ディズニー・Tronの商標問題は「誤解」Justin Sun氏が間違いについて説明

by BITTIMES

トロン(Tron/TRX)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏は、先日複数のメディアなどで報じられた「TRON関連の商標がDisney(ディズニー)」の申し立てによって却下された」という報道に反論し、そのような報道は誤解であり、"Tronの主要な商標は影響を受けない"と説明を行いました。

こちらから読む:ディズニーがTRON関連の商標を却下?「Tron/TRX」関連ニュース

ディズニーの申し立て「Tronへの影響はない」

トロン(Tron/TRX)は米国特許商標庁(USPTO)に対して複数の商標を申請していますが、先日の報道ではこれらの商標の中の「TRON・TRONNETWORK・TRONIX」という3つの商標がDisney(ディズニー)の申し立てによって却下されたと報じられていました。

これは世界的に人気のSF映画「TRON(トロン)」と、仮想通貨「TRON(トロン)」が同じ名称であり、テキストのデザインなども似ていたことが原因だと伝えられていました。

これに対して一部の専門家は「Tronは申し立てに対して反論を行なっておらず、弁護士も雇っていないため、商標取得の試みを諦めた可能性がある」と語っていましたが、TronのCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏はその後のツイートで「これらの報道は誤解である」ということを説明しました。

ジャスティン・サン氏が合計6つのツイートに分けて説明を行なった内容は以下のようなものとなっています。

TRONのブランドは世界的に定評があり、高い評判を得ています。「TRONの商標がディズニーによって無効にされた」と主張する情報は間違いです。

商標出願が米国で提出される場合は、商標が属する製品またはサービスの「クラス」を指定する必要があります。

TRONは、米国の異なるクラスで様々な商標を出願していますが、その多くは異議を申し立てられておらず、ディズニーの影響を受けていません。

ディズニーが申し立てを行ったものは「補足クラス」に属しており、防衛目的で提出されたものです。従ってTronの主要な商標には影響を与えません。

Tronは引き続き、米国で積極的に商標を申請していきます。Tronはすでに世界中の多くの国で商標登録も受けています。

要するに、これは登録に関する手続きであり、Tronの名前の使用に関する決定ではありません。Tronは定評のある名前とブランドを使用し続けます。

仮想通貨業界では「Tronが名称を変更する可能性もある」と囁かれていましたが、ジャスティン・サン氏によるとそのような変更が行われる予定はなく、今後も引き続き「TRON」という名称が使用されるとのことです。

2019年12月22日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(TRON/TRX)の価格は先日28日に1円近くまで下落したものの、その後はやや回復しており、2019年12月22日時点では「1TRX=1.52円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年12月8日〜2019年12月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年12月8日〜2019年12月22日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

ビットコイン取引所2社がサービス停止【ワシントン州騒動】

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

イングランド:サッカークラブ「Derby County FC」がブロックチェーン企業と提携

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

2019年:仮想通貨市場に「最高と最悪」が訪れる|今は買い貯めの時:中国BTC億万長者

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

BINANCE:仮想通貨の上場手数料を「全額寄付」ー リスティングプロセスに透明性を

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

自動車ディーラーの「フロアプラン融資」にブロックチェーン活用へ|JPモルガンが特許出願

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

企業向けブロックチェーンサービス「Blockset」を公開:仮想通貨ウォレットBRD

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

コインチェック「パレットトークン(PLT)のIEO実施」に向け共同プロジェクト発足

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

The Sandbox:人気のキャラクターブランド「Care Bears(ケアベア)」と提携

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

RICOH:ブロックチェーン用いた「再生可能エネルギー管理」の実証実験開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

Chiliz Exchange:モータースポーツゲームのメイントークン「REVV」取扱い開始

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

モナコイン(MONA)半減期まで「残り12時間」Google検索量も増加傾向

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

BINANCE:イギリス・ロンドンのバス停に「ビットコイン広告」を掲載

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

GMOコイン:取引所サービスに「Post-Only・FOK(Fill or Kill)」導入【国内初】

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

コインチェック「The Sandbox」と連携|NFTマーケットプレイスでトークン取扱いへ

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

スイスのDLT関連法案「Cardano・Algorand」を有望なブロックチェーンと評価

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

SBI VCトレード「B2C2 Limited」をマーケットメイカーに追加|取引所サービス拡充へ

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す