カルダノ(ADA)はDApps開発の「信頼できる基盤」となる|Weiss Ratingsが賞賛

by BITTIMES   

カルダノ(Cardano)の開発プロジェクトは現在も順調に進められており、最近では「Shelley(シェリー)」のテストネットが公開されただけでなく、日本語版のロードマップも公開されたため、コミュニティからの期待はさらに高まってきています。着実にブロックチェーンプラットフォームとしての基盤を整えているカルダノプロジェクトは、米国の有名な格付機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」からも高い評価を受けています。

こちらから読む:取引所ハッキングで"250万ADA"流出「Cardano/ADA」関連ニュース

カルダノは「DAppsを支える強固な基盤」

仮想通貨・株式・投資信託など幅広い金融商品の格付けを行なっている米国の独立系格付機関「Weiss Ratings(ワイスレーティングス)」は、最近のツイートでカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)やそのプロジェクトを賞賛し、「カルダノプラットフォームは分散型アプリケーション(DApps)の開発基盤として非常に優れている」ということを説明しました。

ADAの「高い信頼性」と「リリース前の徹底的なテスト」に対するコミットメントは、そこに構築されるDAppsが強固な基盤に支えられることを意味します。

PoSへ移行する際にセキュリティを重視しているのはこのプロジェクト特有のものです。これらの機能は、その持続可能性と市場の優位性を確実なものにするでしょう。

開発チームの「実直な姿勢」に高評価

カルダノの開発チームは先日、長い間待ち望まれていた「Shelley(シェリー)」と呼ばれる開発段階のテスト版を公開しました。カルダノプロジェクトは仮想通貨業界の中でも特に注目・期待されているものの一つですが、実際にはまだ開発の途中段階でもあるため、現在は複数の国や地域でコミュニティを拡大しつつ、慎重に開発が進められています。

イーサリアム(ETH)の共同設立者でありながら、天才数学者としても知られるCharles Hoskinson(チャールズ・ホスキンソン)氏が率いているカルダノプロジェクトは、報道やマーケティングなどよりも「研究・開発・テスト」などに多くの時間と費用を費やしているため、他の仮想通貨に比べると一般の人々にはあまり知られていませんが、一部の仮想通貨投資家などからは絶大な人気を誇っています。

Weiss Ratingsはこのように実直な姿勢で開発が進められている「カルダノプロジェクト」を以前から非常に高く評価しており、今年5月には「ADAは仮想通貨業界で最高かつ安値な仮想通貨の一つ」だと語っています。

より多くの人々に認知されるようになるためには、これから実用的なDAppsなどの開発が進み、実際に人々に利用されていくことが重要になると考えられますが、最近では人気のお笑い芸人である「たむらけんじ氏」が運営していることでも知られる焼肉店「炭火焼肉たむら」が"ADA決済"を導入し、それに合わせて開催されたイベントも大盛況で終わったことが報告されているため、このようなコミュニティの支援によって、カルダノプロジェクトはゆっくりと確実に成長していくことができるでしょう。

2019年6月29日|カルダノエイダコイン(ADA)の価格

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)の価格は先日28日に9円台まで急落しましたが、現在はその勢いも弱まっており、2019年6月29日時点では「1ADA=9.47円」で取引されています。

ADAを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年6月15日〜2019年6月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)2019年6月15日〜2019年6月29日 ADAのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

Chiliz Exchange:公式ファントークン「APL・CAI・TH」の取引開始

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

マルタ証券取引所とバイナンスが仮想通貨スタートアップ企業12社を支援!

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

LINKトークン:LINE独自の仮想通貨が「BITBOX」に上場 ー 10月16日から取引開始

LINKトークン:LINE独自の仮想通貨が「BITBOX」に上場 ー 10月16日から取引開始

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

フィアット取引:アルトコインも購入できる仮想通貨取引所が増加|市場回復なるか

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

仮想通貨の利用者は「今後5年間で10億人」に達する|Brian Armstrong

注目度の高い仮想通貨ニュース

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

ソフトバンク株式会社「日本セキュリティトークン協会」に賛助会員として入会

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

Enjin Coin(ENJ)24時間で「80%以上価格高騰」コインチェック上場発表受け

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

Braveブラウザ:分散型システム「IPFS」をサポート|Protocol Labsと協力

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

仮想通貨・ブロックチェーンの「韓流ドラマ」2021年公開へ:K-Play Contents

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

2021年の「ビットコイン価格予想」まとめ|著名トレーダー・投資家が語るBTCの今後

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

暗号資産取引所BitMEX:Chainalysisと提携して「不正取引の監視体制」を強化

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

金融庁:暗号資産関連企業Avacus(アバカス)に対する「行政処分」を発表

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

Coinbaseユーザー「有価証券XRPを販売し、手数料で利益を得た」として取引所を提訴

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す