富士通がベルギーにブロックチェーン研究センターを開設

by BITTIMES   

富士通は、ベルギーの首都ブリュッセルに「ブロックチェーン・イノベーション・センター」を2018年3月21日に開設したことを発表しました。このセンターを通じてEU内の現地企業や研究機関と連携し、都市における社会/経済/環境などの課題を調査した上で、ブロックチェーン技術を使って、公的台帳や選挙登録用の身分証明、スマートコントラクトにおける取引プロセス・監査の自動化などの可能性を探っていく予定です。

ブロックチェーン技術は金融分野だけでなく、物流/サプライチェーン/不動産の所有管理/選挙登録用の身分証明などの改ざんできない取引記録が必要な分野でも活用することができます。

「ブロックチェーン・イノベーション・センター」は、ブロックチェーンを利用して顧客が所有する製品やサービスにおけるビジネス変革を実現するため、世界中の様々な企業や研究機関と連携するために、欧州の中心であるブリュッセルに設立したとされています。

このセンターはベルギーにおけるスマートシティの実現に向けて、都市における社会的/経済的/環境などの課題を調査した上で、ブロックチェーン技術の活用による課題解決を顧客と共に進めていくことを目的としています。

富士通テクノロジー・ソリューションズにおいてベネルクス三国を統括しているYves de Beauregard氏は次のように述べています。

「我々は既に多くのお客様がブロックチェーンによるビジネス変革について強い関心を抱いていることを認識しています。『ブロックチェーン・イノベーション・センター』は、ブロックチェーン技術の調査やソリューション導入を検討している世界中のお客様を支援する重要な場としてブリュッセルに開設しました。本センター開設を契機に、今後、様々な業種におけるブロックチェーン利用拡大の可能性を模索していきます。」

ベルギーの副首相であるKris Peeters氏は次のように述べています。

「ベルギーは欧州の中心に位置し、技術開発も進んでいるほか、高い言語能力を有する国民も多いため、富士通の『ブロックチェーン・イノベーション・センター』のような施設を開設するのに理想的な場所だと考えています。ベルギー政府にとっても、経済の発展を維持させるために富士通のような革新的な企業と協力することは重要だと考えています。」

富士通テクノロジー・ソリューションズにおいてベネルクス三国を担当しているPresales and Business Assurance DirectorであるFrederik De Breuck氏は次のように述べています。

「富士通は、ベルギーにおけるスマートシティの実現に向けて、ブロックチェーンが重要な役割を果たすと確信しています。National League of Citiesのレポートによれば、現在世界の人口の半数以上が都市部に居住し、2050年までには66%に増加すると予測されています。こうした傾向により、公共の安全確保やインフラ、交通、住居といった分野に対する政府への要望が高まり、都市部の社会的・経済的・環境などの問題に対処するため、ICTとインフラ、およびアーキテクチャーを統合するスマートシティへの進化が促進していくと考えています。スマートシティの実現において、公的台帳や選挙登録用の身分証明、スマートコントラクトにおける取引プロセスや監査の自動化が可能なブロックチェーン技術が重要な役割を果たすことは間違いありません。」

富士通は以前からブロックチェーン技術の開発に力を入れており、契約書の信頼性をブロックチェーンで担保できるかを検証するための実証実験をジャパンネット銀行と共同で行っています。

また富士通研究所と中国の研究子会社は3月7日に、スマートコントラクトの安全性を向上する技術を開発したことを発表しています。イーサリアム上で、リスクのある取引を自動で探し出すアルゴリズムを開発したとのことで、従来よりも高い精度でリスクを検出することができるとされており、富士通では18年度中の実用化を目指すとのことです。

FUJITSU プレスリリース

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

McLaren Racing:テゾス(Tezos/XTZ)と提携して「NFTプラットフォーム」構築へ

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」β版サービス提供開始

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

日本初の不動産STOシステム「J-FTA」提供へ:スタンダードキャピタル株式会社

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

【My Crypto Heroes】ガバナンストークン「MCH Coin」発行へ|記念キャンペーンも開催

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

オレゴン州:ブロックチェーンの中心地を目指すプロジェクトが発足|NikeやIntelも協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Huobi Japan:BTC/JPY取引手数料を無料化「ビットコイン取引キャンペーン」開催へ

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

Cardano基盤のDeFiサービス提供へ「Astarter」を発表:EMURGO×Blockchain 4A

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

英郵便局のデジタルIDで「暗号資産との交換券」が購入可能に:Swarm Markets

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

南アフリカ規制当局「BINANCEグループ」について一般市民向けに警告

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

Google「Dapper Labs」と提携|Flowブロックチェーンの成長をサポート

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

住宅ローンの支払いで「仮想通貨決済」受け入れへ:米United Wholesale Mortgage

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

PayPal(ペイパル)暗号資産の売買・保有サービス「イギリス」でも提供開始

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

gumi:1億ドル規模の暗号資産関連ファンド「gumi Cryptos Capital Fund II」組成へ

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

コインチェック:仮想通貨積立サービスに「モナコイン(MONA)」追加

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

Liquid Global:不正アクセスで「仮想通貨5銘柄が流出」BTC・ETH・XRPなど

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

ディーカレット「手数料業界No.1&スプレッド最狭水準キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す