【2020年2月版】仮想通貨格付けを公開|価格上昇でランキングに変化:Weiss Ratings

by BITTIMES

仮想通貨の評価・格付けを行なっている「Weiss Crypto Ratings」は、仮想通貨格付けの最新版を公開し、ビットコイン(Bitcoin/BTC)とイーサリアム(Ethereum/ETH)を「A−」と評価しました。今回の格付けではテゾス(Tezos/XTZ)を称賛するコメントも語られています。

こちらから読む:著名トレーダーが話題のコインに言及「仮想通貨」関連ニュース

ビットコインに「A−」評価|短期的な下落の警告も

Weiss Crypto Ratings」が公開した最新の格付けデータでは、ビットコインとイーサリアムが「A−」の評価を受けています。同社はビットコインの評価を高めた理由として「ファンダメンタルズや次の半減期に向けたポジティブな価格動向が影響した」と説明しています。

今年5月頃に半減期を控えているビットコインは、2020年初頭から価格上昇を続けており、先日9日には注目されていた1万ドル(約110万円)のラインを突破しました。

「Weiss Crypto Ratings」は先日8日のツイートで『最近のビットコインの値動きは強気相場が始まったことを裏付けている』と述べていますが、それに加えて『ビットコインが短期的な調整で下落しても驚かないでください』と注意を促しています。

ビットコイン価格は本日10日の10時頃に112万円付近まで回復しましたが、その後4時間で15万円ほど下落し、記事執筆時点では110万円付近で推移しているため、今後は一時的な下落が見られる可能性もあると考えられます。

XRPは「B−」に格下げ|Tezos賞賛の意見も

ビットコインとイーサリアムは技術的な面や普及率などで高い評価を受けて「A−」に格上げされたものの、2019年3月の格付けで「A」の評価を受けていたエックスアールピー(XRP)は「B−」に格下げされています。

XRPと同じ「B−」の評価を受けているテゾス(Tezos/XTZ)に対してはTwitter上で高評価の理由が多数説明されており『時価総額が15億6,000万ドルに上昇してカルダノ(ADA)を追い抜いたこと』や『価格上昇が続いていること』などが強調されています。またTezos成功の主な要因としては以下4つの項目が挙げられています。
・柔軟なガバナンス
・バグのないコード
・XTZ保有者に支払われる5%の配当
・分散化

ビットコインなどを含めた主要仮想通貨の評価は以下のような内容となっています。

【A−】
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)

【B】
ライトコイン(Litecoin/LTC)
カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)
アイオータ(IOTA/MIOTA)

【B−】
エックスアールピー(XRP/XRP)
ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)
・テゾス(Tezos/XTZ)

【C+】
モネロ(Monero/XMR)
トロン(Tron/TRX)
ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
ダッシュ(Dash/DASH)
ネオ(Neo/NEO)
ドージコイン(Dogecoin/DOGE)
・オントロジー(Ontology/ONT)

「今回掲載していないその他仮想通貨の評価」や「具体的な評価内容」などは、以下の「Weiss Crypto Ratings公式サイト」をご覧ください。
>>「Weiss Crypto Ratings」の公式サイトはこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

ブロックチェーン技術は革新的「非常に大きな可能性」がある ー 世界銀行総裁

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

TelegramのTON公式チャンネル「一時休止」を発表|米SECの声明後、全ての投稿を削除

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

IOTA技術で自動販売機に「ID認証システム」を統合|年齢制限付き商品販売へ

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

ビットコインの大規模な価格変動は「アルトコイン暴落」の合図:アナリスト予想

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

NY大学が「ブロックチェーン専攻科目」を提供|最先端テクノロジーの法律とビジネス

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

優れた仮想通貨が必ず成功するとは限らない:MySpace 元CEO Michael Jones

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

Cardano:商用インフラ「CCCI」近日発表へ|京都イベントはオンライン開催の可能性

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

BINANCE×Chiliz:FCバルセロナ提携記念「CHZプレゼントキャンペーン」開催

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

事業支援プロジェクト「NEM Ignite」発足|開発資金・アドバイスなど提供へ

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

BITMAX:XRP最大2,200円相当がもらえる「仮想通貨スタート応援キャンペーン」開催

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

ビットゲート:仮想通貨の「レバレッジ取引」サービス終了へ

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す