Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

by BITTIMES   

Endor(エンドール)の革新的な技術は、高いコストと参入障壁を排除することで、データサイエンスとデータ分析業界全体を民主化できる可能性をもたらします。この記事では、エンドール(Endor/EDR)の特徴や購入方法などをまとめています。

Endor(エンドール)とは?

Endor(エンドール)とは、イスラエルのEndor社が提供する「人工知能などの技術を活用した未来予測のプラットフォーム」です。

Endor.coin(エンドール・コイン)とも呼ばれるこのプロジェクトは、人工知能によるデータ分析を民主化することにより、手軽に利用できる正確な未来予測のサービスを全ての人に提供することを目的としています。

Endor社(Endor Software Ltd.)

Endor社(Endor Software Ltd.)は、イスラエルのテルアビブに本社を置く、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスピンオフ企業であり、コカコーラ/ウォルマート/マスターカードなどの時価総額数十兆円規模の企業と協力して、プロジェクトに取り組んでいます。

endor-partners

Endor社が提供する未来予測のプラットフォームは「Endor.coinプロトコル」と呼ばれるものであり、最先端の情報科学技術を一般企業や個人でも利用できるのが最大の特徴です。

「未来予測のプラットフォーム」とは、膨大なデータを分析することによって、これから先に起こる可能性の兆候を事前に高い精度で予測するための、様々なサービスを支える基盤となるものです。

創業者であるAlex Pentland(アレックス・ペントランド)氏は、MIT出身の科学者でありForbesからは「世界で最も強力なデータ科学者の1人」であると紹介されています。

alex-pentland

「人間の行動は、文化のパターンによって決定され合理的で尚且つ個人的な思考であるが、私達の研究を通じてこれらは数学的に記述する事ができので、正確な予測ができるようになる。」
Prof. Alex Sandy Pentland, MIT, Co-Founder
『世界で最も強力な7人のデータサイエンティスト』Forbes

Endor社は、現在約500社の大手企業の独占状態となっている情報科学の分野を民主化することを目的としています。

Endor.coinプロトコル

endor-coin

Endor.coinプロトコルは、ユーザーからの複雑な質問に対して、高品質な予測結果を数分で提供することができる世界初の自動セルフサービス型予測プラットフォームです。

具体的には「将来の株価」「今後の天気」「これから流行するファッション」などの未来を人工知能によって予測することができます。
この技術を活用することで企業は「どのような事業に投資を行うべきか」「どのような対策が必要となるか」といった情報を事前に知ることができます。

このプラットフォームは、プロジェクトチームのメンバーであるAlex Pentland(アレックス・ペントランド)教授とYaniv Altshuler (ヤニフ・アルトシュラー)博士によってマサチューセッツ工科大学(MIT)で新たに開発された「社会物理学」に基づいて構築されています。

Endor.coinプロトコルは、社会物理学に基づいて人間の行動に対する予測的な計算理論を構築することにより、予測的な問いに答えるプロセスの自動化に成功しました。この技術を活用することで、さらに強大なエンジンに拡張し、人間の行動を分析し予測することができます。

これらの情報のやり取りはプラットフォーム専用の通貨である「EDRトークン」を使用して行われます。

Endor.coinトークン(EDR)

Endor.coinトークン(EDR)は、プラットフォーム上の取引や運営に使用されます。

EDRは、「ソフトウェアのライセンス」や「キー(鍵)」としての機能をもっており、アプリケーション開発者のコミュニティを介して、パフォーマンスと規模を拡大するために、時間の経過と共により多くのトークンを使用できるようになります。

管理者がトークンを分配し、使用状況を監視し、必要に応じてさらに多くのトークンを購入するためのダッシュボードが作成されます。

Endor(エンドール)の特徴

endor-project

最新の予測エンジンを身近に

Endorは、企業向けの自動化された正確で安価な予測エンジンを作成することにより、様々な問題を解決します。このエンジンは、社会物理学と大規模なコンピューティングパワーを搭載しています。

