な商標を出願していますが、その多くは異議を申し立てられておらず、ディズニーの影響を受けていません。

ディズニーが申し立てを行ったものは「補足クラス」に属しており、防衛目的で提出されたものです。従ってTronの主要な商標には影響を与えません。

Tronは引き続き、米国で積極的に商標を申請していきます。Tronはすでに世界中の多くの国で商標登録も受けています。

要するに、これは登録に関する手続きであり、Tronの名前の使用に関する決定ではありません。Tronは定評のある名前とブランドを使用し続けます。

仮想通貨業界では「Tronが名称を変更する可能性もある」と囁かれていましたが、ジャスティン・サン氏によるとそのような変更が行われる予定はなく、今後も引き続き「TRON」という名称が使用されるとのことです。

2019年12月22日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先日28日に1円近くまで下落したものの、その後はやや回復しており、2019年12月22日時点では「1TRX=1.52円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月8日〜2019年12月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月8日〜2019年12月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

東カリブ中央銀行:ブロックチェーン活用した「独自のデジタル通貨(CBDC)」発行へ

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

Charles Hoskinson「Cardanoは氷山のような存在」近日中に重大発表か

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

日本版Libra発行に向け「ステーブルコイン部会」を新設:ブロックチェーン推進協会

ソーラーエネルギーの「ブロックチェーンP2P取引」をテスト:インド国営電力会社

ソーラーエネルギーの「ブロックチェーンP2P取引」をテスト:インド国営電力会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

インド設計サービス大手:IOTA技術を「自動車間のデータ通信」に活用

ブロックチェーン選挙システム「OMEGA」開発・運用へ【アクト×クーガー】

ブロックチェーン選挙システム「OMEGA」開発・運用へ【アクト×クーガー】

GMOコイン:仮想通貨購入で「毎日10人に1,000円が当たる」キャンペーン開催

GMOコイン:仮想通貨購入で「毎日10人に1,000円が当たる」キャンペーン開催

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

Tron CEO:仮想通貨取引所FCoinユーザーに「1,000BTT」付与すると発表

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

米仮想通貨ATM大手「CoinFlip」ステラルーメン(XLM)の取扱い開始

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

IOTAベースの廃棄物管理センサー「Lidbot」わずか4日で完売

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

【HBAR価格高騰】Google:Hedera Hashgraphの「評議会メンバー」に参加

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年1月19日〜25日

シンクロライフ:貯めた仮想通貨で「サーティワンなどのeギフト購入」が可能に

シンクロライフ:貯めた仮想通貨で「サーティワンなどのeギフト購入」が可能に

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

ASローマ:公式ファントークン「ASR」販売開始|Sociosアプリで投票受付も

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Coinbase:Visaカード発行の「主要メンバー」として正式認定【仮想通貨企業初】

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

Chiliz:仮想通貨の自動トレードサービス「Paratica」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

人気のタグから探す