全ての人が利用できる

Endorを使用するビジネスユーザーは、予測的な質問を簡単な言葉で聞くことができ、自動化された正確な予測を得ることができます。データ科学の専門知識は必要ありません。

人工知能による未来予測

Endor Coinは、すべての人に正確かつ手頃な予測を提供することを目指す予測プロトコルであり、その最大の特徴は人工知能による未来予測です。

これまでは資本力のある大企業しか使用できなかった技術を、一般企業や個人でも手軽に利用することができます。

さらなる拡張が革命をもたらす

Endorは、あらゆる企業が予測分析を拡張し、データサイエンスの専門知識を必要とせずに市場に投入することができます。これにより無制限の正確な予測の成長が促進され、予測市場経済に革命がもたらされます。

大切なデータのためのセキュリティ

プロトコルに寄与したデータはすべて「公開」または「非公開」にフラグが立てられます。パブリック寄稿はEndorトークン(EDR)で補償され、エンジンによって予測のためのクラスタを作成するために使用され、プライベートデータは所有者のみが使用します

成長を促進するバランスのとれたネットワーク

新しいユーザーを追加することにより各ユーザのコストが削減され、データプロバイダを追加することでシステムの精度が向上し、エンジンを追加することで効率が向上する、トリプルネットワーク効果を備えています

EDRトークンの購入方法

トークンセールはハードルが高い?

EDRトークンの販売は、主に大口客を対象としています。
プライベートセールの最低投資額は、250ETH(約2500万円)からとなっており、
プレセールの最低投資額は、50ETH(約500万円)からとなっていました。

プレセールへの参加を希望する場合は、Endorのテレグラムに参加することで必要な情報を入手できます。

テレグラムには、
・プレセールの流れ
・KYCの書類ダウンロードリンク
・パスポート及びKYC書類の送付先アドレス
などの全てが掲載されています。テレグラムのURLは記事の最後に記載しています。

またKYC書類では、名前や身内に関することなどに英語で答える必要があり、この書類審査は非常に厳しいことが公式でも発表されています。

仮想通貨取引所KoCoin(クーコイン)に上場

エンドール(EDR)は2018年6月25日に仮想通貨取引所KuCoinに上場しました。

発行当初は主に大口客のみを対象としていたEDRは、『エンドール・プロトコル(Endor Protcol/EDR)』という名前でKuCoin、Hotbit、IDEXなどの取引所での取り扱いが開始されています。

しかし、KuCoinは6月28日には日本向けのサービスを停止することを発表しているため、日本でEDRを購入するためにはその他の取引所を利用する必要があります。

KuCoinへの上場についての詳しい内容はこちら

Endor公式サイトまとめ

ウェブサイト:Endor.com
ホワイトペーパー
Facebook
LinkedIn
Twitter
MidiumBlog@endorcoin
Reddit
Telegram

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

ブロックチェーンに迫る「量子コンピュータの脅威」IBM幹部らが警告

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

コインチェック記者会見の内容まとめ|3月8日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

Charles Hoskinson:人工知能(AI)を用いた未来予測プロジェクト「Endor」に参加

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

ブロックチェーン先進国へ!リトアニアの挑戦「我々は負けるつもりはない」

注目度の高い仮想通貨ニュース

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

FCバイエルン:ブロックチェーン基盤のデジタルグッズ発行へ「Stryking」と提携

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

日本銀行「デジタル通貨発行」の可能性は?黒田総裁がG20会議後に回答

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

税金徴収に向け仮想通貨「合法化」へ:ウクライナ政府

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

IBM幹部:Libraに関するFacebookとの協力に前向き「資産のトークン化」として注目

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

ILCoinが「5GB」のステーブルブロックに達成し、ブロックサイズの記録をさらに更新

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

Libra協会「合計21社」が正式加盟|参加基準満たした組織は180に到達

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

土地登記にブロックチェーン技術活用へ|アブダビ政府機関がインドIT企業と提携

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

ビットコインETF、現時点では「ほぼ不必要」仮想通貨投資会社BKCMのCEO

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

【要注意】仮想通貨を盗む「Trezorの詐欺サイト」見つかる|URLの直打ちは危険?

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す